今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

四逆散は体内の炎症を抑えてくれる他にも心のトラブル改善にも効果!

四逆散は手足の冷え改善や不眠症の改善にもオススメの漢方薬

四逆散(シギャクサン)は体内の炎症を抑える働きがあります。胆のう炎や胃炎、気管支炎などの症状を改善するのに効果的です。

このほかにも心に働きかける成分も含まれているので、イライラや不安を感じやすいという方からも選ばれています。

四逆散にはどのような効能があるのか、摂取する際の注意点などについてもご紹介しましょう。

四逆散の効能

手足の冷え改善

四逆散は体内で炎症と冷えの両方が起きている際に処方されることが多い漢方薬です。

通常、内臓に何らかの炎症があった場合、体は熱を持ちます。その際には手足も温まるのが自然なのですが、炎症が起きているものの四肢は冷えているという場合に四逆散が効果的なのです。

不眠症の改善

ストレスや不安などの問題があって夜なかなか眠れない…ということであれば四逆散を取り入れてみるのがおすすめです。

睡眠時間は足りているものの朝起きた際に疲れが取れていないと感じる方は、睡眠の質が悪い可能性があるので、四逆散で睡眠の質を高める対策を取ってみてくださいね。

四逆散に含まれている気持ちを落ち着ける成分が、快適な睡眠をサポートしてくれます

ヒステリーを改善させる効果があるとも言われているので、精神的に安定していないと感じている方も取り入れてみましょう。心のトラブルを感じている場合、西洋薬としては向精神薬や抗うつ剤が処方されるのが一般的です。

しかし、あまりにもこれらに依存してしまうと向精神薬や抗うつ剤がなくなった時に大きな不安を感じたり、かえって状態が悪化することもあります。そういったことが心配な方にも四逆散が取り入れられているのです。

四逆散は長期的に服用するのにも向いている漢方薬なので、心のトラブルを抱えている際に不安を和らげる目的でも取り入れてみましょう

胃の不調改善

胃炎胃酸過多といったものにも効果が期待できます。原因不明の胃のむかつきや胸焼けを感じているという方にも効果的だといえるでしょう。

しかし、その一方で胃のむかつきや不快感が副作用として現れることもあります。特に四逆散を飲み始めたばかりの段階でこういった症状が現れることが多いのですが、かえって状態が悪化したということであればすぐに服用を中止しましょう。

また、仕事でストレスを溜め込んでいたりすると胃がキリキリ痛むこともありますよね。四逆散はそういった際の胃のトラブルを改善するのにも役立ってくれます。

自律神経を整える

四逆散は心のトラブルにも働きかける漢方薬です。自律神経が乱れると自律神経失調症になるリスクが高まります。

自律神経失調症というのは交感神経と副交感神経が適切に切り替わらない状態になり、心が落ち着かなかったり様々な不調を感じてしまう状態のこと。心のバランスが乱れていると感じる際には自律神経失調症である可能性が高いです。

自律神経失調症の大きな原因は何なのかというと、ストレスだとされています。四逆散にはストレスを抑え、自律神経失調症を改善させる効果も期待できるでしょう。

四逆散の配合薬

には次の4つの生薬が配合されています。

  • 柴胡(サイコ)
  • 枳実(キジツ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)

四逆散の取り入れ方

吸収率を高めるために空腹時に取り入れましょう。ただし、胃のむかつきを感じる際には空腹時を避けたほうが無難です。

四逆散の注意点

あまりにも体力がない虚弱体質の方には向いていません。体力のない方が取り入れると副作用が強く出てしまう恐れがあるので気をつけましょう。

また、持病のある方は医師に相談した上で取り入れるようにしましょう。

甘草を含む漢方薬ということもあり、その他の漢方薬や持病の薬で甘草が含まれるものを飲んでいる時には甘草の大量摂取にならないように気を付けなければなりません。甘草を摂りすぎた場合には血圧が高くなったりむくみが生じる偽アルドステロン症のリスクが高まります。

他にも軽い副作用として食欲不振や吐き気、胃の不快感を覚える方もいるので、漢方薬を取り入れた後は体調の変化をよく確認して過ごしましょう。

四逆散は妊娠中でも取り入れられる漢方薬です。妊娠中は何かと精神的に不安を感じてしまうこともありますよね。精神を落ち着ける効果を持った四逆散はそういった時に心をサポートするのにも役立ってくれるはずです。

ただ、妊娠中に四逆散を取り入れた場合にはむくみが発生しやすくなります。四逆散を取り入れようと思っている方は同時にむくみ対策についても検討しておいた方が良いですね。

冷え性の緩和目的で漢方薬を取り入れる方もいますが、四逆散には四肢の冷えを改善する効果があるものの、直接的に体を温める成分が含まれているわけではありません。

四逆散は滞っている気の流れを改善することにより冷え性緩和効果は期待できますが、冷え性改善目的で漢方薬を選ぶ際にはあまり向いていないといえるでしょう

        
        

  関連記事

女性は7の倍数に注意!東洋医学が言う女性の体の曲がり角とは?

7の倍数の年齢は美容と健康のトラブルに気を付けよう テレビCMで「女性は7の倍数 …

ローズマリーが記憶力を高める!?抗酸化作用も豊富なハーブ

美容効果も高くアレルギーの緩和・改善にも効果的なローズマリー ローズマリーは地中 …

売上100万袋突破!琉球素材が原材料のアイサプリ「一望百景」の特徴や効果

ブルーベリーの4倍のアントシアニンを含む紅イモ使用アイサプリ 年代を問わず悩まさ …

十味敗毒湯で皮膚炎・ニキビなど肌トラブルを解決!?女性に嬉しい漢方薬は飲みやすい?

皮膚の赤みやかゆみ、皮膚炎・ニキビにも効果的な十味敗毒湯のご紹介です 目次1 皮 …

美容&健康によいと話題のフルーツ酢!作り方や効果を紹介!

美容に注目している方の間で話題になっているフルーツ酢についてご紹介します。 美容 …

大分県産高級すっぽん使用!高級料亭が作った「すっぽんの恵み」

初回半額!お得な価格で老舗料亭のすっぽんサプリを買う方法 古くから滋養強壮や疲労 …

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。 コエンザイムQ …

便秘も眠気も全部PMSのせい!生理前を憂鬱にするPMSとは?

PMSで起こる様々な症状と対策法とは? 生理前になると様々な体調不良やイライラ・ …

発熱したときはどう対処すべき?大人と子どもとの違いとは?

人間の体温は周囲の温度と体内で産出される熱エネルギーにより、変化するものです。 …

アミノ酸豊富なすっぽんサプリを格安で試せる「杜のすっぽん黒酢」

コスパも人気の「杜のすっぽん黒酢」をおすすめする理由と口コミ 年齢を重ねるごとに …