今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

卵管造影検査ってどんなときにするの?検査のタイミングや費用について

卵管造影検査にはメリットもあることを知って受けよう!

妊活してもなかなか赤ちゃんを授からず、不妊検査を受ける女性は少なくありません。そうした不妊検査の一つに、「卵管造影検査」があります。

名称は聞いたことはあっても、実際にどんな検査が行われるのか、知らない女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、卵管造影検査とは何か、どんなタイミングでお医者さまにすすめられるのか、卵管造影検査の進め方、痛みの有無、受けることでのメリットなどについて、お話ししたいと思います。

卵管造影検査って何?勧められるタイミングは?

卵管造影検査とは、卵管に障害がないかどうかを確認するために行う検査のことをいいます。

卵管は、受精卵が子宮に向かうときに通る部分です。この卵管が詰まっていたり、癒着やポリープによって狭まっていると、受精卵ができても子宮に到着できないので、妊娠は成立しません。

そのため、子宮内に造影剤を注入し、その広がり方をレントゲン写真で確認することで、卵管が正常かどうかを確かめることができるのです。

卵管造影検査の際には、子宮に奇形や腫瘍がないかも確認できるため、「子宮卵管造影検査」と呼ばれることもあります。

基礎体温表をつけ、タイミング方法を実践しても妊娠に至らなかった場合、女性側に不妊原因がないかを確かめるために、卵管造影検査を勧められることが多いようです。

不妊検査について

不妊治療を始めるためには、原因を把握し、適切な治療を選択する必要があるので、早期に行われる不妊検査があります。

もし、卵管が詰まっていれば、何度人工授精をくり返しても妊娠することはほぼないので、体外受精や顕微授精に早い段階でチャレンジすることで、妊娠・出産を目指すことができます。

卵管造影検査の進め方は?痛みはあるの?

卵管造影検査の一般的な進め方について、説明しておきましょう。

まず、卵管造影検査を行う前処置として、子宮内にバルーンカテーテルを入れて、ふくらませます。その後、子宮内にカテーテルから造影剤を注入します。そして、注入した造影剤が子宮内で広がっていく様子を、レントゲン写真で確認するのです。

卵管造影検査は、造影剤を注入した直後と、24時間後の2回、レントゲン写真を撮ります。その2枚を比較することで、卵管から卵管采、腹腔内へと、造影剤が広がっていく様子がわかるのです。

卵管の長さは約10センチで、直径は細いところだと1ミリ程度しかありません。もし卵管が詰まっていると、その先には造影剤が入っていかないので、画像に映らないのです。

検査の所有時間について

卵管造影検査の最初の検査の所要時間は、30分から1時間程度です。翌日の2回目のレントゲン撮影には、それほど時間は必要ありません。

検査を行う際の痛みについて

卵管造影検査を行う際の痛みには、個人差があります。子宮口からバルーンカテーテルや造影剤を入れるときに、痛みを感じる女性もいます。

その痛みも、生理痛程度の鈍痛のひともいれば、激痛だったという方もいます。基本的には痛みはそれほど感じない検査なので、強い痛みが出る場合には、卵管に障害がある可能性があります。

また、卵管造影検査を行う病院によって、痛み止めや麻酔を使ってくれるところもあります。

受けられる時期が決まっている!

卵管造影検査は、生理周期に合わせて、受けられる時期が決まっています。卵管造影検査が行えるのは、生理が終了してから排卵日までの間だけです。

これは、排卵後に万が一受精卵ができた後で、レントゲン撮影を受け、悪影響が及ぶことを避けるためです。

卵管造影検査を受けるメリットとは?

不妊検査として卵管造影検査を受けることには、実はメリットがあります。

卵管造影検査は不妊治療ではないのですが、造影剤を卵管に通すことで、軽度の卵管の詰まりが解消されることがあるのです。その結果、妊娠する確率が高まることがわかっています。

そのため、不妊原因の特定と治療を兼ねて、卵管造影検査を勧めるお医者さまも多いのです。そして、ゴールデンタイムと呼ばれることがある、卵管造影検査の妊娠しやすい期間は、3~6カ月にも及びます。

妊活に励むなら、しっかり基礎体温をつけて、タイミング法にトライするのがおすすめです。

検査を受けることで病気が発見できる!

このほかにも、卵管造影検査を受けることで発見できる病気があります。

  • 卵管閉塞
  • 卵管狭窄
  • 卵管炎
  • 卵管留水腫
  • 子宮奇形
  • 子宮筋腫

などです。妊娠するために治療が必要な病気もありますし、不妊治療に進めないケースもあります。

まず、自分の身体の状態を知る意味で、卵管造影検査を受けてみましょう。

助成を受けられる可能性があるので問い合わせてみよう!

卵管造影検査にかかる費用は病院によって異なります。自己負担額の目安は、5,000円から20,000円程度です。

費用に差があるのは、健康保険が適用になるときと、ならない場合があるからです。不妊が理由で卵管造影検査を受けるときには、不妊治療の一環として、助成金が出る地方自治体もあります。

費用負担は半額程度のところが多いようですが、受けられるなら助成制度は有効活用した方がよいです。これから卵管造影検査を受ける予定があるのなら、居住する地方自治体で助成制度があるかどうかを、事前に調べておきましょう。

        
        

  関連記事

飲むだけで強力アンチエイジング!シリカ水、炭酸水、水素水のパワー

水の力で体内環境を整え、肌の老化を内側から防ごう 人間の体の大半を占める水。子ど …

低血圧の種類を知っていますか?あなたはどのタイプ?

つらい低血圧対策は生活習慣を改善するところからはじめよう 低血圧とは文字通り。血 …

桂枝湯は風邪のひきはじめの優しいミカタ!身体や胃腸があまり丈夫でない人でも安心して飲める

風邪の初期の諸症状に!葛根湯が合わない人にはこちらがおすすめ 風邪の初期症状が出 …

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。 コエンザイムQ …

女性がエイジングを感じた瞬間3つ&おすすめのエイジングケアコスメ

こんな瞬間があったら肌の老化が始まっている可能性が! 毎日鏡を見ているとふとした …

歯ブラシは毛先で交換時期を見極めよう

交換時期がよくわからない歯ブラシ。実は毛先に注目すればはっきりわかるのです。意外 …

むくみやすい代表的な場所といえば足!対策は?

足がむくみやすい理由や、その対処法についてご紹介 むくみが発生しやすい箇所といえ …

簡単・手軽に実践できる冷え対策紹介!おうち・食事・外出先でのポイントは?

健康で美しい体を作るために欠かせないのが冷え対策です。誰でも実践できる方法をご紹 …

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

医食同源!東洋医学的な食事で今すぐ体質改善を始めよう

毎日の生活習慣や食事までトータルで考えて体を改善していく東洋医学。中でも食事は一 …