今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

歯ぎしりが健康に悪影響を及ぼすって本当?その原因と改善方法とは?

修学旅行や社員旅行などに出かけたときに、同室のひとに歯ぎしりを指摘された経験のある女性は、案外多いのではないでしょうか。ですが、歯ぎしりはなかなか自分では気づけないものです。

そして、歯ぎしりは同室で眠るひとに耳障りなだけでなく、実は身体にも影響を及ぼしているのです。

そこで今回は、歯ぎしりについて種類別に紹介するほか、その原因やストレスとの関係、身体に及ぼす影響、改善方法について、お話しします。

歯ぎしりって何?その種類とは?

歯ぎしりとは、無意識に歯をすり合わせたり、噛みしめるという動作全般を指します。そして、大きく3つの種類に大別できます。

歯ぎしりのタイプ:グランディング

1つめが、「グランディング」です。これは、ギリギリと音がする、歯をこすり合わせるタイプの歯ぎしりのことをいいます。

そのため、歯の表面が削れてしまうことが多いです。

歯ぎしりのタイプ:クレンチング

2つめが、「クレンチング」です。これは音がしないことが特徴で、上下の歯を強烈にかみしめる歯ぎしりのことをいいます。

気づかずに放置することで、あごに大きな負担をかけてしまい、顎関節症になるひとも多いです。

歯ぎしりのタイプ:タッピング

3つめは、「タッピング」です。歯がカチカチと鳴る、上下の歯をタップするタイプの歯ぎしりです。

タッピングをするひとは少数ですが、歯の表面やあごには負担がかかっています。

歯ぎしりの原因とは?ストレスを関係ある?

では、なぜ歯ぎしりをしてしまうのでしょうか。その理由はいくつかあります。

かみ合わせが悪い

まず、かみ合わせの悪さです。子どもから大人への成長過程では、歯のかみ合わせは常に変化しています。

また、虫歯を治療せずに放置したり、歯周病が原因で、短期間でもかみ合わせが変化することもあるので、注意が必要です。

姿勢が悪い

次に、頬杖をつく、横向きに寝るといった、歯に力が加わる悪習慣を持っていることです。その結果、かみ合わせに悪い影響を与えてしまうのです。

また、スマホやタブレット、ポータブルゲームを多用していていることで、下を向く姿勢をとっていることが多いひとは、上下の歯が常にかみ合わさる状態になっているので、よくありません。

ストレスの影響

そして、ストレスです。精神的なものだけでなく、肉体的なストレスも、身体中の筋肉を緊張させる原因となります。

日中は意志の力でコントロールできても、寝ている間に溜まったストレスを発散しようと、歯ぎしりをするひとが多いのです。

また、過度な飲酒や喫煙も、ストレスを誘発するのでおすすめできません。

歯ぎしりが身体に及ぼす影響とは?

では、歯ぎしりの習慣を続けることで、全身にどんな影響が及ぶのでしょうか。

まず、歯への影響です。歯を構成しているエナメル質は、自然界の中では2番目に硬いといわれています。ですが、歯ぎしりでエナメル質同士がこすれることで、削れたり、すり減ってしまいます。

また、歯にミクロの亀裂が入ることで、神経までの距離が縮まってしまい、虫歯がなくても歯がしみてしまうこともあります。

次に、顎関節症を発症することです。歯ぎしりでかかる力は、強いひとだと100kgにもなるといわれています。その力が顎の軟骨である関節円盤にかかるとずれてしまったり、周囲の筋肉が痛むことがあります。

それ以外にも、歯ぎしりによってあごにつながる方や腰の筋肉が緊張し、肩こりや腰痛を引き起こしたり、偏頭痛が起こることもあります。

さらに、歯ぎしりが習慣になることで噛む筋肉が盛り上がり、顔が大きくなるひともいます。

歯ぎしりの改善方法とは?

歯ぎしりを改善する方法には、「治療」と「精神的なケア」があります。

虫歯や歯周病が原因の場合

歯ぎしりが起こる原因が、虫歯や歯周病の場合には、まずその治療を行うことが先決です。そのうえで、かみ合わせの調整を行い、ナイトガードと呼ばれるマウスピースをつくって、歯ぎしりの治療を行います。

就寝時にマウスピースをつけることで、歯や歯茎にかかる力を分散し、筋肉の緊張を和らげます。また、マウスピースを使うことで、知覚過敏や歯根膜炎の治療にも効果があるのだそうです。

オーダーでマウスピースをつくるまででもないと考えているなら、市販のものを購入して使うという方法もあります。

ストレスが原因の場合

ストレスが原因で歯ぎしりが起こっているときには、精神的なケアが必要です。精神安定剤や漢方薬を内服する、鍼灸治療を行うことで、ストレス解消をサポートします。

歯ぎしりの改善を心がけよう!

歯ぎしりを改善できれば歯の損傷の心配がなくなりますし、あごのラインがスッキリしたり、頭痛や肩こりの改善、熟睡できるようになるなど、さまざまなメリットがあります。

また、虫歯や歯周病の治療には健康保険が適用されますし、マウスピースの作成費も5,000~7,000円程度なので、早く治療を始めることをおすすめします

合わせて、ストレス解消方法を見つけることで、歯ぎしりの予防にもつながります。

とはいえ、歯ぎしりの治療には病院選びも大切なので、治療実績があるかどうかをリサーチしたうえで、信頼できる歯医者さんにお願いしましょう。

        
        

  関連記事

乙字湯は痔の悩みにも効果的!味や飲みやすさはどうなの?

実は痔に悩んでいる女性ってたくさん!そんな皆さんにオススメの漢方です 出典:株式 …

セントジョーンズワートはうつ病や睡眠障害の改善が期待できる!

うつ病の緩和・改善効果が注目されるセントジョーンズワート セントジョーンズワート …

ホップはビールの原料としてもおなじみ!ハーブとしても優秀な効果が

女性特有のトラブル改善やリラックス作用の高いホップを紹介! ホップとはアジア西部 …

若返りのポイントは温活にあり!生活習慣を工夫して楽しく体を温めよう

女性には欠かせない冷え対策。 今大注目の「温活」をご存知ですか? 温活とはとにか …

「みんなの肌潤セット」でバスタイムをアトピー肌対策タイムに!

アトピー肌に共通する肌の奥の潤い不足を、セットの相乗効果で解消 「みんなの肌潤セ …

サビない体作りは食べ方や食材選びで決まる

体のサビを予防する食事でアンチエイジング 人間が呼吸をするたび、酸素を取り入れた …

キレイで健康を目指す人から選ばれているお嬢様シリーズとは?

女性から大人気!雑誌でもよく見かけるお嬢様シリーズについて紹介します。 美容やア …

乾燥すると喉の痛みがあるひと必見!マスクの効果について

乾燥する季節になると喉に痛みを感じるひとが増えるはずです。そして乾燥による喉の痛 …

食事摂取基準からコレステロールの基準を撤廃?もう食事制限は必要ないの?

コレステロールって何?コントロールするためにはどうすればいいのでしょう? アンチ …

花粉やPM2.5から体を守る食べ物とは?

体の中から花粉、PM2.5の対策をしよう! 花粉やPM2.5による体への影響 日 …