今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

香蘇散は妊婦さんや胃腸が弱い人でも飲める!風邪の初期症状やじんましんに効く漢方薬

鼻づまりから、頭痛、発熱まで効果を発揮!葛根湯で胃がもたれてしまう人にも

香蘇散(こうそさん)は、胃腸が弱い人、高齢者や妊婦さんの風邪によく処方されます。虚弱で胃腸が弱い人に向く薬で、風邪のひき始めには特に効果的です。

悪寒(おかん)や鼻づまり、食欲不振、頭痛などの症状に効き、多くの場合、熱がまだ高くないときに処方されます。

また、「麻黄(まおう)」を含んでいないため、「葛根湯(かっこんとう)」などで食欲が減退してしまう人に向いています。

香蘇散(こうそさん)は、比較的効果がやさしく作用する漢方ですが、体を温めることによって、滞っているものを発散させる効果があります。そのような理由から、高齢者や妊婦の風邪によく使用されています。

また、香蘇散(こうそさん)は、生薬の中に「気」を整えたり、緊張を和らげたりする作用が期待できるため、神経質な人にも向くとされています。

香蘇散の特長

香蘇散(こうそさん)は、風邪の初期症状に使う漢方薬の一つとして有名です。胃腸が弱っていて神経質な人の、風邪の初期症状によく使われますが、精神的な面にも効果が期待できます。

漢方では、「気(き)」を生命エネルギーとして、そのバランスをとらえます。漢方の特徴は、体全体を見て調子を整え、病気や症状が表に現れる前に健康な体を作っていくことが目的です。一つだけの症状を緩和する西洋医学とは考え方が違います。

そのため、その時の体の様子や、個別の体質を意識し、体の状態や体質を表す「証(しょう)」に基づいて処方していきます。ストレスがかかって、「気」が停滞したり不足したりして、「気」の流れに異常が起こると、心と体の両面に病気が現れます。

香蘇散(こうそさん)は、「気」の中でも気鬱を改善する漢方薬として使われます。

味や飲みやすさなどについて

香蘇散(こうそさん)は、ご飯の支度をしている時のような香りがします。良い香りというよりは、これといって癖のない香りで、比較的飲みやすい味です。

生姜(しょうきょう)が入っているので、口に含むとピリピリした感覚があります。日本では、江戸時代より以前から古く使われている漢方薬ですので、比較的安全性が高いと言えます。風邪をひいたかもしれないというタイミングでこの薬を服用すると効果的です。

漢方薬は、体の症状にぴったりな生薬を服用すると美味しく感じると言われています。

また、味覚に関しては個人差があるのでなんとも言えませんが、においや味は錠剤で服用することによって気にならなくなります。顆粒の場合は、ゆっくり飲んでいると余計に味が気になってしまうことがあります。

比較的体力のある人に向く漢方ですので、持病のある人や妊娠中の人は専門医に相談しましょう。

香蘇散に含まれる5種類の生薬

香蘇散(こうそさん)には下記の5種類の生薬が含まれています。

香付子(こうぶし)

ハマスゲの根茎を乾燥させた生薬です。理気作用・鎮痛作用・月経調整作用があります。

蘇葉(そよう)

シソ科のシソの葉を乾燥させたもので、理気作用・発汗作用・鎮咳作用があります。

甘草(かんぞう)

マメ科のカンゾウを乾燥させたものを用いています。主に、鎮痛作用・抗痙攣作用が挙げられます。

陳皮(ちんぴ)

ウンシュウミカンというミカン科の果皮を乾燥させた生薬です。理気作用・健胃作用・鎮咳作用があります。

生姜(しょうきょう)

漢方では、ショウガ科のショウガの根茎が用いられています。効能は、発汗作用・健胃作用・鎮咳作用です。

主な生薬は香付子(こうぶし)と蘇葉(そよう)になります。香付子(こうぶし)は「気」を整える作用と、生理を整える作用があります。

気の流れを良くする作用があり、ストレスによるイライラを改善させたり、胃腸の調子を改善する作用もあります。不安やイライラなどの症状、神経性胃炎などを改善し、更年期障害の症状緩和に効果があります。

香蘇散(こうそさん)は、強い生薬ではありませんが、体を温める効果が期待でき、温めることで様々な不調を改善して、風邪などの諸症状を間接的に取り除いていきます。

発疹の副作用や、甘草配合の他の漢方薬との飲み合わせに注意して

漢方の考え方としてはまず、一人一人の「証(しょう)」を意識することが大切です。漢方薬は、体質や症状に合わせて一人一人違うものが処方されます。

つまり、同じ風邪症状や胃もたれなどの症状であっても、「証(しょう)」の違う人には別の漢方を処方しなければいけませんので、体全体をよく観察していくことが不可欠です。

このような考え方は、西洋医学が一つの症状を治すために、直接作用する薬を誰にでも同じように服用するのとは随分違っています。

香蘇散(こうそさん)は、体力のない、胃腸の弱い人に適した生薬です。体格がよく、体力が十分にあるタイプの方には適していません。したがって、どちらかというと女性に向いている漢方だとも言えます。

効き目は穏やかですので、即効性はありません。副作用も比較的少なく、ほとんどないと言えますが、アレルギーなどを持っている方は念のため注意が必要です。

        
        

  関連記事

新聞や本を遠くに離さないと見えない…これは視力低下のサイン

ブルーベリーが目に良い理由はアントシアニンにあり 新聞や本を読むときに反り返るよ …

かわいい花も魅力のハーブ!ハーツイーズの栽培方法や注意点は?

ハーツイーズは咳止めや不眠症の改善、むくみの予防・解消にも! ハーツイーズとはヨ …

アンゼリカは女性に嬉しい働きがたくさんのハーブ!精神安定効果も

人気のハーブ アンゼリカの特徴や働き、栽培方法や注意点は? アンゼリカはアンジェ …

腸内に老廃物がたまるとどうなるの?改善する方法とは?

最近、腸内環境を整えるヨーグルトや飲みもの、サプリメントのCMを見かけることが増 …

歯ぎしりが健康に悪影響を及ぼすって本当?その原因と改善方法とは?

修学旅行や社員旅行などに出かけたときに、同室のひとに歯ぎしりを指摘された経験のあ …

あっ!ここも!むくみやすい箇所とその理由について知ろう

実は「え?こんなところも?」と思うようなところがむくんでしまうこともあるんです。 …

コロンハイドロセラピー(腸内洗浄)が及ぼす美容・健康への好影響がスゴい

コロンハイドロセラピーの仕組みや、メリットについてお話しします。 目次1 コロン …

乳がん検診ではどんなことをするの?詳しい検診内容をご紹介

乳がん検診を受けられる場所や検診の内容とは? 乳がんは20代・30代の女性も珍し …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

抑肝散はイライラ感や不眠で悩む人におすすめ!神経の高ぶりをおさえて筋肉の緊張をゆるめるてくれる

疳の虫の強い子やADHDにも!神経の高ぶりからくる症状の緩和に効果的 子どもの夜 …