今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

耳掃除ってどうしている?汚れの種類を知って、適切に掃除しよう!

みなさんは、どのくらいの頻度で耳掃除をしていますか?そして、どんな方法で耳掃除をしていますか?実は耳の汚れにも種類があり、耳を傷つけないように正しく掃除することが大切です。

そこで今回は、耳の汚れの種類と正しい耳掃除の方法だけでなく、やってはいけない耳掃除の仕方についても、お話ししたいと思います。

自分では気づきにくいですが、耳は案外臭いが出やすい場所なので、きちんとケアする習慣を身につけることをおすすめします。

耳の汚れの種類とは?耳が臭い原因は?

耳の汚れは、耳垢と臭いを伴う周辺のものに大別されます。

まず耳垢ですが、これは新陳代謝によってはがれた耳内部の皮膚と、耳の奥の耳垢腺から出る分泌物が混ざったものをいいます。

耳垢があることで耳の内部が保護され、その油分によって乾燥を防ぎ、殺菌や防虫の効果も持っています。つまり耳垢は耳の炎症を抑えるうえで、大きな役割をになっているということです。

そして耳垢は「乾性」と「湿性」に大別されます。乾性の耳垢はパサパサしていて、湿性の耳垢はしっとりと湿っています。日本人の多くは、乾性の耳垢です。

耳の後ろなどの臭いを伴う汚れの原因は、耳の中や周辺にある皮脂腺と耳垢腺の両方から出る分泌物に、耳周辺から剥離された角質、ほこり、耳の産毛などが混じることで起こります

また入浴時に耳の中や周辺を洗わないひとも多く、雑菌が繁殖することで臭うこともあります。

そして外耳炎や中耳炎などの病気、先天性耳瘻孔という生まれつき耳のつけねに小さな穴が開いていること、耳周辺に粉瘤ができることも原因となります。

正しい耳掃除の方法とは?

では正しい耳掃除の方法を紹介しておきましょう。耳かきにもいろいろな種類がありますが、耳垢のタイプによっておすすめするものが異なります。

湿性の耳垢のひとには、綿棒タイプがおすすめです。乾性の耳垢のひとが使うときには、最後の仕上げのタイミングで使いましょう。

粘着貼り付けタイプの綿棒は、乾性の耳垢のひとにしか効果がありません。特にたくさんたまっているときに使うと、よくとれます。

360℃の耳垢がとれるスクリュータイプは、どちらかというと湿性の耳垢のひとにおすすめです。

日本で一般的な竹製のスプーンタイプは、どちらかといえば乾性の耳垢のひとに向いています。

耳掃除をするときには耳の入口から1センチ程度までしか入れないのが原則です。乾いた耳垢は時間の経過とともに入口の方まで出てくるので、綿棒や耳かきを奥に入れると耳垢を押し込むことになりかねません。

そして耳掃除の頻度ですが、月に2回で十分です。それ以上やると耳に悪影響が出る可能性が高いので注意しましょう。

自分で耳垢がきちんととれない、お子さんの耳掃除をするのは不安という場合は、耳鼻咽喉科で耳掃除をしてもらうことをおすすめします。

耳鼻咽喉科の場合、耳垢をやわらかくする薬を使ってから器具で耳垢を取り出すので、痛みも危険もありません。耳掃除のため、定期的に耳鼻咽喉科に通っているひともいるので、恥ずかしがらずに行ってみましょう。

やってはいけない耳掃除の方法とは?

実は欧米では、耳掃除をあまりしないようです。それは耳掃除が耳のトラブルのもととなるからです。

実際、耳掃除をやりすぎることで、耳の中の薄い皮膚を傷つけて炎症を起こし、外耳炎を発症するひとが少なくありません。

また耳掃除をすることで、外に出てこようとしている耳垢をかえって奥に追い込んでしまい、自然に出られなくなるケースもあります。最悪のケースでは「耳垢塞栓」を起こします。

耳垢塞栓とは、耳垢が外耳道をふさぐほど、たまってしまった状態をいいます。それにより耳の痛みや頭痛、難聴、めまい、耳閉感などがあらわれます。こうなると耳鼻咽喉科で治療を受けなければなりません。

そうした事態を避けるためにも、耳の奥まで綿棒や耳かきを押し込んで掃除をすること、頻繁に耳掃除をすることは絶対にNGです

また膝枕をするなど横になった状態で耳掃除をすること、お風呂上がりに耳掃除をすること、小指で耳かきをすることも、やってはいけない耳掃除の方法です。頻度と正しい方法で耳掃除をすることを意識しましょう。

耳掃除による異変がみられたらすぐに病院に行こう!

耳掃除をやりすぎることで、いろいろな症状がみられるようになります。外耳に痛みを感じたり、腫れているときには、外耳炎を発症している可能性が高いです。放っておくと聴力の低下を招くので、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

また思い当たる節がないのに耳の聞こえが悪くなったときは、耳垢が鼓膜を覆ってしまっているかもしれません。そうなると自力で耳垢を取り除くことはできませんので、耳鼻咽喉科で状態を確認してもらい、とってもらいましょう。

子どもが耳を頻繁に触っているときにも、耳に炎症が起こっていることが多いです。耳掃除で内部を傷つけているかもしれないので、変だと思ったらすぐに病院に連れて行ってあげてくださいね。

        
        

  関連記事

アルカネットは鑑賞や切り花として人気!ポプリもオススメ

食用にはできないアルカネットはどう活用する?特徴は? アルカネットはヨーロッパ・ …

花粉症の症状がつらい時に飲みたいハーブティー3選

花粉症に効果のあるハーブティーとその美容効果とは? 美容や健康への効果で注目され …

オレガノは生理痛や風邪の初期症状緩和にも役立つ!

オレガノは健康効果も高く精神安定効果も。栽培もしやすいハーブ! オレガノはトマト …

現代人に急増しているドライアイとは?症状や対策をチェック!

ドライアイを放置してしまうと目にどんどん傷がついてしまうことも…。早めに対策を! …

コンフリーは別名ニットボーンとも呼ばれている!その理由とは?

骨折が早く治る!?肥料としても活用できるコンフリーとは コンフリーはヨーロッパ・ …

アメリカのトランス脂肪酸規制報道を受けて日本の食生活に影響はある?

米当局が「安全でない」と3年以内の全廃を発表 2015年6月16日にアメリカでト …

病気になるリスクが高くなる「ドロドロ血液」とは?乾燥対策でサラサラ血液を目指そう!

ドロドロ血液は危険!体内の乾燥を防ぐことがサラサラ血液への近道です。 健康な血液 …

スーパーフード!スピルリナの魅力をご紹介!

どんな効果があるの? 最近話題のスピルリナとは? ※タブレット状のスピルリナ 健 …

六君子湯は腸の調子が悪く軟便などをどうにかしたい人に試してもらいたい漢方薬!

実は女性特有の冷え性にも効果あり!お通じの悩みも解決してくれる漢方 冷え性、便秘 …

女性の疲れの原因や解消方法、おすすめのサプリメントを素材別にご紹介!

疲れを溜めこんでしまうのは健康にも美容にもよくありません。早めの対策を。 夜きち …