今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

二陳湯は吐き気を抑えて胃の調子を整える漢方薬!

二陳湯は、吐き気止めです。悪心・吐き気・嘔吐を抑えて体を楽にしてくれます。

二陳湯(ニチントウ)は、原因の分からない辛い吐き気にも効果あり

二陳湯は、原因不明の吐き気などに効果をもたらす漢方です。なんとなくむかむかして胃がスッキリしないというときにも、普段の「胃ぐすり」として利用することもできます。さらにめまいや動悸・頭痛を伴う吐き気にも効果があるといわれています。

また普段の生活習慣において暴飲暴食、過度な飲酒、運動不足などから胃腸の働きが弱ると、体の中の水分代謝が悪くなります。さらにストレスも加わり過剰な水分が体内に溜まるようになると、それが老廃物となっていろんな悪影響を及ぼします。

この状態を漢方では「痰湿」というのですが、二陳湯はそんなドロドロの老廃物をサラサラにして水分代謝を高め、過剰な水分を外に排泄する働きによって症状を改善させます。

上記のような効果により、大量の痰、痰の絡む咳、胸や腹部の張り、体の重だるさ、むくみ、回転性めまいなど痰湿が原因で起こるさまざまな症状に用いられます。

二陳湯の特徴

二陳湯の主薬は半夏と陳皮です。この二つは古いものほど良い生薬だとされています。そして「陳」は古いものという意味があり、二つの古いものの漢方という意味で『二陳湯』と名付けられました。

また二陳湯は上記で紹介した「痰湿」を排除する漢方として、有名な処方となっています。しかし実際には、他の方剤と合わせて用いられていることが多いため、二陳湯という名前はあまり耳にしません。

胃に滞っている余分な水分を除き、同時に胃の働きを高めて吐き気・嘔吐を抑えようとする単純な処方なので、他の漢方と合わせやすいのです。他の方剤と構成されている漢方薬は、胃腸薬の代表「六君子湯」や神経過敏に使われる「抑肝散加陳皮半夏」など、まだまだたくさんあります。

このように二陳湯は、単独で使われることが少ない処方ですが、漢方における重要な存在であることが分かります。

そして二陳湯は、つわりの特効薬として知られている「小半夏加茯苓湯」に、甘草と陳皮を加えた処方です。そのため痰湿によって起こる腹部の張りが強い人のつわりにも使用されます。

その他にも、陳皮の働きで食欲を増進させながら、むくみも改善してくれるでしょう。

二陳湯の味と飲み方

二陳湯は苦味と同時に、わずかに甘味も感じられます。独特の味で飲みにくいと思いますが、体がその成分を必要としている場合には、不思議と苦痛にはならないと言われます。

しかし服用時にどうしても胃がムカムカしたりするときは、処方が合ってないこともありますので医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

二陳湯は医療用としてエキス顆粒が一般的に使われますが、お湯に溶かして服用すると吸収が良くなりよい効果が期待できます。牛乳やお茶などで飲むと効力が弱くなることもあるので気をつけてください。

また吐き気がひどいときは、白湯に溶かしたものを冷蔵庫で冷やして服用すると飲みやすいでしょう。

食前(30分前)または食間(食後2時間を過ぎた頃)の空腹時に服用してください。もし飲み忘れてしまっても、気づいたときに飲むよう心がけましょう。しかし服用する間隔が短くなってしまうときは、次の服用まで飲まないでおきましょう。

また漢方薬の服用は空腹時が効果的とされていますが、胃腸の弱っている人は胃に負担をかけないように食後の服用をおすすめします。

二陳湯の5種類の生薬

二陳湯の配合生薬は次の5種類です。

半夏(ハンゲ)

サトイモ科カラスビシャクの塊茎です。痰や咳を鎮め、吐き気を抑える作用があります。神経の高ぶりを抑えます。

茯苓(ブクリョウ)

