今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

猪苓湯は排尿で悩みを抱える人に朗報!頻尿や残尿感に悩んでいる人おすすめ

排尿に対して不安を抱えてる人に、特に効果的

最近、残尿感や排尿時に痛み、頻尿感や尿がでにくいなど感じることはありませんか?主に尿管や膀胱が炎症を起こしている場合、こういった症状が現れます。

その原因としては、尿がでにくい・何度も排尿を我慢しているなど、日ごろから尿によって悪い雑菌などが排出される機会が少ないとおこりやすい病気です。

排尿によって余分な水分が排出されにくいので、むくみやすいなどの別の症状が並行してある場合があります。猪苓湯(チョレイトウ)には利尿を促す作用があるので、日ごろから排尿の回数がすくない人にはとても有効な漢方薬と言えます

主な症状

  • 残尿感・尿がでにくい
  • 頻尿感
  • 排尿痛
  • 腎臓・膀胱の疾患
  • むくみ
  • 口の乾き

以下のような症状に有効ですが、漢方の効き目には個人差があります。そして1日飲んだからと言ってすぐに改善されるものは少ないです。

猪苓湯の特長

猪苓湯は『頻尿や残尿感・排尿困難や排尿痛・血尿』などに処方されることも多く、炎症を鎮める作用もあります。そのため『膀胱炎・尿道炎・腎臓炎・尿管結石』などにも処方されることがあるほど、腎臓や膀胱の疾患に有効な漢方薬です。

また、漢方全般的に投薬する本人の体質(虚弱体質や体力など)を見極めて投薬されるのが基本ですが、この猪苓湯は体質や体力を比較的気にすることなく投与できるのも特徴の1つです

排尿を促すことによって、悪いものを流し、炎症を鎮めようというのが猪苓湯です。しかし、やはり漢方でも薬なので全く副作用がないわけではありません。

主な副作用

  • 皮膚に湿疹
  • 発赤
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • 軽い吐き気

このような症状が現れた場合は、服用をやめて必ず医師に相談してください。また服用後、数日たっても改善がみられない場合は服用を中止し、医師に相談しましょう。

味や飲みやすさ、飲み方はどうする?

飲み方としては『1日で7.5グラムを2、3回に分けて食前・食間(食後2時間後くらい)に服用する』のが基本です。また、空腹時(胃が空っぽのとき)をねらって服用するのが一般的ですが、食後になってしまっても大丈夫です。

お湯などに溶かしてゆっくり飲むのが理想ですが、漢方は独特の味がしますので好き嫌いは別れると思います。その場合は水でささっと粉薬のようにのんでもかまいません。

飲み忘れたときは、気が付いた時に服用するようにしてください。ただし、次の飲む時間までの時間があまりない時はそのまま飲まずに、1回飛ばして正規の時間でのんでもかまいません。

間違って多く飲んだ場合、かかりつけの病院か薬剤師に連絡をして相談してください。

保管方法

  • 冷暗所へ保管する
  • 子供が誤飲しないような場所に保管する
  • 使用期限を過ぎたものは使用しない
  • 開封後は2日以内に服用すること(製品によって違うので確認が必要です)

薬は高温多湿が苦手なので、陽が当たらず涼しいところへ保管するようにしてください

混合されている5種類の生薬

漢方とは、何種類かの自然の木や草からできる『生薬』からできています。猪苓湯は5種類の生薬からなります。

  • 猪苓(ちょれい)
  • 沢瀉(たくしゃ)
  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 阿膠(あきょう)
  • 滑石(かっせき)

それぞれの働きは次のようになります。

猪苓・沢瀉・茯苓

水分代謝を活発にする働きがあります。排尿をたくさんさせることによって、入ってしまった雑菌などを流す作用があります。

阿膠

阿膠には止血作用があるので血尿を改善させる働きがあります。

滑石

炎症を鎮めて、熱や腫れをひかせる働きがあります。

5つの生薬が有効に働くことによって、膀胱や腎臓の炎症を抑えられる働きが期待できるのです。

ただ、強い炎症をおこしているようであれば、猪苓湯では効き目は薄いかもしれません。個人差によって効き目が違うので様子を見ながら、改善されないようであれば病院へ行くようにしましょう

持病のある人は主治医に相談してから服用を始めよう

今では近所の薬局などで簡単に購入できる漢方。そのため漢方はビタミン剤と同じものととらえている人が多です。漢方と言えど薬です。担当医などに相談して投薬事故を防ぐようにしましょう。

主治医に相談するべき人

妊娠・授乳中のひと

安全性が確立されていないので、必ず医師の相談が必要です。

小児への投薬

使用経験が全体的にすくないため、小児への投与はまだ認められていません。

持病の薬を服用している人

効能の重複を防ぐため、必ず医師に相談しましょう。

副作用が現れた人

また見落としがちなのが、サプリメントや健康食品です。同じ生薬が入っていたり、有効成分が同じだったりと注意深く見ていないと見落としてしまうこともあります。

漢方は効き目が表れるのを気長に待つことがおおいものです。それでも1カ月以上も服用してなにも改善が見られないよであれば、医師に相談しましょう

        
        

  関連記事

薬膳ラーメンドラゴンならアンチエイジング効果が期待できる!ヴィーガン対応可という珍しいラーメンも

ラーメンが大好きでできることならたくさん食べたいけれど美容のために我慢している… …

安眠サプリでぐっすり眠ろう!不眠に悩む方におすすめのサプリ比較

毎日快眠ができない、睡眠について悩みがあるという方のための情報を紹介します。 仕 …

アンチエイジングに注目の新成分、アロエステロールがすごい!

お肌を若々しく保つために是非とも取り入れておきたい成分、アロエステロールをご紹介 …

茯苓飲は胃下垂で悩む人にもおすすめ!胃もたれや膨満感、胸やけ・吐き気などに効果的

なんだか胃がチャポチャポする…そんな時にも。胃のはたらきを改善する漢方 胃の調子 …

【保存版】勉強の秋到来!頭を良くする食べ物を取り入れて頭の働きを活性化しよう

「頭の良さは20歳になるまでに決まる」子供の頃に学校の先生やご両親などにこのよう …

ウコンに含まれるクルクミンは心臓のアンチエイジングに効果!

クルクミンはカレースパイスでおなじみのウコンに含まれている成分です。ウコンといえ …

レモンバーベナはポプリやハーブティーにオススメ!美容効果も。

香りがよく、料理の香りづけとしても大活躍のハーブ レモンバーベナ レモンバーベナ …

小柴胡湯は肝臓のトラブル改善に効果的!なかなか治らない風邪にも!

風邪による諸症状の改善や免疫力アップにも効果的なのが小柴胡湯! 小柴胡湯(ショウ …

花粉症対策の新定番”鼻にワセリン”はイギリス発だった!? その効果と方法を紹介

ヴァセリンの効果的な使い方をご紹介します 肌の乾燥などに効果的なヴァセリン、実は …

スイカの力でしつこいむくみを解消!スイカプラスについて

スイカプラスはダイエット中の方からも選ばれるむくみ解消サプリメント むくみが気に …