今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

芎帰膠艾湯は女性の止血薬!冷え性や月経過多に効果あり

女性に効く漢方の一つ芎帰膠艾湯。主に出血を抑えるために用いられます。

女性の生理と深く関わる芎帰膠艾湯

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)は、「血止めの漢方」とも言われています。血止めというと、擦り傷・切り傷などの傷薬を思い浮かべますが、実は女性の出血に関係する漢方なのです。その例として、生理や産後の出血などがあげられます。

また虚弱体質や貧血、体の下部に出血がある方に適しています。効能は痔出血を中心に、月経過多、不正性器出血、血尿、下血、またはそれらに伴う貧血症状を改善します。その他にも体を温める性質があるので、冷え性の方にも処方されています。

芎帰膠艾湯は、おへそから下の部分に栄養を補充し、粘膜の抵抗力を高め、出血を抑える効果があるとされています。

主に肛門の粘膜に効果があるということで、保険適用となるのは「痔出血」のみとされています。

また子宮や卵巣に栄養が足りてない状態の不妊にも効果があるといわれ、不妊薬としても処方されています。

芎帰膠艾湯の特徴

芎帰膠艾湯の名前は、主薬である川芎・当帰・阿膠・艾葉から一文字ずつ取って名付けられました。

生薬構成としては、補血剤の代表である四物湯(しもつとう)に艾葉・阿膠・甘草が追加されたものです。阿膠と艾葉はともに止血効果があります。そのため芎帰膠艾湯は出血による貧血状態に血液を補いながら、同時に止血する働きをします。

このように構成されている方剤のため、子宮内膜症や子宮筋腫における出血やそれに伴う重度の貧血にも対応でき、女性にとってとても心強い漢方薬なのです。

また芎帰膠艾湯は「安産の薬」でもあり、安胎薬として妊娠時にもよく用いられます。妊娠中の切迫流産や切迫早産の際に、芎帰膠艾湯はリスクを軽減するためにも処方されているのです。

そして阿膠・艾葉の止血作用と粘膜の傷を治す作用で出血を止め、血を補いながら妊娠状態を安定させ、流産を予防します。

味・飲みやすさ

味は多少の甘味と特異な苦味があるのが特徴です。また処方される漢方は粉末状のことが多いため、独特の苦みで飲み込めない方も多いようです。

粉末状になっている漢方の効果的な飲み方は、少量の白湯で溶いて飲む方法です。この方法は苦味の軽減になりませんが、白湯に溶かすことで成分が効率よく体の中に吸収されます。苦味も漢方の力と感じながら、ゆっくり飲んでみてください。

服用タイミングは食前(食事の30分前)又は食間(食後2時間後)の空腹時に服用してください。

胃がむかついて飲みにくい時は、冷やして服用することで苦味やにおいが抑えられます。その他にもオブラートや専用のゼリーなどを使用するのもおすすめです。

病院では煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的ですが、飲みやすい錠剤も市販されています。

芎帰膠艾湯の7つの生薬

芎帰膠艾湯は、下記の7種類の生薬からなります。

地黄(ジオウ)

ゴマノハグサ科アカヤジオウの根です。血を補って滋養する効果があります。

芍薬(シャクヤク)

ボタン科シャクヤクの根です。血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。補血作用があります。

当帰(トウキ)

セリ科トウキの根です。血の循環を活性化する作用があります。痛みを止める作用があります。補血作用があります。

川芎(センキュウ)

セリ科センキュウの根茎です。血液循環をよくし体を温め、痛みを止める作用があります。補血作用があります。

艾葉(ガイヨウ)

キク科ヨモギの葉です。体を温めて、止血する作用があります。

阿膠(アキョウ)

ウマ科ロバの皮、骨などから取れる膠(ゼラチン)です。血を補う作用と、止血作用があります。

甘草(カンゾウ)

マメ科の甘草の根や根茎です。胃腸を助けて、緊張を緩める働きがあります。他の生薬を調和する作用があります。

生薬による胃腸障害に注意

芎帰膠艾湯は胃腸が弱い方が使用すると、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢などの症状が起こることがあります。

また配合生薬の甘草を大量に摂取すると「偽性アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があるので注意が必要です。

尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、などの症状があらわれたら、使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください

その他にも、副作用として発疹・発赤・かゆみなどがあります。上記以外でも「いつもと違う。おかしいな。」と感じたときは、早めに受診してください。

また甘草にはいろいろなものを調和する作用があり、医療用漢方の処方に100種類ほど使われています。仁丹などの医療部外品や健康食品にも含まれていることがあります。そのため長期に服用する場合、併用服用には注意が必要です。

上記でご紹介したように、体質によっては注意すべき場合もあります。しかし適切な処方で用法容量を守って服用すれば、重い副作用などのリスクは非常に少ないでしょう。

まずは安心して続けるためにも、正しく服用を心掛けましょう。

        
        

  関連記事

猛暑を乗り切れ!熱中症対策を万全に整えて毎日元気に過ごすための秘訣とは?

いざというとき役立つ熱中症対策 暑さ厳しい季節になると、熱中症で病院に搬送される …

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

美人がハマる”H”とは!?

美人に欠かせないと話題になっている“H”。 一瞬どきっとしてしまうけれど、実はそ …

ラベンダーは不眠症から虫除け効果など幅広い効果が!取り入れる際の注意点とは?

たくさんの働きを持ったラベンダーはハーブの代表的存在! ラベンダーはハーブに詳し …

越婢加朮湯は関節の熱や腫れ改善に効果的な漢方薬!関節リウマチにも

漢方薬 越婢加朮湯の効果や効能、取り入れる際の注意点は? 越婢加朮湯(エッピカジ …

唾液の分泌と歯石のつきやすさには関係がある?歯石対策を紹介!

歯石といえば読んで字のごとく歯の表面や歯と歯の間にできる石のような塊のことで、歯 …

有名な漢方薬といえば、やっぱり葛根湯!飲み方や効果について改めて知っておこう

風邪に効果があるとして有名な葛根湯。その飲み方や様々な効果について改めてご紹介し …

体型、不安、疲れ…自分の体に気を使い始めた3つの瞬間

年齢による体の変化を感じたらエイジングケアを始めよう 若い時はメイクやファッショ …

片頭痛はなぜ起こる?未然に防ぐ方法はないの?

片頭痛が起こりやすい習慣を止めよう! 頭痛持ちの女性は、案外身近にいるものです。 …

実は超万能!玄米茶の持つ見逃せない美容・健康効果5つ

ダイエットや生活習慣病予防にもおすすめの玄米茶の効果とは? スーパーなど身近なお …