今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

六君子湯は腸の調子が悪く軟便などをどうにかしたい人に試してもらいたい漢方薬!

実は女性特有の冷え性にも効果あり!お通じの悩みも解決してくれる漢方

冷え性、便秘と軟便の繰り返しは女性特有の不快な症状として知られていますが、経験した女性当人のその辛さは相当なものです。体調不良でクリニックの外来を訪れても、原因がわからずに漢方外来を勧められたことがある人もいるのではないでしょうか。

中医学の漢方では、未病の状態から体の調子を整えてゆくという考え方をします。漢方の六君子湯(リックンシトウ)は、胃腸の働きを活性化させる整腸剤の方剤として効果を期待することができます。

おもに対象になる人は、瘦せ型体質で体力の弱い人、顔の血色のよくない人、虚弱体質の人です。これらの状態にある人の体質改善に向いています。

主に対象になる症状は、「食欲不振、胃もたれ、消化不良、吐き気、軟便、便秘、胃腸の水分の停滞が原因のお腹のゴロゴロ」の改善と予防に効果的です。

六君子湯の特長

漢方外来へ赴くことなく、漢方薬を用いることができる時代です。そこで、胃腸薬として是非にその特徴を覚えておきたいものです。

中医学の漢方薬である六君子湯(リックンシトウ)は、中国の宋の時代において「和剤局方」に記録されている漢方薬です。

一般には中医学では証に基づいて適応される漢方薬を処方されているのですが、その中でも六君子湯(リックンシトウ)は「虚証」と診断された人に向けて処方される漢方薬に当てはまります。

生薬を主薬として、蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、陳皮(陳皮)、半夏(ハンゲ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)の全6種類にあたる生薬が配合された漢方薬で有名です。

六君子湯(リックンシトウ)の適応証体質は、いわゆる虚弱体質の状態であること、水分の停滞体質であること、冷え性体質であることが該当します。

味や飲みやすさはどういった感じなの?

六君子湯(リックンシトウ)は一般に製薬会社から販売がゆき渡っているために、顆粒タイプや細粒タイプを白湯や水で手軽に飲むことができる漢方薬の一種です。

一般的な飲み時は、便秘目的であれば漢方薬の効果がゆきわたるように空腹の食前を選ぶようにします。胃腸の粘膜が弱いタイプでは、食後に勧められることもあります。

エキスタイプであれば、お水もしくは白湯で溶いてから少しずつ口にして生薬の味を味わうようにして飲むようにします。とは言っても、漢方薬を飲みなれていないと、独特の食味に吐き気を伴ったり、目の前にしてためらうこともあります。

小さなお子さんにお薬を服用させるようにして、ジュースや食事に混ぜることは勧められないようです。フルーツ味などの甘い添加物により味が調整されている訳ではないので、少しずつ生薬の味になれていきましょう。

六君子湯に混合されている6種類の生薬

六君子湯(リックンシトウ)に配合されている6種類の生薬には、蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、陳皮(チンピ)、半夏(ハンゲ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)が配合されていることがほとんどです。

お薬のメーカーによっては、これ以上の生薬も含まれているお薬も売られています。

蒼朮(ソウジュツ)

ホソバオケラもしくは、シナオケラの根茎を乾燥させた植物です。生薬としては、利尿作用、整腸作用、健胃作用に有効です。

茯苓(ブクリョウ)

サルのコシカケ科、マツホドの菌核のことです。生薬としては、胃内停水、鎮静作用、利尿作用に優れています。

陳皮(チンピ)

ミカン科ミカンの成熟果皮のことです。健胃作用で知られています。

半夏(ハンゲ)

サトイモ科カラスビシャクの根茎です。おもに強健作用が大きい生薬です。

甘草(カンゾウ)

マメ科カンゾウの根を乾燥させた生薬です。鎮痛作用、抗炎作用、健胃作用があります。

生姜(ショウキョウ)

生姜の根茎を用いています。食欲増進、新陳代謝を促し水毒に効果的です。

他の薬や漢方との飲み合わせに気を付けながら服用しよう

生薬を利用した漢方薬ですが、植物由来だからといって油断は禁物です。漢方薬にも体質による副作用が存在します。副作用は小さな副作用と大きな副作用に区分されます。

副作用のリスクは、偽アルドステロン症によるものです。アルドステロンは副腎質ホルモンの一種のことです。

漢方薬の服用による軽度の副作用にはおもに、甘草(カンゾウ)を継続的に長期間にわたり大量に摂取することで、血圧上昇や浮種の状態です。重篤な副作用には、手足のしびれや、ふらつき、高血圧、ふるえる、脱力感、低カリウム血漿が懸念されます。

その他にも、長期間大量に服用されたとき、複数のお薬の飲み合わせにより副作用のリスクが高くなります。偽アルドステロンの副作用に加えて、おもに、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、発疹、の症状があります。

        
        

  関連記事

猫背や悪い姿勢で引き起こされる影響はあるの?それを改善する方法は?

猫背を改善するストレッチを習慣にしよう! 外出先で、猫背のひとを見る機会が多いと …

「ほっと見えマスク」は疲れ目の解消以外にの効果も!?その魅力や特徴は?

ほっと見えマスクは他のアイマスクと一味違う!選ばれる理由とは 日々の疲れを癒すた …

アーティチョークはお酒を飲む人におすすめ!肝機能の強化に!

食べすぎ・飲みすぎる人におすすめのアーティチョークについて紹介 アーティチョーク …

たんぽぽもタンデライオンというハーブ!効果・効能は?

タンデライオンは女性にうれしいハーブ!母乳の出を良くする働きも タンデライオンは …

足裏のタコは正しい治し方を知ればすぐにサヨナラできる!目指せ足裏美人

間違った治し方はトラブルの元になる 人は二足歩行なので、どうしても足の裏に負担が …

半夏厚朴湯で精神的に不安を抑える!喉の異物感の改善にも◎

神経性症状やつわりの改善にも効果的な半夏厚朴湯について紹介! 半夏瀉心湯(ハンゲ …

杏仁豆腐の美容効果に注目!健康にもなれるデザート!

美容だけでなく健康にも役立つおいしいデザート杏仁豆腐について 女性に人気が高いデ …

マシュマロウは吐き気や食べ過ぎに効く!?マシュマロの原料となるハーブの効能とは?

栄養豊富なハーブでもあるマシュマロウはどんな働きがある? マシュマロウとはヨーロ …

高音が聞き取りにくくなった…それは聴力低下の可能性が

聴力がどの程度あるのかをまずは確認すること 聴力の低下は年齢とともに自覚する人が …

桂枝加芍薬湯は繰り返す便秘や下痢に効果的!妊婦さんや胃腸が丈夫でない人でも安心して飲める

出そうで出ない、おなかが張ってつらい…そんな悩みにもおすすめ! おなかが張ったり …