今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

プリン体って身体にいいもの?悪いもの?上手な摂取方法が知りたい!

スーパーやドラッグストアのリカーコーナーに行くと、「プリン体ゼロ」という表記をよく見かけることでしょう。

ですが、プリン体について、きちんと説明できるひとは、それほど多くないのではないでしょうか。そもそもプリン体は、身体に悪いだけのものなのかも、疑問ですよね。

そこで今回は、プリン体とは何か、どんなものに含まれているのか、プリン体が増えることで身体に与える影響、プリン体の上手な摂取方法について、お話しします。

プリン体って何?どんなものに含まれているの?

プリン体とは、核酸の主成分となる物質のことをいいます。核酸とは、すべての細胞にある核を構成するもので、DNAやRNAと聞くと、わかりやすいかもしれません。

細胞が存在するためには、プリン体が不可欠です。そしてプリン体は、筋肉を動かすときに必要なエネルギー伝達物質の原料でもあります。つまり、人間にとってプリン体は、なくてはならないものなのです。

もともと人間には、プリン体を生成する機能があります。そして、人間が必要とするプリン体の約80%は、体内でつくられています。自ら生成する量では足りない、約20%分だけを、食事から摂取しているのです。

ちなみに、体内でつくられるプリン体は、細胞の代謝によって生成されるものと、激しい運動によってつくられるものに大別されます。

プリン体が多く含まれている食品には、あん肝やレバー、白子、エビ、イワシ、カツオなどの魚介類、肉類があります。実はプリン体はうまみ成分でもあるため、プリン体の量が多い食品はおいしく感じます。

プリン体と聞くと、ビールを連想されるひとも多いと思いますが、実際はそうではありません。ビールをはじめとするアルコール自体は、プリン体の含有量はそれほど多くないのですが、アルコールの作用によって尿酸値が上がることが影響するのです。

プリン体が増えると、どんな影響があるの?

では、人間に必要不可欠なプリン体が増えすぎることで、身体にどんな影響があるのでしょうか。

すべての細胞には寿命があり、それが壊れて、新しい細胞と入れ替わることをくり返しています。古い細胞の核が放出・分解される際に、プリン体が産出されます。

このプリン体は肝臓で分解され、尿酸をつくり出します。老廃物である尿酸は、どんなひとでも血液中一定量もっているもので、余分な分が尿や便と一緒に体外に排出されます。

ですが、尿酸の量が増えすぎて、血中濃度が上がってしまうと、血液中で結晶化します。

それが関節などに沈着したものを尿酸結晶というのですが、血液中の白血球がこれを異物とみなして攻撃を始めると、炎症物質が放出されるようになり、激しい痛みを引き起こすのです。これが「痛風」です。

また、尿酸は腎臓で結晶化することもあり、その場合は尿路結石腎障害の原因となってしまいます。それ以外にも、メタボリックシンドロームや動脈硬化を引き起こす、原因になる可能性が高いです。

そのため、血液中のプリン体の定量をオーバーしないように、尿酸値をあげないためにも、気をつける必要があるのです。

プリン体の上手な摂取方法は?

では、健康を守るために上手にプリン体を上手に摂取するには、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

そもそも、プリン体はさまざまな食材に含まれていますので、それだけを減らすのは至難の業です。そのため、プリン体が多い食品を避けるだけでなく、食事量も全体的に減らすのが基本となります。

そして、飲酒の習慣がある場合は、アルコールの中ではビールや日本酒を避け、チューハイやワインに替えることで、プリン体の摂取量を減らすことができます。

プリン体の影響を受けない飲酒量は、ビールなら1日500ミリリットル、日本酒は1合とされています。

プリン体が含まれた食材を避けるのが難しいのであれば、尿酸値を下げてくれる食べものを意識して摂るという方法もあります。

コンビニエンスストアで買えるものの中にも、プリン体が少ないメニューはたくさんあります。ごはんなら牛丼や親子丼、パンならサンドイッチや調理パン、麺類は問題ありません。

ただし、麺の出汁に使われているカツオ節や干しシイタケにはうまみ成分が含まれているので、飲み干さないように注意しましょう

また、乳製品やコーヒー飲料、野菜、果物は尿酸値を下げてくれます。積極的に、摂るように心がけましょう。

食べ過ぎや飲み過ぎに注意しよう!

プリン体が含まれている食材は、そもそもおいしいものばかりです。そして、暑い夏はビール、寒い冬は熱燗など、飲酒や食事を楽しみたいひとも、たくさんいます。

とはいえ、プリン体を摂りすぎ、尿酸値が高くなると、さまざまな病気を誘発させてしまいます。

厳密な食事制限をするのは難しいと思いますが、食べすぎや飲みすぎを避けることは、意識すればできそうです。そこに適度な運動を加えることで、プリン体の排出を促します

生活習慣を見直して、プリン体をコントロールしてくださいね。

        
        

  関連記事

眠くならないためのポイント!食事のとり方やツボ押し方法紹介!

眠くなると困る時にはどんな対策をとればいい?眠くなる薬や対策も紹介! 仕事中眠く …

食事摂取基準からコレステロールの基準を撤廃?もう食事制限は必要ないの?

コレステロールって何?コントロールするためにはどうすればいいのでしょう? アンチ …

桂枝加朮附湯は冷え性改善に効果的な漢方薬!他にはどんな効能が?飲む時の注意点は?

桂枝加朮附湯は非ステロイド消炎鎮痛薬の代わりにも!炎症にも効果的 桂枝加朮附湯( …

リンデンはとにかく効果・効能が豊富!高いリラックス効果にも注目

木と葉や苞では働きが違う!リンデンは美容&健康対策にオススメ リンデンはヨーロッ …

顔がピクピクするのは顔面けいれんかも!原因や症状、治療法は?

顔面けいれんの原因、症状、治療法などについてご紹介します。 突然顔がけいれんする …

爪を見れば健康状態や病歴がわかる?!爪の病気とトラブルをチェック!

爪のトラブル、乾燥や過度のダイエットによる身体のSOSかも? 美しい手、美しい指 …

やけどには適切な処置が必要!対処法の基礎知識について

やけどは大人になってもする機会が多いものです。やけどをしたときにはすぐに冷やすこ …

ヨク苡仁湯は慢性的な関節・筋肉の腫れや痛みに効く!余分な水分を取ってむくみをやわらげてくれる

水分の代謝を助けて、熱と痛みを発散!関節リウマチにも処方される漢方 漢方の考え方 …

アンチエイジングの敵、老化の原因『活性酸素』とは?

老化を引き起こす活性酸素を大量に発生させるものとは? アンチエイジング美容でおな …

暑い夏にひく風邪は想像以上に辛いもの、予防法を実践して夏風邪なんて吹っ飛ばせ!

夏風邪の正しい対処法について 風邪と聞くと冬というイメージがありますが、1年を通 …