今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

芍薬甘草湯はこむら返りでつらい時に試してほしい!筋肉の急なけいれんによる痛みに効く

ギックリ腰に処方されることもある、筋肉のけいれんによる痛みの専門薬

こむら返りやギックリ腰……これらの痛みが長引くと、身動きもとれず大変つらいですよね。

血液は循環することで全身に栄養をめぐらせています。しかし、無理な姿勢や急な運動などにより一時的に血液中の水分が薄れてしまうことがあります。これを漢方では「血(けつ)」が不足した状態と考えます。

たとえば寝ている時には、心臓から遠い足には血液が送られるまでに時間がかかり、血流不足におちいりやすくなります。こむら返りやギックリ腰は、そういったときに起こると考えられています。

それらの耐えがたい筋肉の痛み・ひきつりを緩和してくれるのが芍薬甘草湯です。

上記のほかにも、胃痛・腹痛、月経痛などにも頓服として用いられることがあります。また、肝硬変や、透析中、抗がん剤治療中などの筋肉や神経の痛みに対して処方されることもあるようです。

芍薬甘草湯の特長

芍薬甘草湯の最大の特徴は、骨格筋や平滑筋のけいれんや収縮を抑えてくれることです。つまり、筋肉の収縮に働きかけて、つらい痛みを軽減する作用があります。

筋肉の収縮が起こると、筋肉組織にカルシウムイオンが入り込み、逆にカリウムイオンが流出してしまいます。この二つのイオン差で筋肉内のイオンバランスが崩れて筋肉が過剰収縮します。

芍薬甘草湯には、そのイオンバランスを正常にする働きがあります。また、血を増やし、体内の器官を正常化させ、つっぱりやこわばりを緩和していくとされます。

芍薬甘草湯は即効性があるため、急な痛みが生じた時に頓服として服用すると改善が期待できます。こむら返りの症状は、下半身のエネルギーが衰えているときに出やすいため、生薬に含まれる滋養強壮の効果も症状改善に役立ちます

味は?飲みやすさはどんな感じなの?

一般的に、甘草由来の甘みを感じる方が多いようです。苦みが少ないため、比較的飲みやすい部類といえるでしょう。

よくエキス剤が処方されますが、もしも顆粒や粉末状の薬が苦手な場合は、オブラートや服薬用ゼリーを用いるのも手です。

食前または食間での服用が推奨されていますが、芍薬甘草湯には即効性があるので、耐えがたい痛みが生じたときの頓服薬として使うこともできます

芍薬甘草湯に配合された生薬・全2種

芍薬甘草等にはその名のとおりの2種類の生薬が含まれています。多いときには10を超える生薬が配合されることもある漢方薬のなかでは、非常にシンプルといえます。

  • 芍薬…血に滋養を与え、肝臓の気を鎮めます。また、「血(けつ)」を活性化する働きがあります。
  • 甘草…抗炎症作用、解毒作用、消化吸収力を高める、肝機能向上などに効果があります。

この二つの相乗効果で血のめぐりを良くし、足のつりやこむら返り、ギックリ腰の症状緩和に作用します

芍薬に含まれているペオニフロリン、甘草に含まれているグリチルリチン酸などの成分により、筋弛緩作用も期待できます。

長期の服用は避けて、痛みがある時にだけ使おう。他の漢方薬との飲み合わせにも注意

芍薬甘草湯はこむらがえりなど、足のつりといった痛みの症状が出ている時に効果を発揮します。そのため予防薬としての服用はお勧めできません。

芍薬甘草湯に多量に含まれる甘草には、過剰摂取により、おもに高血圧や低カリウム血症を引き起こす「偽アルドステロン症」という副作用が確認されています。症状として、血圧の上昇、むくみ、手足のしびれ、つっぱり感や体重の増加などが見られます。

甘草はほかの多くの漢方薬、または西洋医学の薬、栄養剤などにも一般的に使われている成分なので、それらと飲み合わせる際には注意が必要です。また、症状がよく起こる方の長期にわたる連用もあまりお勧めできません。

就寝前や、夏の暑い時期の急な運動前など足がつりがちな場面には、水分補給・栄養補給を十分に行うことがポイントです。5~6回以上服用しても症状が続くとき、または異常を感じたときは、すみやかに専門医に相談しましょう。

あくまでも自力で「血(けつ)」の働きをよくするように心がけるのが理想です。

        
        

  関連記事

尿漏れに悩んでいるなら手軽にできる膣トレが効果的!

膣トレをすることによって尿漏れが改善できます。やり方は? 尿漏れと言えば、加齢に …

美人がハマる”H”とは!?

美人に欠かせないと話題になっている“H”。 一瞬どきっとしてしまうけれど、実はそ …

キャットニップは寝付きが悪い時にも!他にはどのような効果が?

眠りが浅い、なかなか眠れない人におすすめのキャットニップ! キャットニップは和名 …

アンチエイジングの敵、老化の原因『活性酸素』とは?

老化を引き起こす活性酸素を大量に発生させるものとは? アンチエイジング美容でおな …

そのほくろ、大丈夫?知っておきたいほくろと病気の関係

ほくろと病気の関係性~急な変化が現れたら要注意! 魅力的に見えるものもある一方、 …

シソもハーブの一種!育てやすく効果・効能も魅力!

シソは健康維持や美肌作りに役立つ優秀なハーブ! シソは日本でも薬味などとして非常 …

不足しがちな肉、魚の栄養素をユーグレナで補う!「ミドリムシナチュラルリッチ」のおすすめポイント

人気のミドリムシサプリを格安で試す方法とは? テレビや雑誌でも度々取り上げられる …

大豆イソフラボンが有害!?豆乳の飲みすぎは健康に悪いのは本当?

女性ホルモンに良い大豆イソフラボンの正しい摂取量とは? ダイエットや美肌など色々 …

美容と健康の秘密兵器、ゴーヤを美味しく食べる方法

美白、美肌から抗がん作用まで、すごいゴーヤ・パワー! 沖縄はガンや糖尿病、心臓疾 …

ラムズイヤーは子羊の耳のような見た目がかわいい!栽培方法は難しい?

観賞用のハーブを探している人にオススメ!ラムズイヤーについて ラムズイヤーはトル …