今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増えましたよね。これは、腸内環境が悪化することで、身体にさまざまな影響があることがわかってきたからです。

では、腸内に老廃物がたまると、実際にはどうなってしまうのでしょうか。

そこで今回は、腸内にたまる老廃物とはどんなものか、その結果どんな症状が出るのか、腸内の老廃物をデトックスするメリットとその方法について、お話ししたいと思います。

腸内にたまる老廃物って何?どんな症状が出るの?

そもそも腸は、十二指腸と空腸、回腸という「小腸」と、盲腸と結腸、肛門という「大腸」の総称のことをいいます。主に食べものの消化吸収や便通に関わる、大切な器官です。

食べものはまず小腸で消化吸収されてから、大腸に運ばれます。そして、大腸で水分を吸収した後に、大便として排泄されるのです。

大腸には乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌をはじめとする腸内細菌が、100種類以上存在しています。これらの腸内細菌は、食物繊維の分解や感染予防、免疫やホルモンバランス、皮膚、精神の健康にも大きく関わっていることが、近年の研究でわかっています。

では、腸内にたまる老廃物とは、一体どんなものなのでしょうか。それは、腸管内部にこびりついた滞留便や腸内ガスのことです。

腸内に便が留まる時間が長くなればなるほど、老廃物が蓄積しやすくなり、腸内に悪玉菌が増えます。悪玉菌が増加すると、腸内ガスや毒素、発がん物質を発生させます。

その結果、便秘や肌荒れ、不眠、頭痛、食欲不振、むくみ、体臭、抑うつなど、さまざまな症状があらわれることがわかっています。

腸内に老廃物がたまる原因は、偏った食事や運動不足、極度のストレスなど、生活習慣によるものが一般的です。

腸内の老廃物をデトックスするメリットとは?

近年、腸内洗浄をはじめとするデトックスに注目が集まっています。デトックスとは、体内から老廃物や毒素を取り除くことです。

私たちは日常的に、食品添加物や農薬といった食品に含まれる化学物質だけでなく、汚染された大気や病気の治療のために用いられる医薬品などを摂取することで、体内に毒素をためています。

そうした毒素が体内に長期間蓄積されていると、細胞機能に異常をきたし、身体にさまざまな症状があらわれるようになります。

そのため、人間の身体は本来、デトックス機能を持っています。そして、その方法の際たるものが「排便」なのです。

ですが近年は、食生活の欧米化や生活習慣の変化により、腸内環境が悪化しているひとが増えています。それを見分ける方法に、便が臭いこと、汗がベタベタしたり、ネバネバすること、体臭がきつくなることがあげられます。

腸内のデトックスをすることで便秘の解消をはじめ、肌の悩みの改善、むくみの解消、お腹の張りやガスの解消、ダイエットの効率化、免疫力の向上など、さまざまな効果が期待できます。それは、大きなメリットといえるでしょう。

腸内の老廃物をデトックスする方法は?

腸内の老廃物をデトックスするということは、腸に不要なものを排出させることです。具体的には、滞留している便やアンモニア・二酸化炭素・腸内細菌の死骸といった代謝による老廃物、便秘が長引くことで便が腐敗して発生する有害物質などです。

こうした腸内の老廃物をデトックスする方法について、紹介しておきましょう。

食生活の改善

まず、食生活を改善することです。腸内の善玉菌を増やし、腸本来の働きを促すことで、デトックス効果を高めます。具体的には、オリゴ糖や食物繊維を意識して摂取することです。

断食

次に、専用の施設で断食をすることです。私たちはかつての日本人と比べると日常的に食べ過ぎていますし、人体に有害な食品添加物を日常的に摂取しています。そのために疲れている腸を、断食をすることで休ませるのです。

専用の施設であれば、断食中はもちろん、終了後の回復食まできちんと管理してもらえるので、効果は抜群です。ドラッグストアなどで販売されている酵素ドリンクを用いて、自宅で断食するという方法もあります

腸内洗浄

そして、腸内洗浄を行うことです。これは、病院で行うのが基本です。施術前に便を出し切ってからにしてから、肛門から温水を入れて、腸内を洗浄します。

効果は高いですが、善玉菌も一緒に洗い流してしまうというデメリットもあります

生活習慣を見直して、腸内環境を整えよう!

悪化してしまった腸内環境を整えるためには、一度デトックスを行うことが大事です。ですが、デトックスをしても、生活習慣が変わらなければ、再び腸内環境は悪化してしまいます。

そこで、規則正しい生活を送る、適度に運動をして汗をかく、マッサージやストレッチを行う、ストレスを解消する、腸内の老廃物の排出を促す食事をするなど、日常的に意識する必要があります

生活習慣を見直すことで、腸内環境をよりよく保てるように、意識しましょう。

        
        

  関連記事

万田酵素のプラス温で効率よく酵素摂取!健康を目指そう

更年期や冷え性の改善にも万田酵素プラス温がオススメ 万田酵素プラス温は瀬戸朝香さ …

副作用のない花粉症対策なら「甜茶(てんちゃ)」が断然おすすめ!

甜茶ポリフェノールがアレルギー症状を緩和、肥満や口臭予防効果も! くしゃみ、目や …

コモンマロウは喉の痛みやニキビ改善にも効果的!栽培は難しい?

水分補給をコモンマロウティーにすれば美容&健康対策にも。 コモンマロウはヨーロッ …

風邪は冷えや乾燥が原因になることも…今すぐできる対策は?

体が冷えると様々な病気のリスクが上がる!その一つである風邪の対策についてご紹介し …

防虫効果があるタンジーは毒性があるので食用はNG!

タンジーはドライフラワーや防虫効果として活躍! タンジーはヨーロッパやアジアを原 …

コンフリーは別名ニットボーンとも呼ばれている!その理由とは?

骨折が早く治る!?肥料としても活用できるコンフリーとは コンフリーはヨーロッパ・ …

唾液の分泌と歯石のつきやすさには関係がある?歯石対策を紹介!

歯石といえば読んで字のごとく歯の表面や歯と歯の間にできる石のような塊のことで、歯 …

ゴシゴシしすぎてつらい…花粉で目がかゆい時にまずどうしたらいいの?

我慢できない花粉症による目のかゆみ、どのように対策したら効果的なのでしょうか。 …

「あれそれ」が多くなった…それは脳の老化の第一歩かも?

筋肉と同じく脳も使わないと低下する 30歳くらいを過ぎたころから、人物の顔や物は …

知らないと怖い!「遅延型フードアレルギー」の症状や検査費用

目次1 慢性的な下痢や頭痛、原因は遅延型フードアレルギーかも2 遅延型フードアレ …