今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

防風通聖散でダイエット中に悩みがちな便通を改善!むくみや肥満症にも効果を発揮

体力の充実している人のダイエットと便秘の改善をサポート!

みなさんの中には、これからダイエットをしたい。ダイエットはしているけれどなかなか効果が現れない。そう感じている方は多いのではないでしょうか?

お腹周りに脂肪が付くと腸の動きが鈍くなったり、ダイエット中は食事のバランスが崩れるなどして便秘になってしまう事もよくあります。そんな悩みを漢方が解消してくれるかもしれません。

その漢方の名前は「防風通聖散(ボウフウツウショウサン)」と言います。医療用としてお医者さんから処方されているだけでなく、一般に市販薬としても販売されているため、ドラッグストアでも購入することが出来ます。

防風通聖散のおすすめポイントは、体形が気になる方の中でも特にお腹周りに脂肪が付いていて、便秘気味の方に適した漢方であるというところです。

それでは、これより防風通聖散の特徴、味、飲みやすさ、飲み方、注意するべき点などについて順に紹介していきたいと思います。

防風通聖散の特長

防風通聖散はお腹周りが気になる人であれば、どんな人にでも合うという訳ではありません。漢方はその人の体質や病態を見極めた上で使用すると、効果を大いに発揮します。

病態を見極める物差しとしては虚実、寒熱、気血水がありますが、防風通聖散が適しているのは実証、熱、血が滞り、不足、水が滞っているタイプの人です。

いきなりで何のことかよく分からない方もいるかと思いますので、簡単に説明します。

寒熱の寒は冷え性、寒がり、基礎代謝の低下、熱は暑がり、顔が赤く火照る、喉が渇くなどです。気血水の気は元気や気力などの気、生命エネルギーのこと、血は血液の巡り、水は血液以外の体液全般を表します。

また、証は体格や体質などを分類したもので虚証、実証に分けられます。虚証の特徴はやせ形、抵抗力が弱い、疲れやすいなどで、反対に実証はがっちりした体形、抵抗力が強く、声が大きいなどです。これら3つが循環する事で健康を維持していると考えられます。

防風通聖散の添付文書を見ると次の様に記載されています。

体力が充実したいわゆる卒中体質者で、便秘し、腹は臍を中心に膨満して力のある、いわゆる太鼓腹の場合に用いる。(ツムラ防風通聖散エキス顆粒(医療用)添付文書より)

つまり、防風通聖散はポッコリお腹で便秘をしているが、体力がある人に向いた(しかし、体が弱い人には向いていない)漢方だという事が分かります。

味や飲みやすさ、飲み方はどうする?

漢方薬は基本的に水や白湯で飲みます。これは不純物の無いもので飲むことにより、吸収が良くなり効果が期待できるからです。

しかし、顆粒状の薬が飲みづらい、特異な香りや味によって飲みづらいと感じる人が多いのは事実です。そこで、漢方薬が苦手な方に向けて、飲みやすくするポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

まずは、お湯に溶かしてから飲むというもの。コップにお湯を入れて、漢方を溶かし、冷ましてから飲むと漢方を直接口に入れるよりも飲みやすくなります。溶かしたお湯に風味(抹茶やココアなどの粉末)を付けるのも良いです。

2つ目はオブラートに包んで飲む方法。そして3つ目は、薬服用補助のゼリーを利用する事です。

漢方薬は空腹時に飲むのが基本であり、食前(食事の30分前)や食間(食後2時間してから)に飲むのが好ましいです。これは空腹時の方が他の食べ物に邪魔されず吸収が良いからです。

防風通聖散に配合された18種類の生薬は?

防風通聖散は以下の18種類もの生薬から構成されています。
それぞれが持つ作用や効果がある症状と共に紹介していきます。

滑石(カッセキ)

軟滑石と硬滑石の2種類からなる生薬。利尿・消炎などに作用し、排尿障害や浮腫に用いられます。

黄ごん(オウゴン)

シソ科コバネバナの根を乾燥させたもの。消炎、解熱の作用があります。余分な熱を発散することで体調を整えるほか、水分の循環が改善されるため、便通も良くなります。

甘草(カンゾウ)

マメ科のカンゾウ属植物の根などを乾燥させた生薬です。体のバランスを整える解毒作用があります。

桔梗(キキョウ)

キキョウ科のキキョウの根を乾燥させたものです。便秘を改善する効果があります。

石膏(セッコウ)

天然の含水硫酸カルシウムが主成分となる鉱物です。利尿作用があるため、余分な水分が排出されやすくなります。

白朮(ビャクジュツ)

乾燥させたオオバナオケラやオケラの根が用いられています。こちらも利尿作用があり、浮腫の改善に役立ちます。

大黄(ダイオウ)

タデ科ダイオウの根茎を乾燥させたものです。お通じを良くする働きがあります。

荊芥(ケイガイ)

シソ科のケイガイの花穂を乾燥させたものです。腸内の水分不足を改善するため、便秘に効果があります。

山梔子(サンシシ)

アカネ科クチナシの果実を乾燥させたものを用いています。血流を良くする作用があり、浮腫にくい状態にする手助けとなります。

芍薬(シャクヤク)

