今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

柴胡清肝湯はアレルギー全般に効果があり?その特徴とは?

柴胡清肝湯は、炎症を和らげながら神経の高ぶりも鎮めて心と体を穏やかにします。

柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)は、即効性と体質改善の両面あり

柴胡清肝湯は主にアトピー性皮膚炎に用いられますが、アレルギー性鼻炎・慢性じんましん・気管支喘息・食物アレルギーなどアレルギー全般に使われます。

またアレルギー体質で湿疹が出やすい人の改善にも用いられているので、予防のために飲んでおくという使い方もできるでしょう。

扁桃腺が腫れて鋭い喉の痛みがあるときにも即効性があり、頭痛や熱っぽいなど風邪の症状にも効果を発揮します。普段から柴胡清肝湯を服用していると風邪を引きにくくなるという効果は漢方医学的に広く知られています。

神経症にも有効性があるので、ストレスで悪化するアトピー性皮膚炎にもぴったりな漢方薬です。高ぶる神経を落ち着かせる効果により神経質で情緒不安定など、不眠症で悩んでいる方にもお勧めです。

またニキビの治療薬としてもよく使われます。特に背中や胸全体にできる小さいブツブツとしたニキビにとても有効です。炎症を抑えて皮膚の免疫力を高めてニキビのできにくい肌にするという根本的治療をしてくれます。

柴胡清肝湯の特徴

柴胡清肝湯は、柴胡(さいこ)を主薬として肝の過剰な熱を清ますという意味で名付けられました。配合されている生薬は15種類と数が多いですが、それぞれの薬量配分は少ないので、穏やかな処方になっています。

また血を補って貧血状態を改善する「四物湯」の処方と、体の熱や炎症を取る「黄連解毒湯」の処方を合わせた方剤をベースに、発散・排膿・抗ストレス作用が加わり非常に複雑な方剤となっています。

そのため多数のアレルゲン反応があり、鼻炎+結膜炎+喘息+じんましん+アトピー性皮膚炎+食物アレルギーといった多重の症状で悩んでいる方は特に、効果が高くなるでしょう

ただし柴胡清肝湯は広く浅く、時には劇的に効くという薬なので軽症の人には効果的ですが、重症の人への作用はあまり期待できないでしょう。

アトピーに対して抗炎症作用はほとんどありませんが、かゆみは1週間の服用でほとんどの人に効果ありと報告されています。そのため軽症の人で、夜間にかゆくて眠れない人にはおすすめです。

柴胡清肝湯の味と飲み方

柴胡清肝湯は苦味と特徴的な臭いがあるので、飲みにくい漢方でしょう。そのうえ医療用には錠剤型がなく、粉薬となります。

しかし柴胡清肝湯の効果を高めるためには、飲みづらさを感じる場合でも、お湯に溶かして服用することをおすすめします

また風邪や扁桃腺など「喉の腫れ」に服用する場合は、オブラートに包んでしまうと患部に触れないまま喉を通り過ぎてしまうため、薬効が十分発揮できません。

以上の場合はオブラートには包まず、お湯で溶かしたものをそのまま喉に絡ませるよう、うがいをしながら飲むことをおすすめします。

また柴胡清肝湯は、胃に何も入っていない空腹時の食前30分、または食後2時間後に服用するのが一番効果的です。もし飲み忘れてしまっても、思い出したとき飲んでください。多少効力が落ちても大丈夫です。

最近では服用時間を教えてくれたり薬のスケジュールを管理できる無料のスマホアプリもあるので利用してはいかがでしょうか。

柴胡清肝湯の15種の生薬

柴胡清肝湯を構成する生薬は次の15種類です。

柴胡(サイコ)

セリ科ミシマサイコの根です。炎症を抑え、ストレスを解除します。

黄芩(おうごん)

シソ科コガネバナの根です。解熱作用とイライラや炎症を抑える作用があります。

黄柏(おうばく)

ミカン科キハダの樹皮です。解熱作用と炎症を抑える作用があります。

黄連(おうれん)

