今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

芎帰膠艾湯は女性の止血薬!冷え性や月経過多に効果あり

女性に効く漢方の一つ芎帰膠艾湯。主に出血を抑えるために用いられます。

女性の生理と深く関わる芎帰膠艾湯

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)は、「血止めの漢方」とも言われています。血止めというと、擦り傷・切り傷などの傷薬を思い浮かべますが、実は女性の出血に関係する漢方なのです。その例として、生理や産後の出血などがあげられます。

また虚弱体質や貧血、体の下部に出血がある方に適しています。効能は痔出血を中心に、月経過多、不正性器出血、血尿、下血、またはそれらに伴う貧血症状を改善します。その他にも体を温める性質があるので、冷え性の方にも処方されています。

芎帰膠艾湯は、おへそから下の部分に栄養を補充し、粘膜の抵抗力を高め、出血を抑える効果があるとされています。

主に肛門の粘膜に効果があるということで、保険適用となるのは「痔出血」のみとされています。

また子宮や卵巣に栄養が足りてない状態の不妊にも効果があるといわれ、不妊薬としても処方されています。

芎帰膠艾湯の特徴

芎帰膠艾湯の名前は、主薬である川芎・当帰・阿膠・艾葉から一文字ずつ取って名付けられました。

生薬構成としては、補血剤の代表である四物湯(しもつとう)に艾葉・阿膠・甘草が追加されたものです。阿膠と艾葉はともに止血効果があります。そのため芎帰膠艾湯は出血による貧血状態に血液を補いながら、同時に止血する働きをします。

このように構成されている方剤のため、子宮内膜症や子宮筋腫における出血やそれに伴う重度の貧血にも対応でき、女性にとってとても心強い漢方薬なのです。

また芎帰膠艾湯は「安産の薬」でもあり、安胎薬として妊娠時にもよく用いられます。妊娠中の切迫流産や切迫早産の際に、芎帰膠艾湯はリスクを軽減するためにも処方されているのです。

そして阿膠・艾葉の止血作用と粘膜の傷を治す作用で出血を止め、血を補いながら妊娠状態を安定させ、流産を予防します。

味・飲みやすさ

味は多少の甘味と特異な苦味があるのが特徴です。また処方される漢方は粉末状のことが多いため、独特の苦みで飲み込めない方も多いようです。

粉末状になっている漢方の効果的な飲み方は、少量の白湯で溶いて飲む方法です。この方法は苦味の軽減になりませんが、白湯に溶かすことで成分が効率よく体の中に吸収されます。苦味も漢方の力と感じながら、ゆっくり飲んでみてください。

服用タイミングは食前(食事の30分前)又は食間(食後2時間後)の空腹時に服用してください。

胃がむかついて飲みにくい時は、冷やして服用することで苦味やにおいが抑えられます。その他にもオブラートや専用のゼリーなどを使用するのもおすすめです。

病院では煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的ですが、飲みやすい錠剤も市販されています。

芎帰膠艾湯の7つの生薬

芎帰膠艾湯は、下記の7種類の生薬からなります。

地黄(ジオウ)

ゴマノハグサ科アカヤジオウの根です。血を補って滋養する効果があります。

芍薬(シャクヤク)

ボタン科シャクヤクの根です。血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。補血作用があります。

当帰(トウキ)

セリ科トウキの根です。血の循環を活性化する作用があります。痛みを止める作用があります。補血作用があります。

川芎(センキュウ)

セリ科センキュウの根茎です。血液循環をよくし体を温め、痛みを止める作用があります。補血作用があります。

艾葉(ガイヨウ)

キク科ヨモギの葉です。体を温めて、止血する作用があります。

阿膠(アキョウ)

ウマ科ロバの皮、骨などから取れる膠(ゼラチン)です。血を補う作用と、止血作用があります。

甘草(カンゾウ)

マメ科の甘草の根や根茎です。胃腸を助けて、緊張を緩める働きがあります。他の生薬を調和する作用があります。

生薬による胃腸障害に注意

芎帰膠艾湯は胃腸が弱い方が使用すると、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢などの症状が起こることがあります。

また配合生薬の甘草を大量に摂取すると「偽性アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があるので注意が必要です。

尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、などの症状があらわれたら、使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください

その他にも、副作用として発疹・発赤・かゆみなどがあります。上記以外でも「いつもと違う。おかしいな。」と感じたときは、早めに受診してください。

また甘草にはいろいろなものを調和する作用があり、医療用漢方の処方に100種類ほど使われています。仁丹などの医療部外品や健康食品にも含まれていることがあります。そのため長期に服用する場合、併用服用には注意が必要です。

上記でご紹介したように、体質によっては注意すべき場合もあります。しかし適切な処方で用法容量を守って服用すれば、重い副作用などのリスクは非常に少ないでしょう。

まずは安心して続けるためにも、正しく服用を心掛けましょう。

        
        

  関連記事

風邪のひき始め、不調を長引かせない対処法4つ!

お薬より効く!?風邪の初期症状に試してほしい対処法を紹介します。 「明日は絶対に …

時短でも簡単にできちゃう!塩レモンの作り方・おいしいレシピを紹介します

おいしくて美容にも健康にも効果的! 簡単に作れるのに何にでも使えちゃうと噂の塩レ …

ルーは殺虫、殺菌作用が強くハエよけ、ネコよけにも効果的!

ネコヨラズとしても知られるハーブ ルーの効果や効能を紹介 ルーとは南ヨーロッパを …

白ごま油うがいで美しく健康に!やり方と効果は?

ごま油といえば独特な香りで食欲をそそりますよね。大好きで料理に活用しているという …

梅干しがアンチエイジングに効く!効果的な取り入れ方をチェック

梅干しといえば日本人にとってとてもなじみの深い食材です。お弁当やおにぎりなど、様 …

半夏厚朴湯で精神的に不安を抑える!喉の異物感の改善にも◎

神経性症状やつわりの改善にも効果的な半夏厚朴湯について紹介! 半夏瀉心湯(ハンゲ …

早起きが美女のもと!毎日を充実させるメリットを紹介!

早起きがもたらす5つのメリット、早起きしたら身に付けたいルーティン、また、早く起 …

「あれそれ」が多くなった…それは脳の老化の第一歩かも?

筋肉と同じく脳も使わないと低下する 30歳くらいを過ぎたころから、人物の顔や物は …

その乾燥、食生活が原因かも?食事でできる乾燥対策

冬場に急増する全身乾燥トラブルを、食事で防ごう! 寒くなってくると乾燥肌が気にな …

ナスタチウムは花、葉、根まで使えるハーブ!効果もたくさん

利尿作用や美肌効果、便秘改善にもおすすめのナスタチウム ナスタチウムは南アメリカ …