今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

耳鳴りってどういう状態?その原因と治療方法は?

何かの拍子に耳鳴りを感じるひとは多いのですよね。しかし本人しかわからないことなので、それが一時的なものなのか、慢性的なものなのかに注意して、対処する必要があります。

とはいえ耳鳴りとはどういうことなのか、よくわからないというひともいるはずです。

そこで今回は、耳鳴りとは何か、音には種類があるのか、耳鳴りの原因と両耳・片耳での違い、治療方法などについて、お話ししたいと思います。思い当たる症状がある場合は、早めに対処することをおすすめします。

耳鳴りって何?音の種類とは?

耳鳴りとは自分の周辺に実際の音が存在していないにも関わらず、耳や頭の中で音を感じている状態のことです。

耳鳴りの音や感じ方には個人差があり、同じひとでも耳鳴りの聞こえ方が変わることがあります。また両方の耳で聞こえるものと、片耳だけに感じる物もあります。

耳鳴りには「自覚的耳鳴」と「他覚的耳鳴」の2種類があり、そのほとんどが自覚的耳鳴といわれています。

そもそも音は空気の振動を耳の奥にある内耳で電気信号に変え、それが神経を通って脳に到達することで音として認識します。

この内耳の部分に何らかの障害が起こると、自分にしか聞こえない耳鳴りが聞こえます。これが自覚的耳鳴です。

一方の他覚的耳鳴は、途切れながら聞こえるものと持続的に聞こえるものがありますが、聴診器などで他人が確認できるものをいいます。

耳鳴りの音にもいくつかの種類があります。まず音の数での分類です。一つの音が聞こえる「単音性の耳鳴り」と、いくつかの音が混ざって聞こえる「雑音性の耳鳴り」です。

さらに音の高さでも、耳鳴りはいくつかの種類に分かれます。キーンあるいはピーという、金属音や電子音のような「高音性の耳鳴り」は、ある程度の長さの音が持続して聞こえるという特徴があります。

また耳をふさいだ際に、耳鳴りの音が大きく聞こえるという特徴もあります。

一方、ブーンやボー、ゴーという低い音が聞こえる「低音性の耳鳴り」は、耳がつまったような感じをともなうという特徴があります。また、頭の中で音が鳴っているように感じるものを「頭鳴」といいます。

耳鳴りの原因は?両耳と片耳でも違う?

耳鳴りの原因も、症状によって異なります。

まず、自覚的耳鳴の原因ですが、突発性難聴やメニエール病などの病気のほか、加齢や騒音による難聴が引き起こすこともあります。また、高血圧やストレスといった、耳の障害以外の原因でも起こることがあります。

一方の他覚的耳鳴は、血流の障害で起こるのが一般的です。

そして、高音性の耳鳴りの原因は、内耳の障害であることがほとんどです。その場合、内耳内にある有毛細胞という感覚細胞の中でも、高音域の音を感知する部分に異常が生じることが原因です。

具体的には、老人性難聴や騒音性難聴のひとに起こることが多いです。

一方の低音性耳鳴りは、中耳の異常が原因のことが多いです。中耳炎やメニエール病が原因のことが多いですが、中には精神疾患やストレスがきっかけで発症することがあります。また、気圧の変化が引き掛けになることもあります。

このほかにも耳の中でガサガサという音が聞こえることがありますが、これは耳の中に異物が入ったケースがほとんどです。髪の毛や耳垢が鼓膜に触れることで、耳鳴りのような音が聞こえます。

またパタパタ、あるいはポコポコという音を感じたときには、耳管狭窄症あるいは耳管開放症の可能性があります。

合わせて鼓膜張筋がけいれんすることで、耳鳴りが聞こえることもあります。ドクンドクンやドクッドクッという耳鳴りが聞こえたときには中耳炎や耳管狭窄症により鼓膜の奥の気圧低下がみられるもので、自分の脈の音と耳鳴りの音が一致します。

そのほかにも血管性疾患あるいは強度の貧血によって起こることもあります。

片耳で耳鳴りが聞こえる病気には、突発性難聴やメニエール病、聴神経腫瘍があげられます。両耳で耳鳴りが聞こえる耳鳴りには、老人性難聴や騒音性難聴があげられます。

耳鳴りの治療方法は?

では耳鳴りが起こったとき、どんな治療を行うのでしょうか。主な治療方法に、「薬物療法」「音響療法」「心理療法」があります。

薬物療法では、血管潤滑剤や代謝賦活剤、抗うつ剤が処方され、それを服用します。また耳鳴りのほかに不眠傾向があるときには、睡眠導入剤なども一緒に服用することがあります。

さらに頸部や肩部に強い緊張やコリがあるときには、筋弛緩剤が処方されることもあります。

音響療法では補聴器を装用することで、聴力の回復をはかります。また人工的な音を出すことで耳鳴りの音をまぎらわせ、耳鳴りの音を相対的に感じにくくすることもあります。

心理療法としては、心身両面をリラックスさせる状態をつくれるようにするための「自律訓練法」や、耳鳴りに対する不安を緩和するための「カウンセリング」が行われます。

こうした治療は単独で行われることも、複数を併用することもあります。

悪化させる前に病院を受診しよう!

耳鳴りは、その音の高さや片耳あるいは両耳から聞こえるか否かで、ある程度原因を予測することはできます。

ですが専門的な検査を行わなければ原因が特定できない病気も多いですし、病気によって受診する診療科も変わります。耳鳴りを慢性化させないためにも、まず耳鼻咽喉科を受診して、原因を特定しましょう

特に耳鳴りのほかに発熱を伴う場合には内科を、不安感やストレスがある場合には心療内科を受診するのがおすすめです。悪化する前に、治療を始めましょう。

        
        

  関連記事

乾燥すると喉の痛みがあるひと必見!マスクの効果について

乾燥する季節になると喉に痛みを感じるひとが増えるはずです。そして乾燥による喉の痛 …

パクチーとも呼ばれるコリアンダーが持つ効果・効能まとめ

好き嫌いが分かれるハーブ コリアンダーは魅力がたくさん! コリアンダーは地中海沿 …

マジョラムは栽培もしやすく効果・効能もたくさんのハーブ!

マジョラムは様々な用途に使えるハーブ!新陳代謝の促進にも。 マジョラムはヨーロッ …

二日酔いになりやすい時って?女性特有の原因を知っておこう

体調や心理状態で飲む量や飲み方を考えよう デート、女子会やコンパ、会社のおつきあ …

白ごま油うがいで美しく健康に!やり方と効果は?

ごま油といえば独特な香りで食欲をそそりますよね。大好きで料理に活用しているという …

乾燥を防ぐためにいますぐ簡単にできる対処法とは?

秋冬の乾燥の時期はどうしてもお肌や喉がダメージを受けてしまいますよね。そんな乾燥 …

血管の若返りで若見え効果を狙う

血管年齢を若返らせることでできるいろいろ凄いアンチエイジング 最近、「血管年齢」 …

ユーカリはダイエットのサポートもしてくれる優秀な働きを持ったハーブ

かわいい葉はインテリアにも人気!ユーカリの働きや栽培について ユーカリといえばコ …

生理不順を放置すると早く老ける?! 周期が乱れる原因と対策について

生理不順を軽く考えてはいけない本当の理由! 最近、若い女性の生理不順が増えている …

おりものの量が多いのは病気?注意すべき状態を調査しました!

おりものの状態がおかしいかも…と悩んでいる方は量や色をチェックしましょう。 おり …