今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

潤腸湯は腸を潤し便通を整える、おだやかな効果あり!

下剤と違ってクセにならない!腸内環境そのものを自然に改善

潤腸湯は中国で明の時代から使用されてきた記録が残っている漢方便秘薬で、その名前のとおり「腸を潤す」作用をもっています。

漢方において便秘は、便がたまって腸が熱を持つ現象とされており、便を排出すれば熱がとれ、腸の状態が整ってやわらかい便を作れると考えられています。

ドラッグストアなどで市販されている便秘薬を見てみると、刺激性下剤と呼ばれ、大腸を刺激して排便をうながすタイプのものが多くあります。そうした、いわゆる「下剤」は短期間で効果が出ます。

しかし、刺激性下剤は連用すると習慣性がつき、下剤なしでは排便が困難になるという欠点があります。さらには便秘を悪化させるおそれや、刺激から腸に痛みを伴うこともあります。

一方、潤腸湯は低下した腸機能そのものを向上させ、便通に徐々に働きかけていきます。腸内環境に穏やかに作用していくため、体がやや弱った病後や産後、また高齢者の便秘にも適しているといわれています。

潤腸湯の特長

潤腸湯は、コロコロとした硬い状態の便になってしまうタイプや、いきんでもなかなか便が押し出せないというタイプの便秘に効果的な漢方薬です。

それは、浸透圧によって大腸内に水分を集めることにより、腸内で固まってしまった便に水分を吸収させ、やわらかくする作用があるからです。

通り道が潤い、便がやわらかくなれば、自然と便通は改善するはずです。特に慢性的な便秘に悩んでいる人にはとても効果的とされています

潤腸湯は胃腸への血の流れも改善し、せん動運動を促進して、腸管の熱を取りのぞきます。下剤に比べて瀉下作用はやや弱いものの、便秘の原因の根本をも同時に治すことを目的とした漢方薬です。

また、血虚やお血の改善の効果があるので、産後・月経後など、血のめぐりの不足した状態の女性にも使用いただけます

味に苦味はない?飲みやすさは?

潤腸湯には甘味や苦味のほかに、えぐみがあります。においはセロリに似ていると感じる人が多いようです。

この独特のにおいや味が苦手な場合は、オブラートや服薬ゼリーなどを使用すると飲みやすいでしょう。

ただし、服薬ゼリーの場合、それ自体に味が付いていますので、組み合わせによって苦味が増したように感じられることもあるようです。

通常、エキス剤はお湯に溶かして飲むものです。そうすることでより成分の吸収が良くなります。

お茶やジュース、牛乳などで飲むと吸収しにくくなってしまうため、避けたほうが良いでしょう。

ただ、どうしても味をごまかしたいという場合には、ココアパウダーや抹茶、コーヒーなどを混ぜるのも一つの手です。

異様ににおいが強く感じられたりムカムカする場合には、副作用の可能性もありますので、服用を中止して医師に相談しましょう。

潤腸湯に入っている10種類の生薬

潤腸湯には次の生薬が配合されています。

大黄

腸を刺激し、せん動運動をうながしてお通じをよくします。漢方系の便秘薬のほとんどに配合されています。

麻子仁

硬い便をやわらかくし、スムーズな排便を促します。

杏仁

水分を保持し、膨満感を解消する効果があります。

桃仁

血行不良を改善します。月経不順の影響などによる、ホルモンバランスの乱れからくる便秘にも効果的です。

厚朴

おなかの膨満感を取り除いたり、腹痛を緩和させる効果をもっています。

当帰

血行不良や冷え性に効果があり、鎮痛効果ももっています。血行と自律神経には深い関わりがあり、便秘の原因を解消してくれる生薬です。

黄ごん

不調を改善してくれる作用があります。腸機能の改善に効果があります。

枳実

膨満感や腸の不調に効果的です。枳実おなかの膨満感を取り除く作用があり便秘からくる腹痛を解消する効果もあります。

甘草

痛みを緩和させる作用のある生薬の代表格です。数多くの漢方薬に含まれています。

これらの絶妙な組み合わせで、便通に効果を発揮するのです。

甘草配合の漢方との飲み合わせや、胃腸の弱い人の服用には注意しよう

潤腸湯をはじめ、漢方薬の約7割に配合されている甘草は、過剰摂取した場合には副作用を引き起こします。

甘草はグリチルリチンを主成分とする生薬で、食品添加物として、しょう油、味噌などの調味料のほか、さまざまな加工食品にも使われているので、気付かないうちに重複して摂取している可能性があります

グリチルリチンが過剰になると、血清カリウムの低下と、血清ナトリウムの上昇があらわれます。これを偽アルドステロン症といいます。

カリウムの低下は脱力・筋肉痛・四肢けいれんや不整脈を引き起こし、ナトリウムの増加はむくみや血圧上昇をまねくので注意が必要です。

また、胃腸が弱りやすい人は、胃もたれ、胃痛、胃の不快感、腹痛、吐き気などを引き起こす場合があるので注意が必要です。

特に服用量が多いと、効果が強すぎて下痢を引き起こす場合があります。そのような症状があらわれたらすぐに服用を控えましょう。

副作用がおさまらないなど異常が出たときは、すみやかに医療機関に相談しましょう。

西洋医学よりも穏やかなイメージの漢方薬ですが、慎重に取り入れてくださいね。

        
        

  関連記事

骨盤の歪みを直してウエストすっきり!骨盤矯正ベルトの効果や種類とは?

自分のぴったりの骨盤矯正ベルトでウエストやお尻を引き締めよう 度々話題になる骨盤 …

ルッコラとも呼ばれるロケットはどんなハーブ?育てやすくて初心者向け!

ロケットは強い抗酸化作用があり美肌効果も高い!貧血予防にも。 ロケットというとあ …

口コミで話題!「だいにち堂 発酵黒にんにく酢卵黄」で活力ある毎日を取り戻そう!

忙しいのに、休めない…大人のジレンマ解消に!「だいにち堂 発酵黒にんにく酢卵黄」 …

「食べる輸血」と呼ばれるほど栄養豊富!ビーツってどんな野菜?

栄養豊富な野菜を取り入れたいならビーツがおすすめ!食べ方は? 健康に良いとして近 …

ディルは安眠作用の他にもしゃっくりを止める作用も!辛いお腹の張りにも効果的

たくさんの効果・効能を持つハーブ!ディルの特徴は? ディルは地中海沿岸や西アジア …

柴胡加竜骨牡蛎湯は精神的なことが原因で発生するトラブルに効果的!

不眠改善や緊張緩和にもおすすめな漢方薬 柴胡加竜骨牡蛎湯 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイ …

【旬の食材で美力UP】8月は栄養と水分たっぷりな食材を選んで夏バテ知らず!

体の余計な熱をとることが夏の健康につながります 暑い日が続くと食欲もなくなってし …

【旬の野菜と果物で健康に】9月は夏の間の疲労回復が大切!サトイモや栗を取り入れて栄養補給

9月はまだまだ残暑が厳しく、夏バテを起こしやすい時期です。また、季節の変わり目で …

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増 …

ダイエットにも役立つ大柴胡湯について紹介!代謝を助ける漢方薬!

肥満症の人にもチェックしてほしい漢方薬 大柴胡湯とは? 大柴胡湯(ダイサイコトウ …