今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

発熱したときはどう対処すべき?大人と子どもとの違いとは?

人間の体温は周囲の温度と体内で産出される熱エネルギーにより、変化するものです。

そして成人の平熱は36.1度、子どもは36.4度が目安とされています。平熱を保つことで免疫力をキープでき、体内で微生物が活動できないように調整されています。

ですが、ときには発熱することもあります。しかし発熱がどういうしくみで起こっているのか、理解していないひとが案外多いようです。

そこで今回は、発熱とはどういう状態か、その原因と対処法、大人と子どもでの発熱の対処について、お話ししたいと思います。

発熱する原因って何?

発熱とは一般的に、37.5度以上の体温になった状態のことをいいます。そして37~37.9度を微熱、38~38.9度を中等熱、39度以上を高熱と分類します。

発熱が起こるときには、何らかの原因で平熱を保つ体温調節中枢が異常をきたしています。人間の身体は発熱によって体温を上げることにより、免疫が体内に侵入した病原菌を殺します。

また発熱は身体を守ろうとするために起こっており、病気を治すうえで必要なプロセスとして正常な働きです。

発熱が起こる原因のほとんどが、ウィルスや細菌への感染です。侵入したウィルスや細菌が体内で増殖するのを防ぐために発熱で異物を排除しようとする防除反応が起こります。

ウィルスや細菌が体内に侵入すると、白血球やマクロファージという免疫活性食細胞が活発化します。この免疫活性食細胞が、発熱の原因となるサイトカインという物質をつくります。

サイトカインは脳内に入ることのできない細胞なので、プロスタグランジンという情報伝達物質を産生し、脳の視床下部に働きかけることでウィルスや細菌と戦うために、体温を上げる指示を出します。

発熱で白血球の働きを高めつつ、比較的低温を好むウィルスや細菌の増殖を妨げるうえでも、発熱で体温を上げるのは大切なのです。

このほかにも発熱が起こる原因があります。それは悪性腫瘍によるものです。白血病やリンパ腫などの悪性腫瘍を発症すると、発熱することが多いです。

またリウマチや悪性貧血、自己免疫疾患にかかること、薬や輸血の副作用、アレルギー疾患なども発熱の原因となります。そして心理的なストレスに対応するため、交感神経が優位になることでも発熱が起こることがあります。

発熱したときの対処法は?

ウィルスや細菌に感染して発熱が起こっているときには、状態に合わせて、対処法を変えるのがおすすめです。

熱の出始めは顔色が悪く、寒気があり、手足を触ると冷たくなりますが、このときにはウィルスや細菌の増殖を抑えるための身体の熱が足りず、筋肉を震わせて体温を上げている最中です。

この段階では解熱鎮痛剤は使わず、身体を温めるために布団や毛布にくるまるなど、保温に努めましょう。ただし、電気毛布を使うと、熱が上がりすぎることがあるので注意が必要です。

熱が上がりきると、顔に赤みがさし、手足が温かくなります。これは余計な熱を放出するためで、病気の間続く症状です。その場合は寒気を感じない程度に衣類を薄くし、頭を冷やしましょう。自然に熱が下がるまでは、解熱鎮痛剤を使い過ぎないのがポイントです。

朝には熱が下がるのに、夕方になると上がる場合には、細菌感染が疑われるので、病院での治療が必要です。

高熱でも元気がある、あるいは安静に寝ていられるときには、解熱鎮痛剤は使わない方がよいでしょう。というのも、解熱鎮痛剤は熱を下げる対症療法でしかなく、ウィルスや細菌を退治する力はないからです。発熱したら、自然に下がるまで、安静に過ごすのが基本です。

夏風邪で高熱が出た場合の大人と子どもの対処は違うの?

夏風邪をひくと症状が長引くことが多いですが、その原因はウィルス感染であることが多いです。

夏風邪のウィルスには、咽頭結膜炎(プール熱)や手足口病、ヘルパンギーナなどがあげられます。もし夏風邪をひいたときには、大人と子どもでは対処法が違います。

高熱が出た子どもの対処法

子どもの対処法としては、エアコンを使って部屋を適温に保つこと、水分をしっかり補給させること、喉の通りがよい食べやすい食事をさせることが基本です。

ただし、子どもは高熱が続くことで、けいれんや髄膜炎、脳炎を起こすこともあるので、保護者が常に異変がないかを観察する必要があります。

高熱が出た大人の対処法

大人の対処法ですが、部屋を適温にすることは共通しています。そして、薄着になり汗をかいて冷えるのを避ける工夫をします。

さらに、バランスのよい食事をすることを心がけます。喉の痛みがあっても、我慢して回復食を意識して食べるようにしましょう。合わせて、水分補給も意識してください。

水分と睡眠をしっかりとるのが基本

発熱しているときは水分だけでなく、塩分の摂取も大切です。そこで、経口補水液やスポーツドリンクを飲むようにしましょう

寒気がするときには温かい飲みもの、熱が上がり切ったら冷たいものにすると、飲みやすいはずです。炭水化物を意識して食べること、脂肪分や油分、乳製品など消化の悪いものは控えましょう。

そして、しっかり睡眠をとってください。また、発熱が3日以上続くときには、ウィルスや細菌への感染以外の原因が疑われます。すぐに病院で診察を受けましょう。

        
        

  関連記事

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

塩分過多によるむくみが気になる人はきゅきゅっと小町を試してみよう

体の中の巡りを良くしたいと思っているのであればきゅきゅっと小町が効果的です 出典 …

専業主婦も要注意!近年増加中の夏型過敏性肺炎とは

屋内に長くいるからこそかかりやすい「夏型過敏性肺炎」にご注意 夏になると咳が続く …

マットレスで不眠、腰痛が改善される?高反発マットレス「モットン」で快眠できる理由

寝返りに着目したマットレス「モットン」で快眠生活を手に入れよう ↓90日間のお試 …

汗には、良い汗と悪い汗がある!良い汗をかくためには?

悪い汗をかく原因と、その改善方法について ダイエットや美容に、また健康にもいいと …

四君子湯は胃腸や心を元気にする漢方薬としておすすめなの?

四君子湯(しくんしとう)は、胃腸の働きを整え元気を取り戻してくれる漢方薬です。 …

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは? 何となく顔色が悪く黄色っぽい、 …

長引くむくみ、しびれ、ふるえ、だるさ、もしかしたらそれ病気のサインかも?

慣れてしまうからこそこわい、ちょっとした変化を見過ごさないで! むくみ、ふるえ、 …

たんぽぽもタンデライオンというハーブ!効果・効能は?

タンデライオンは女性にうれしいハーブ!母乳の出を良くする働きも タンデライオンは …

大黄牡丹皮湯は女性特有のトラブルを改善するのに効果的!

大黄牡丹皮湯は便秘の改善や残尿感の改善にもオススメ 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタン …