今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

木防已湯でむくみの悩みを解消!利尿作用ですっきりさせよう

木防已湯はむくみや胃腸、喘鳴のトラブル改善におすすめ!

木防已湯(モクボウイトウ)とはむくみの改善に効果的な漢方薬です。体の中に水分が滞るとむくみだけでなく、代謝が悪くなったり尿トラブルが起きるなどの問題が発生します。そういったものを改善させるのに役立ててみましょう。

他にも息切れや気管支喘息、喘鳴の治療目的で取り入れられることもあります。息苦しさを感じている方や、みぞおち辺りに何となく何かがつかえているような感覚がある方にも向いている漢方薬です。

木防已湯の効能

利尿採用

木防已湯に含まれている防已に利尿作用があります。午後になるとむくみを感じるという方にぜひともチェックして欲しい漢方薬です。利尿作用によりむくみの改善効果が期待できます。

特に下半身のむくみ改善に効果的な漢方薬なので、足よりも顔にむくみを感じるという方は他の漢方薬を選択した方が効果的だといえるでしょう。全身にむくみを感じているという方は木防已湯でも対策が取れる可能性が高いです。

むくみが発生しているということは、体の中でうまく水分のバランスが取れていないという証拠でもあります。水分をしっかり摂取しているのに妙に喉が渇く、摂取している水分量の割にはトイレの回数が少ないと感じている方にもおすすめです。

何年も前からむくみを感じているという方の場合、それが体質になっている可能性もあります。漢方薬には体質を改善させる働きもあるので、むくみにくい体質を目指すこともできるでしょう。

ただ、ふくらはぎの筋肉が弱っていて心臓に血液を戻す力が衰えているためにむくみ体質になっている方もいるので、そういった方は木防已湯などの漢方薬を取り入れて今できているむくみ対策をとりながら、ふくらはぎの筋肉を鍛えるなどの対策も取り入れてみるのがおすすめです。

中にはむくみに気づけていない方もいるようです。トイレの回数が少ないと感じている方はむくんでいないかチェックしてみてくださいね。

胃腸のトラブル改善

木防已湯に含まれている人参には滋養強壮の働きがあり、体力を増強するのに役立ってくれます。毎日しっかり寝ているのになかなか疲れが取れない、疲労を溜め込んでいると感じている方も取り入れてみましょう

喘鳴の改善

喘鳴というのは呼吸をするたびに聞こえてくるゼイゼイという音のことです。このような状態になると息苦しくなり、呼吸も困難になります。木防已湯を飲むとを徐々に呼吸がやわらぎ、喘鳴も抑えられるので取り入れてみましょう。

ネフローゼ症候群の改善

ネフローゼ症候群というのは肝臓の病気のことで、ほとんどの方は6歳未満の時期に発症します。低タンパク血症と高脂血症などを伴い、男性に多く見られるのが特徴です。

ネフローゼ症候群になると腎機能が衰えてしまうため、治療では尿タンパクを抑えることになるのですが、漢方薬による治療も有効とされています。木防已湯もネフローゼ症候群の症状を緩和させたり改善させる効果が期待されているので取り入れてみましょう。

自己判断で木防已湯のみを取り入れてネフローゼ症候群の治療とするのはおすすめできません。木防已湯を取り入れたいと思っている方は医師に相談したうえで最適な摂取方法などをよく確認し、症状改善に役立ててみましょう。

木防已湯の配合薬

には次の4つの生薬が配合されています。

  • 防己(ボウイ)
  • 石膏(セッコウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 人参(ニンジン)

木防已湯の取り入れ方

吸収率を高めるために空腹時に取り入れるのがおすすめです。具体的にどれくらいの量を飲むのかというのは年齢や体重によって異なるので、医師や薬剤師の方に相談をした上で量を決めましょう。

木防已湯はお湯に溶かしたものを冷やして飲むと高い効果が期待できます

長期的に飲むことを前提とした漢方薬ではありません。しばらく続けても気になっている状態の改善が見込めないということであれば木防已湯が体に合っていない可能性もあるので、一度医師や薬剤師に相談してみましょう。

木防已湯の注意点

持病のある方は医師に相談した上で服用しましょう。やや虚弱体質の方でも使える漢方薬ではありますが、著しく体力の落ちている方が使用した際には副作用が強く出る恐れがあります

副作用として特に多いのが食欲不振や胃もたれ、軟便、下痢といったものです。可能であれば体力の落ちているタイミングを避けて使用しましょう。

また、胃腸の弱い方が取り入れた際にも吐き気、食欲不振を感じることがあります。少量ずつ様子を見ながら取り入れたほうが安心できますね。

妊娠中や妊娠の可能性のある方は体が普段に比べて敏感な状態になっているため、医師に相談した上で取り入れましょう。

小さな子どもの服用についてですが、これはまだまだ十分な量の使用経験がありません。そのため、避けておいたほうが無難だといえるでしょう

        
        

  関連記事

氷を食べるのがやめられない氷食症、実は貧血?

妊娠中や授乳中は特に要注意、もしかして?と思ったら血液検査を! 「氷食症(ひょう …

体のエイジングケアにはリンパマッサージがおすすめ!

リンパマッサージでむくみとセルライトを解消! お顔のアンチエイジングをされている …

できた傷あとを治すことはできる?その治癒方法とは?

ケガや手術をすると、傷あとができてしまうものです。また蚊に刺された部分をかいたこ …

アルカネットは鑑賞や切り花として人気!ポプリもオススメ

食用にはできないアルカネットはどう活用する?特徴は? アルカネットはヨーロッパ・ …

エリキャンペーンは喉に良き、美肌効果も期待できる!

ニキビの改善や食欲増進にオススメのハーブ エリキャンペーン エリキャンペーンはヨ …

梅干しがアンチエイジングに効く!効果的な取り入れ方をチェック

梅干しといえば日本人にとってとてもなじみの深い食材です。お弁当やおにぎりなど、様 …

ディルは安眠作用の他にもしゃっくりを止める作用も!辛いお腹の張りにも効果的

たくさんの効果・効能を持つハーブ!ディルの特徴は? ディルは地中海沿岸や西アジア …

専業主婦も要注意!近年増加中の夏型過敏性肺炎とは

屋内に長くいるからこそかかりやすい「夏型過敏性肺炎」にご注意 夏になると咳が続く …

食べるだけで運気上昇!?ボルサリーノ関さんの「開運飯」が話題!

縁起のいい食材でゲン担ぎ♪おいしく楽しく開運を目指そう 出典:ボルサリーノ関のご …

必要のない薬を飲んでいるような気がしたら、断薬・減薬サポートの『薬やめる科』をチェック

日本は“薬漬け医療”!?断薬をサポートする診療科目があるのをご存知ですか? 目次 …