今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

四逆散は体内の炎症を抑えてくれる他にも心のトラブル改善にも効果!

四逆散は手足の冷え改善や不眠症の改善にもオススメの漢方薬

四逆散(シギャクサン)は体内の炎症を抑える働きがあります。胆のう炎や胃炎、気管支炎などの症状を改善するのに効果的です。

このほかにも心に働きかける成分も含まれているので、イライラや不安を感じやすいという方からも選ばれています。

四逆散にはどのような効能があるのか、摂取する際の注意点などについてもご紹介しましょう。

四逆散の効能

手足の冷え改善

四逆散は体内で炎症と冷えの両方が起きている際に処方されることが多い漢方薬です。

通常、内臓に何らかの炎症があった場合、体は熱を持ちます。その際には手足も温まるのが自然なのですが、炎症が起きているものの四肢は冷えているという場合に四逆散が効果的なのです。

不眠症の改善

ストレスや不安などの問題があって夜なかなか眠れない…ということであれば四逆散を取り入れてみるのがおすすめです。

睡眠時間は足りているものの朝起きた際に疲れが取れていないと感じる方は、睡眠の質が悪い可能性があるので、四逆散で睡眠の質を高める対策を取ってみてくださいね。

四逆散に含まれている気持ちを落ち着ける成分が、快適な睡眠をサポートしてくれます

ヒステリーを改善させる効果があるとも言われているので、精神的に安定していないと感じている方も取り入れてみましょう。心のトラブルを感じている場合、西洋薬としては向精神薬や抗うつ剤が処方されるのが一般的です。

しかし、あまりにもこれらに依存してしまうと向精神薬や抗うつ剤がなくなった時に大きな不安を感じたり、かえって状態が悪化することもあります。そういったことが心配な方にも四逆散が取り入れられているのです。

四逆散は長期的に服用するのにも向いている漢方薬なので、心のトラブルを抱えている際に不安を和らげる目的でも取り入れてみましょう

胃の不調改善

胃炎胃酸過多といったものにも効果が期待できます。原因不明の胃のむかつきや胸焼けを感じているという方にも効果的だといえるでしょう。

しかし、その一方で胃のむかつきや不快感が副作用として現れることもあります。特に四逆散を飲み始めたばかりの段階でこういった症状が現れることが多いのですが、かえって状態が悪化したということであればすぐに服用を中止しましょう。

また、仕事でストレスを溜め込んでいたりすると胃がキリキリ痛むこともありますよね。四逆散はそういった際の胃のトラブルを改善するのにも役立ってくれます。

自律神経を整える

四逆散は心のトラブルにも働きかける漢方薬です。自律神経が乱れると自律神経失調症になるリスクが高まります。

自律神経失調症というのは交感神経と副交感神経が適切に切り替わらない状態になり、心が落ち着かなかったり様々な不調を感じてしまう状態のこと。心のバランスが乱れていると感じる際には自律神経失調症である可能性が高いです。

自律神経失調症の大きな原因は何なのかというと、ストレスだとされています。四逆散にはストレスを抑え、自律神経失調症を改善させる効果も期待できるでしょう。

四逆散の配合薬

には次の4つの生薬が配合されています。

  • 柴胡(サイコ)
  • 枳実(キジツ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)

四逆散の取り入れ方

吸収率を高めるために空腹時に取り入れましょう。ただし、胃のむかつきを感じる際には空腹時を避けたほうが無難です。

四逆散の注意点

あまりにも体力がない虚弱体質の方には向いていません。体力のない方が取り入れると副作用が強く出てしまう恐れがあるので気をつけましょう。

また、持病のある方は医師に相談した上で取り入れるようにしましょう。

甘草を含む漢方薬ということもあり、その他の漢方薬や持病の薬で甘草が含まれるものを飲んでいる時には甘草の大量摂取にならないように気を付けなければなりません。甘草を摂りすぎた場合には血圧が高くなったりむくみが生じる偽アルドステロン症のリスクが高まります。

他にも軽い副作用として食欲不振や吐き気、胃の不快感を覚える方もいるので、漢方薬を取り入れた後は体調の変化をよく確認して過ごしましょう。

四逆散は妊娠中でも取り入れられる漢方薬です。妊娠中は何かと精神的に不安を感じてしまうこともありますよね。精神を落ち着ける効果を持った四逆散はそういった時に心をサポートするのにも役立ってくれるはずです。

ただ、妊娠中に四逆散を取り入れた場合にはむくみが発生しやすくなります。四逆散を取り入れようと思っている方は同時にむくみ対策についても検討しておいた方が良いですね。

冷え性の緩和目的で漢方薬を取り入れる方もいますが、四逆散には四肢の冷えを改善する効果があるものの、直接的に体を温める成分が含まれているわけではありません。

四逆散は滞っている気の流れを改善することにより冷え性緩和効果は期待できますが、冷え性改善目的で漢方薬を選ぶ際にはあまり向いていないといえるでしょう

        
        

  関連記事

バジルは料理でもお馴染み!その幅広い効果について知っておこう

活躍の場が幅広いバジルの魅力を紹介!鎮静作用や虫よけ効果も。 バジルはアジアや南 …

専業主婦も要注意!近年増加中の夏型過敏性肺炎とは

屋内に長くいるからこそかかりやすい「夏型過敏性肺炎」にご注意 夏になると咳が続く …

その爪、体調不良のサインかも?爪のメカニズムを考えてケアしよう

栄養補給で基礎からのネイルケア 爪が割れてしまうと人からの見た目があまりよくない …

スーパーフード!スピルリナの魅力をご紹介!

どんな効果があるの? 最近話題のスピルリナとは? ※タブレット状のスピルリナ 健 …

二日酔いになりやすい時って?女性特有の原因を知っておこう

体調や心理状態で飲む量や飲み方を考えよう デート、女子会やコンパ、会社のおつきあ …

タイムの効果・効能とは?料理・ハーブティーにもおすすめ

高い殺菌効果を持つタイムは薬効ハーブとしても人気! タイムは地中海沿岸を原産地と …

ベルタ葉酸サプリは30代以降の女性から特に人気!美容対策も!

妊活中・妊娠中に大切な葉酸の他、美容成分で美肌も目指せる! 若い頃に比べ、年をと …

マリーゴールドは眼精疲労の改善にも効果的!当キンセンカやカレンデュラという名でも知られるハーブ

目の健康促進や皮膚・粘膜の消炎効果などを持つマリーゴールド マリーゴールドといえ …

ラムズイヤーは子羊の耳のような見た目がかわいい!栽培方法は難しい?

観賞用のハーブを探している人にオススメ!ラムズイヤーについて ラムズイヤーはトル …

キャットニップは寝付きが悪い時にも!他にはどのような効果が?

眠りが浅い、なかなか眠れない人におすすめのキャットニップ! キャットニップは和名 …