サルノコシカケ科マツホドの菌核です。利尿作用が高く、消化を整える作用があります。むくみ・食欲不振・消化不良・動悸・不眠などに用いられます。痰の生成を抑えます。

陳皮(チンピ)

ミカン科ウンシュウミカンの果皮です。消化を整え、咳や痰を鎮める作用があります。中枢神経を抑制する作用があります。

甘草(カンゾウ)

マメ科のカンゾウの根や根茎です。疼痛緩和と緊張を緩める働きがあります。鎮痛・鎮咳・鎮痙・去痰・解毒・抗炎症・抗ウイルスなど、さまざまな効能があります。

生姜(ショウキョウ)

ショウガ科ショウガの根茎です。芳香により胃腸の調子を整え、食欲を増進させます 。腹部を温め、新陳代謝機能を高める作用があります。咳を鎮め、吐き気を抑えます。

痰が出にくい人や空咳が出る人は服用に注意しよう!

二陳湯の生薬「甘草」は過剰摂取により、血圧の上昇・低カリウム血症・顔や手足のむくみなどの「偽アルドステロン症」と呼ばれる副作用のおこる可能性があります。

何か気になるような症状に気づいたらすぐに服用を止めて、担当の医師か薬剤師に相談してください。

また甘草は、他生薬の作用を調和させる働きと毒性を和らげる働きがあり、鎮痛・鎮咳・鎮痙・解毒などの効果もあります。そのため、さまざまな方剤に配合されており、ショ糖の150倍の甘さがあるため甘味料としてもいろいろな加工食品に使われています。

気づかないうちに多量に摂取している可能性もあるので注意が必要です。

二陳湯の服用を控えるべき人として、痰が出にくい人や乾いた咳が出る人です。二陳湯は水分を排除して症状を改善させる処方なので、もともとこのような水分の不足している陰虚の人が服用すると、症状を悪化させてしまう可能性があります。

その他の副作用として、胃の不快感・軽い吐き気・食欲不振などあります。アレルギー体質の人が用いると発疹・発赤・かゆみなどの症状が出ることがあります。このような症状が出た場合、処方医や薬剤師に相談してみましょう。

        
        

  関連記事

アンチエイジングに注目の新成分、アロエステロールがすごい!

お肌を若々しく保つために是非とも取り入れておきたい成分、アロエステロールをご紹介 …

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。 コエンザイムQ …

低体温症を侮ってはいけない!その原因と改善方法について知っておこう

手揉みで低体温症を改善しよう! みなさんは、自分の平熱を把握していますか?健康な …

歯ブラシは毛先で交換時期を見極めよう

交換時期がよくわからない歯ブラシ。実は毛先に注目すればはっきりわかるのです。意外 …

かわいい花も魅力のハーブ!ハーツイーズの栽培方法や注意点は?

ハーツイーズは咳止めや不眠症の改善、むくみの予防・解消にも! ハーツイーズとはヨ …

ローリエは月桂樹とも呼ばれれて料理で大活躍!その他の働きは?

ローリエには食欲増進効果やリラックス効果も!栽培方法もチェック ローリエは南ヨー …

関節痛は血流の悪さが原因かも…血行不良改善におすすめの栄養素などを紹介!

血行不良が関節痛に繋がってしまう場合も。症状や対策をご紹介します。 関節痛が起き …

熱中症は雨の日や曇りの日にもかかるって本当?原因と予防方法は?

雨の日や曇りの日にも熱中症にかかる理由を理解しよう! 夏が近づくと熱中症への注意 …

そのほくろ、大丈夫?知っておきたいほくろと病気の関係

ほくろと病気の関係性~急な変化が現れたら要注意! 魅力的に見えるものもある一方、 …

若返りのポイントは温活にあり!生活習慣を工夫して楽しく体を温めよう

女性には欠かせない冷え対策。 今大注目の「温活」をご存知ですか? 温活とはとにか …