今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

お腹がパンパンになるのはガスだまりが原因かも!?その改善方法とは?

何だかお腹が張るなと感じたことがあるひとは、きっと予想以上に多いはずです。そうした状態を「ガスだまり」といい、腸内環境と関係しています。

腸内環境については、いろいろな取り上げ方をされていますが、早めに対処しなければ身体に悪影響が及ぶこともあるのです。

そこで今回は、ガスだまりとは何か、その原因と身体に与える悪影響、ガスだまりの改善方法などについて、お話ししたいと思います。

自覚症状がない方も多いので、自分と照らし合わせてチェックしてみてくださいね。

ガスだまりって何?何が原因で起こるの?

ガスだまりとは胃や腸にガスがたまってしまい、パンパンに張って苦しくなる状態のことをいいます。「腹部膨満感」と、表現されることもあります。

そもそもお腹の中には、コップ1杯程度のガスが常にあるといわれています。そのガスは、口から飲み込んだ空気や、腸内細菌の発生によって起こります。

食事をすると必ず腸内にガスが発生し、たまるとおならや呼吸として排出されるものです。ですが発生するガスの量が多かったり、排泄が悪くなるなどしてバランスが崩れると、ガスだまりが起こってしまいます。

ガスだまりの原因とは?

ガスだまりが起こる原因は、「ガスの産生が増える」「ガスの排泄量が減る」という2つに大別されます。

ガスの産生が増える原因としては、早食いや話をしながらの食事により、口から空気を飲み込む量が増えることがあげられます。また炭酸飲料の飲み過ぎやラッパ飲みも要因となります。

そして米やパン、イモ類などでんぷん質が多い食品やゴボウなどアクの強い食品、食物繊維を過剰摂取するとガスが発生しやすくなります。

さらに腸内の悪玉菌が増えることで、腐敗ガスが発生することも原因となります。

ガスの排泄量が減る原因としては、腸の蠕動運動の低下があげられます。その背景には、ストレスによる自律神経の乱れや過敏性腸症候群、腸閉そく、腸粘膜の炎症が起こっていることが多いです。

また、長時間座りっぱなしでいる、きつめの下着や洋服を身につけているなどが原因で、腸の動きが悪くなっているケースも多いです。おならを我慢しすぎても、ガスの排泄量が減ります。

ガスだまりだと身体にどんな悪影響があるの?

ではガスだまりが続くと、身体にどんな悪影響が及ぶのでしょうか。

そもそもガスだまりでお腹が張った状態というのは、病気を発症する前段階といわれています。その状態が続くことで、肝機能障害が起こることがあるのです。

肝臓には糖やタンパク質、脂肪の代謝や胆汁の生成、異物の排泄有毒物の無毒化、血液凝固成分の生成などの役割があります。

ガスだまりが起こり、有害な硫化水素などのガスが血液を通して肝臓に押し戻され、処理しきれない有害成分が肝臓に負担をかけることで、肝機能を低下させてしまうのです。

そして肝機能が低下すると、糖尿病や高脂血症の発症リスクが高まり、動脈硬化や脳卒中、心疾患につながる可能性がアップします。

また、おならとして排出されないガスが腸内に停滞すると、その圧力で腹痛が起こるほか、胆嚢や膵臓を圧迫し激痛を引き起こす原因になるともいわれています。

さらに腸内に悪玉菌が増えると、ニオイの強いガスが発生しやすくなるだけでなく、発がん性物質やその働きを強める物質をつくり出してしまいます。

ガスだまりの改善方法とは?

そこでガスだまりは、早期に改善することを心がけるのがおすすめです。

ガスだまりでお腹が張って苦しいときには、湯船につかってお腹を温めてからマッサージをしたり、軽く運動をして血行を促進するなど、便秘解消と同じ方法を試してみましょう

それでもガスだまりが改善されないときには、便秘薬や整腸剤、消泡剤を服用してみるのもよいでしょう。

乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌の入った整腸剤やサプリメントを服用することで、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすこともおすすめです。

日常生活の中では、食事中に空気を飲み込む機会を減らすために口を閉じ、ゆっくり噛んで食べたり、ガスが発生しやすい食品を控える、腸内の善玉菌を増やすヨーグルトなどを意識して食べるようにしましょう。

また、適度に運動し、規則正しい生活を送ることも大事です。

こうした生活習慣の見直しを行ってもガスだまりが改善されないときには、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

生活習慣を見直して、ガスだまりを予防しよう!

ガスだまりは、腸内環境の乱れによって起こります。偏った食事や水分・食物繊維・脂質の不足、不規則な生活、便秘など、そのきっかけもさまざまです。

ですが、生活習慣を見直せば、ガスだまりを改善することも、予防することもできます。

緑黄色野菜やタケノコといった食物繊維が豊富な食材を意識して食べること、適度に脂質を摂取すること、はちみつや砂糖を適度に摂り、大腸の動きを活発にすることも大切です

水分補給も意識して行い、まずは腸内環境を整えることから始めてみましょう。

        
        

  関連記事

超攻型×低分子ポリフェノールサプリ「紅珠漢」で、疲労感、だるさ、冷えを撃退!

5万人が参加、“30分で体感できるサプリメント”「紅珠漢」の実力とは 夜よく眠れ …

センテッドゼラニウムは香りがよく様々な用途に活用できるハーブ!

センテッドゼラニウムは女性に嬉しい働きもたくさん! センテッドゼラニウムはアフリ …

漢方薬に挑戦してみたい、粉、錠剤…違いは何?

東洋医学の治療法として代表的なのが漢方薬です。自然の生薬から作られている漢方薬の …

あっ!ここも!むくみやすい箇所とその理由について知ろう

実は「え?こんなところも?」と思うようなところがむくんでしまうこともあるんです。 …

尿漏れに悩んでいるなら手軽にできる膣トレが効果的!

膣トレをすることによって尿漏れが改善できます。やり方は? 尿漏れと言えば、加齢に …

病気予防の最先端!遺伝子検査“MYCODE(マイコード)”のススメ

遺伝子検査で、自分のかかりやすい病気や体質を知ろう! がんや生活習慣病などなど… …

排尿トラブルの改善に効果的な漢方薬 八味地黄丸の効果・効能

下半身の悩みに効果アリ!頻尿異状改善や四肢の冷え改善にもおすすめ 八味地黄丸(ハ …

おりものの量が多いのは病気?注意すべき状態を調査しました!

おりものの状態がおかしいかも…と悩んでいる方は量や色をチェックしましょう。 おり …

塩分過多によるむくみが気になる人はきゅきゅっと小町を試してみよう

体の中の巡りを良くしたいと思っているのであればきゅきゅっと小町が効果的です 出典 …

低体温症を侮ってはいけない!その原因と改善方法について知っておこう

手揉みで低体温症を改善しよう! みなさんは、自分の平熱を把握していますか?健康な …