シャクヤクのというボタン科の植物の根を乾燥したものです。血流を改善する効果があります。

当帰(トウキ)

セリ科のトウキ属植物の根を乾燥させた生薬です。水分の代謝が良くなるため、水太りの人に効果的です。また、冷え性の改善にもつながります。

薄荷(ハッカ)

シソ科のハッカを乾燥させたものです。 発汗・利尿作用があります。

川きゅう(センキュウ)

セリ科のセンキュウの根を湯通しした後に乾燥させたものです。血行を良くする働きがあります。

防風(ボウフウ)

ボウフウの根や根茎を乾燥したものを用いています。発汗作用があります。

麻黄(マオウ)

マオウ科マオウの茎を乾燥させたものです。葛根湯に含まれており、体内の水分を出す発汗作用があります

連翹(レンギョウ)

レンギョウやシナレンギョウというモクセイ科の果実を乾燥させた生薬です。利尿作用があります。

生姜(ショウキョウ)

ショウガ科ショウガの根茎です。体が温まるため、冷え性が改善されます。また、血行が良くなることで尿や汗の排出にもつながります。

芒硝(ボウショウ)

天然の含水硫酸マグネシウムや含水硫酸ナトリウムが成分です。腸内の水分量を増やすことで、便秘の症状が改善されます。

効能でグループ分けすると次のようになります。

  • 生姜、麻黄、荊芥は温め発汗効果。
  • 荊芥、防風、川きゅうは痛みや痒みを止める。
  • 川きゅう、芍薬、当帰は血を補い潤す。
  • 大黄、芒硝は瀉下。
  • 甘草は緩和。
  • 山梔子、連翹、石膏、黄ごん、薄荷、滑石は熱を冷ます。
  • 連翹、桔梗は排膿。
  • 滑石、白朮は水の分布調整。

各々の生薬は効果が異なりますが、組み合わせることによって肥満や便秘に効果を発揮します。

循環器系の持病やバセドウ病、胃腸が弱い人などの服用は要注意!飲み合わせも気をつけて

防風通聖散を飲む時に注意するべきポイントはどこなのか説明していきましょう。

先ほど紹介した生薬の中に麻黄というものがありました。麻黄には自律神経系(不眠、発汗過多、全身脱力感、動悸、頻脈、精神興奮など)、消化器(食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、軟便、下痢等)泌尿器(排尿障害等)に影響を及ぼす恐れがあります。

また、石膏、大黄、山梔子、川きゅう、当帰、芒硝は悪心、食欲不振、胃部不快感、嘔吐、腹痛、下痢、軟便等の消化器症状が現れることがあります。そのため、循環器に持病のある人、バセドウ病の人、胃腸が弱い人は注意が必要です。

また、薬との飲み合わせにも注意が必要です。麻黄に含まれているエフェドリンという成分には交感神経刺激作用があります。

これとパーキンソン病の治療薬、甲状腺の薬、喘息の薬などを併用してしまうと交感神経刺激作用が増強され、不眠、発汗過多、全身脱力感、動悸、頻脈、精神興奮などの症状が現れやすくなる恐れがあります。

他の漢方との飲み合わせにも注意してください。例えば、甘草という生薬は漢方の約7割に含まれているので、摂取過剰になる恐れがあります。

甘草は体内のカリウムを低下させる作用があり、血圧上昇やむくみ、体重増加、脱力感、筋力低下、筋肉痛などが起こる可能性があります。これらは重い副作用なので、異常を感じたら医療機関を受診してください。

        
        

  関連記事

アソコも老化する…キュアクリニック恵比寿でデリケートゾーンもエイジングケア!

女性器の老化・劣化を感じている方におすすめ!キュアクリニック恵比寿についてご紹介 …

麻黄湯は風邪の諸症状改善にオススメ!頭痛の改善にも。

風邪やインフルエンザにかかりやすい人は要チェックの漢方薬はコレ! 麻黄湯(マオウ …

高音が聞き取りにくくなった…それは聴力低下の可能性が

聴力がどの程度あるのかをまずは確認すること 聴力の低下は年齢とともに自覚する人が …

美人や幸せの元って本当?女性ホルモンの役割や増やし方

女性ホルモンについて正しい知識を身に付けよう 「恋をすると増える」「美人の元」な …

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは? 何となく顔色が悪く黄色っぽい、 …

薬膳ラーメンドラゴンならアンチエイジング効果が期待できる!ヴィーガン対応可という珍しいラーメンも

ラーメンが大好きでできることならたくさん食べたいけれど美容のために我慢している… …

アンチエイジングの敵、老化の原因『活性酸素』とは?

老化を引き起こす活性酸素を大量に発生させるものとは? アンチエイジング美容でおな …

妊活って何をすること?妊娠を望む女性に欠かせない「妊活」とは?

最近よく聞く「妊活」の具体的な方法とは? 大島みゆきさんや東尾理子さんが公表した …

扁桃腺が腫れて辛い!そんなときの改善方法を教えて!

病院に行って「扁桃腺が腫れている」といわれた経験があるひとは、たくさんいるはずで …

話題の「アンチエイジングドック」とは?内容や料金を解説

アンチエイジングドックはどんなことをするの?料金は? 皆さんは「アンチエイジング …