今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

辛いこむらがえりや足のつりを何とかしたい!それを解消する方法は?

何かの拍子にこむらがえりや足のつりが起こり、辛い思いをした経験は誰でも一度くらい持っているはずです。

ですが、こむらがえりや足のつりがどうして起こり、起こったときに何をしたら緩和されるのか、きちんと理解しているひとは多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、こむらがえりや足のつりとは何か、その原因と改善方法、予防する方法などについて、お話ししたいと思います。知識として覚えておき、いざというときに実践してみてくださいね。

こむらがえりって何?その原因は?

こむらがえりとは、ふくらはぎに起こる筋けいれん全般のことをいい、足のつりといわれることもあります

そして「けいれん」とは、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮してしまう、不随意運動とよばれる症状です。

もともと、ふくらはぎのことを「こむら」といい、就寝中や運動時に足の腓腹筋にけいれんが起こり、疼痛を伴う状態のことをいいます。

筋肉の過労や下腿静脈の循環障害が起こっているときに、あらわれやすいです。

筋肉がけいれんしてしまう原因は、筋肉の使い過ぎや過剰なストレス、ミネラル不足、アルコールの飲みすぎなどです。

こむらがえりや足がつる原因としては肉体疲労と栄養不足が多いですが、そのほかにも

  • 冷えや運動時の水分不足
  • 普段とは違う動き
  • 汗をかくあるいは下痢をして脱水症状が起こることでの電解質のバランスの乱れ
  • ミネラル不足
  • 神経の異常反射
  • 降圧剤やホルモン剤などの薬剤
  • 病気
などもあげられます。

こむらがえりや足のつりが起こりやすいシチュエーションは、水泳やマラソンで筋肉が疲労したとき、身体が冷えたとき、無理な姿勢をとったときなどがあります。

こむらがえりの改善方法は?

では、こむらがえりや足がつったときの改善方法を、いくつか紹介しておきましょう。

まず、こむらがえりや足のつりが起こったときには、身体の力を抜きます。そして、疼痛が楽になる角度を探しましょう。それから、ゆっくりストレッチを行います。

こむらがえりや足のつりは、筋肉が伸びたまま縮まなくなっている状態なので、それをゆっくり伸ばすのが基本です。

まず、アキレス腱と足の裏の筋を伸ばす、ストレッチをしましょう。そして、筋肉の収縮が治まってきたら、足の緊張をほぐすために力を抜き、足首を回します。ここまでが、応急処置となります。

これだけでは根本的な解決にはなりませんので、足を伸ばさずにすむよう、クッションを膝裏に仕込み、ひざをたてて寝るようにしましょう。

また、寝ているときにこむらがえりが起こったときには、寝たまま足の裏で壁や床を強く押すと、筋肉が伸びて解消されることがあります。

疼痛と筋肉が硬くなる感じがあるときには、軽く温めたうえでマッサージするようにしましょう。

マッサージを行うときには、太ももから足首に向かい、やさしく筋肉を押していきます。足湯などをしてから行うと、血行が改善されるので、より効果が高まります。

そして、こむらがえりがよく起こるひとは、骨盤がゆるんでいることが多いです。骨盤を正常な位置に戻すストレッチを、行ってみましょう。

こむらがえりを予防する方法は?

では、頻繁に起こるこむらがえりや足のつりを予防するための方法も、合わせて紹介しておきましょう。

まず、食生活の見直しをすることです。バランスのよい食事を心がけるとともに、1日1リットル以上のミネラルウォーターを飲む習慣をつけるのがおすすめです。

就寝前や起床時にこむらがえりが起こることが多いひとは、疲労をためない、ミネラルや水分をしっかり摂ることを意識することで、起こりにくくすることができます。

そして、十分に休養して疲労回復をはかる意味でも、1日6時間以上の睡眠をとることを心がけましょう

また、寝る前に湯船につかって身体を温める、毎日浴槽に20分つかるのがおすすめです。入浴後は、ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチを習慣にしましょう。

また、運動をするときにこむらがえりが起こるひとも多いと思います。それを避けるためには、運動する前にクエン酸を摂取したり、運動中にポカリスウェットを飲んで電解質を補う、水分やミネラルの補給を意識的に行うのも効果的です。

もちろん運動前には、ストレッチも含めて準備運動を行うことを忘れないでくださいね。

こむらがえりが頻繁に起こるときには生活習慣を見直そう!

こむらがえりや足のつりは、癖になりやすいといわれていますし、加齢とともに慢性化するケースも少なくありません。

そのため、頻繁にこむらがえりが起こっている場合は、生活習慣を見直す必要があります。

日ごろから運動不足のひとの場合は、ふくらはぎや足の筋肉を増やすことで、こむらがえりや足のつりを予防できるようになります。足の筋肉を効率よく鍛える意味でも、スクワットを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

また、ストレッチやマッサージを習慣にすることでも、こむらがえりを予防できます。自分が続けられそうなものから、ぜひ試してみてくださいね。

        
        

  関連記事

十味敗毒湯で皮膚炎・ニキビなど肌トラブルを解決!?女性に嬉しい漢方薬は飲みやすい?

皮膚の赤みやかゆみ、皮膚炎・ニキビにも効果的な十味敗毒湯のご紹介です 目次1 皮 …

ローリエは月桂樹とも呼ばれれて料理で大活躍!その他の働きは?

ローリエには食欲増進効果やリラックス効果も!栽培方法もチェック ローリエは南ヨー …

防風通聖散をコーヒーで飲むと効果がアップする?それとも危険?

脂肪撃退効果のある防風通聖散をコーヒーで飲むとどうなる? カフェインといえば、眠 …

食材の力を活かしたエイジングケア

アンチエイジングに効果的な調理法をマスターしよう! 肌老化の中でも対応に困るのが …

こんなにすごい!アセロラの美容効果が見逃せない理由とは

美容食材として人気のアセロラ、その効果についていろいろ調べてみました。 昔から美 …

潤腸湯は腸を潤し便通を整える、おだやかな効果あり!

下剤と違ってクセにならない!腸内環境そのものを自然に改善 潤腸湯は中国で明の時代 …

健康な体の3つの土台は自律神経・内分泌ホルモン・免疫

健康でいるために欠かせない3つの土台とは? いくつになっても健康でいたいと思うの …

コンフリーは別名ニットボーンとも呼ばれている!その理由とは?

骨折が早く治る!?肥料としても活用できるコンフリーとは コンフリーはヨーロッパ・ …

栄養素の宝庫!奇跡の食物「アマランサス」とは?

海外で注目され、日本でも話題になっているアマランサスについてご紹介します。 出典 …

半夏厚朴湯で精神的に不安を抑える!喉の異物感の改善にも◎

神経性症状やつわりの改善にも効果的な半夏厚朴湯について紹介! 半夏瀉心湯(ハンゲ …