今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な影響についてはご存知ですか?

近年では“不食”で健康になるという声も聞かれるようになりましたが、実際のとこはどうなのでしょうか?食べることをせず、安全に健康を手に入れることはできるのか?

知っておきたい“不食”を実践するに当たってのメリット・デメリット、その方法についてご紹介します。是非参考にしてくださいね。

不食とは?

不食とは、食物を取り入れず、「食べたい」という欲求を感じずに過ごすことです。水や少しの糖質と塩分を摂取しながら過ごすので、断食または絶食とは異なります。

断食とは、すべての食物、または特定の食物を取り入れずに行う宗教的な意味を持つ行為のことを指します。また、絶食とは医療的な意味合いが強く、治療を行うためなどに特定の食物だけを摂取したり食事を抜いたりすることです。

いずれも「食べない」ことに変わりはありませんが、その目的がそれぞれ異なります。

不食が体に及ぼす影響とは?

不食が体に及ぼす影響は多くあります。その一つとしては、デトックス効果が挙げられます。

わたしたちの内臓は休むことなく動き続けており、老廃物や脂肪などがどんどん蓄積されている状態です。

しかし、不食を行うことで一時的に内臓の動きを激減させ、体内に溜まった老廃物を排泄したり、血液中に溜まっていた悪玉コレステロールをデトックスすることもできるのです。

血液がキレイになることで、悪玉コレステロールの増加が原因で引き起こされる脂質異常症や動脈硬化、脳卒中や心筋梗塞などの病気を避けることもできます。

また、デトックス効果によって肌の調子が整えられたり、胃腸がクリーンになることで健康にも良い影響が期待できます。

さらに、わたしたちの体は栄養が足りなくなると、内臓脂肪や皮下脂肪を基礎代謝などのために栄養素として消費するようになります。ですから不食を行うことにより、今まで使われることなく溜まっていた余分な脂肪が消費されるようになります

もちろん不食によって体重の減少は期待できます。

不食のメリット・デメリットとは?

不食のメリットは前述でもお伝えした、体に及ぼす良い影響が挙げられるでしょう。さらに経験者が挙げているメリットとしては、短期間の睡眠でも頭がスッキリすることや記憶力や集中力の向上などがあります。

では、覚えておきたい不食のデメリットについてもご紹介していきます。まず不食をすることで得られる効果は個人によって異なるということです。

わたしたちの身体は、身長や体重、体質など個人差があり、生活する背景ももちろん違います。不食を行うことで良い結果を期待できる人もいれば、そうでない人もいるということを覚えておきましょう

また不食に関して、世間では様々な意見があります。それに関する書籍なども出版されていますが、医学的にハッキリとした根拠があるわけではないので、一様に安全であるとは言い切れません。

中には、健康を害してしまう人もいますので、不食を行う際は必ず医師の監修のもとで行うことをお勧めします

不食はどのように行えばいいのか?

不食は基本的には何も食べないことですが、ただ、“飲み物は飲んでもいい”や“アメ玉は舐めてもいい”など独自のルールを決めて行っている人もいるようです。その点に関しては、監修してくれるお医者さんと相談して行うのが良いでしょう。

また、昨日までは普通に食事をしていたのに今日からは何も食べない、という極端なことをしてしまうと身体もビックリして体調を崩したり、自分も辛くなってしまい続けられなかったりということが起こります。

ですので、不食をするにあたっての準備期間を徐々に取ることが必要です

まず始めのステップとして、一日2食にするなど、少しずつ食べる量を減らしていきます。体を慣らしていくのはとても大切なことです。慣れてきたら一日1食にして、さらに食べる量を減らします。

さらなるステップとして、食べることを忘れてしまうほど没頭できる趣味や仕事を身につけるということです。なぜなら、初めにお伝えしたように不食とは「食べたい」という欲求を感じずに過ごすことです。

普段食事に当てる時間を何もせずにいると、暇だと感じてしまい食事に対する欲求が高まります。ですから食欲を高めないためにも、他のことに集中して、食べたいと感じることさえも忘れてしまうことが必要になってきます。

何事も正しい知識が必要!

どんな健康法を実践するとしても必ず正しい知識が必要です。正しい方法で行わなければ、健康になるどころかその逆に健康を損なってしまうこともあるからです

不食をするにあたって身体に及ぼす影響が大きいので、その方法には特に注意が必要だと言えます。

また、わたしたちは食べることで満足感や幸福感を感じるものです。それが不食を行うことによって感じられなくなるのは少しさみしい気もしますね。ですから、食べることが好きだという方にとってはあまりオススメできないのも事実です。

それでも不食を是非してみたいという方は、前述で何度もお伝えしているように、必ず医師の監修のもと正しい方法で行われるようにお勧めします。

        
        

  関連記事

二陳湯は吐き気を抑えて胃の調子を整える漢方薬!

二陳湯は、吐き気止めです。悪心・吐き気・嘔吐を抑えて体を楽にしてくれます。 目次 …

体型、不安、疲れ…自分の体に気を使い始めた3つの瞬間

年齢による体の変化を感じたらエイジングケアを始めよう 若い時はメイクやファッショ …

健康にも美容にもオススメ「ブラン」とは?

健康食材としてテレビや雑誌でも有名なブランについてご紹介します。 テレビなどでも …

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増 …

アンゼリカは女性に嬉しい働きがたくさんのハーブ!精神安定効果も

人気のハーブ アンゼリカの特徴や働き、栽培方法や注意点は? アンゼリカはアンジェ …

その乾燥、食生活が原因かも?食事でできる乾燥対策

冬場に急増する全身乾燥トラブルを、食事で防ごう! 寒くなってくると乾燥肌が気にな …

甘麦大棗湯はパニックになりやすく不眠に悩む人に素早い効果的!

ひどい不安や、イライラしてしかたがない時の頓服として使える漢方 精神からくる症状 …

リンデンはとにかく効果・効能が豊富!高いリラックス効果にも注目

木と葉や苞では働きが違う!リンデンは美容&健康対策にオススメ リンデンはヨーロッ …

アンチエイジングに効果絶大!話題のルイボスティーの効果とは?

驚異的な抗酸化力のあるルイボスティーで体の中からアンチエイジング 様々な美容効果 …

桂枝加朮附湯は冷え性改善に効果的な漢方薬!他にはどんな効能が?飲む時の注意点は?

桂枝加朮附湯は非ステロイド消炎鎮痛薬の代わりにも!炎症にも効果的 桂枝加朮附湯( …