キンポウゲ科セリバオウレンの根茎です。解熱作用とイライラと炎症を抑える作用があります。

カ楼根(カロコン)

ウリ科キカラスウリなどの根です。整腸作用と乾燥を潤す作用があります。

桔梗(キキョウ)

キキョウ科キキョウの根です。痰や咳を鎮めて、膿を出し腫れを抑える作用があります。

山梔子(さんしし)

アカネ科のコリンクチナシの果実です。解熱作用とイライラを抑える作用があります。

地黄(ジオウ)

ゴマノハグサ科アカヤジオウの根です。解熱作用と血液循環を促進する作用があります。

芍薬(しゃくやく)

ボタン科シャクヤクの根です。解熱・鎮痛作用と血液循環を促進する作用があります。

川芎(せんきゅう)

セリ科センキュウの根茎です。鎮痛作用と血液循環を促進する作用があります。

当帰(とうき)

セリ科トウキの根です。補血作用と鎮痛作用、血液循環を促進する作用があります。

薄荷(はっか)

シソ科ハッカの葉です。解熱作用とストレスを緩和する作用があります。

連翹(れんぎょう)

モクセイ科のレンギョウの果実です。解熱作用と炎症を抑えて腫れをひかせる作用があります。

牛蒡子(ゴボウシ)

キク科ゴボウの果実です。解熱作用とのどの痛み・痰・咳を止める作用があります。

甘草(カンゾウ)

豆科のカンゾウの根や根茎です。疼痛緩和や緊張を和らげる作用があります。

柴胡清肝湯の配合生薬による副作用

柴胡清肝湯に含まれている生薬の地黄(ジオウ)によって、胃腸が弱い人は食欲不振・下痢などの胃腸障害を起こすことがあるので慎重に用いてください。

また、その他の漢方との併用により、配合生薬の甘草が重なり合って過剰摂取になると、むくみや血圧上昇の「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状が出ることがあります。

漢方製剤には甘草を含むものが約7割もあり、重複しやすいので注意が必要です。もし症状に気づいたときは、すぐに服用を中止して処方医に相談してください。

その他の副作用として、食欲不振・吐き気・胃部不快感やもたれ感などもよおすことがあります。次第に慣れることも多いですが、つらいときは医師や薬剤師に相談してください。

        
        

  関連記事

爪のツボを刺激して自律神経を整えよう!爪のマッサージのやり方

忙しい生活を送る現代人の多くが悩まされているのがストレスです。ストレスや自律神経 …

関節痛は血流の悪さが原因かも…血行不良改善におすすめの栄養素などを紹介!

血行不良が関節痛に繋がってしまう場合も。症状や対策をご紹介します。 関節痛が起き …

美肌になれる漢方がある!選び方と処方で行われる四診とは?

美肌作りの方法はたくさんあります。美容液や美容クリームを取り入れたり、美顔器を導 …

腰痛・肩こりが治ると評判!高反発マットレスのメリットとは?

高反発・低反発…、実際どっちが体にいいの? 一時期大ブームを巻き起こした、低反発 …

モゾモゾ体操が体液循環を促すと美容と健康にいいって本当?

モゾモゾ体操のやり方とメリットについて みなさんは、「モゾモゾ体操」という言葉を …

サンフラワーは食用&化粧品で人気!ダイエットサポートにも注目

ひまわりとしてお馴染みのサンフラワーは効能がたくさん! サンフラワーといえば、お …

早起きが美女のもと!毎日を充実させるメリットを紹介!

早起きがもたらす5つのメリット、早起きしたら身に付けたいルーティン、また、早く起 …

気になる二の腕のブツブツの原因は?改善する方法はないの?

夏になり薄着になると、二の腕のブツブツが気になる女性がたくさんいるはずです。では …

黄連解毒湯でのぼせ・ほてり改善!繰り返す口内炎対策にもおすすめ

更年期障害にも効果的な黄連解毒湯とはどんな漢方薬? 黄連解毒湯(オウレンゲドクト …

話題の「アンチエイジングドック」とは?内容や料金を解説

アンチエイジングドックはどんなことをするの?料金は? 皆さんは「アンチエイジング …