今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

女性は7の倍数に注意!東洋医学が言う女性の体の曲がり角とは?

7の倍数の年齢は美容と健康のトラブルに気を付けよう

b8a56e53638590008b9f219c65ecca20_s

テレビCMで「女性は7の倍数に注意」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?なぜ7の倍数の年齢に注意しなければいけないのか?

東洋医学が提唱する女性の体の変化について考えてみましょう。

「7の倍数」に注意とは?

今から約2000年前に中国で作成された東洋医学の原点「黄帝内経」に、「女性は7の倍数の年齢の時に体に変化が起きる」と記載されていることが元になっています。

どうして7の倍数なのか?

7の倍数が提唱されるのは、女性ホルモンの増減と大きな関係があります

7の倍数という考え方にピンと来ない方も、女性ホルモンが関係していると聞くとなんとなく想像がつくのではないでしょうか?

まずは、どんな変化があるのかを見て行きましょう。

『7の倍数で起こる体の変化』

2016-09-29_154422

7歳: 永久歯が生えそろう。

14歳: 初潮を迎える。
女性ホルモンの分泌が一気に増え始め、女性らしい体つきになっていきます。しかし、まだホルモンバランスが不安定なため生理不順になりやすい時期です。

21歳: 女性の体が完成する。
この時点で成長ホルモンの分泌量が一気に減少し、緩やかに老化が始まっていきます。そして初潮が来た頃には不安定だった女性ホルモンの分泌量が安定するようになり、女性としてより一層美しくなっていく期間が始まります。

28歳: 女性の体が最も充実する。
女性ホルモンの分泌量はピーク!人生の中で一番美しいと言える年齢です。また、体も成熟し妊娠・出産に適した年齢でもあります。

35歳: 容姿が衰え始める(顔のやつれ、脱け毛、婦人科系のトラブルも起きやすくなる)
女性ホルモンは35歳を境に減少が始まります。さらに、肌のうるおいを保つヒアルロン酸などの生成量も大きく減少し始め、肌の乾燥も目立つようになります。

42歳: 白髪が目立ち始める(シワ・シミが増える、心身ともに不調が増える)
この頃には女性ホルモンの分泌量がかなり減少し、徐々に閉経へ近づいていきます。ホルモンバランスの乱れから血行不良や冷え性を起こりやすくなります。

49歳: 閉経
閉経前後に起こる更年期障害によって、心身ともに様々な不調が起こるようになります。また、老化による体力の低下もあり、ゆったりと過ごせるように工夫が必要な時期です。

年齢ごとにホルモンバランスによって起こる変化を見ると、「7の倍数に注意」するべきという教えに納得できます。今のご自分の年齢がどの位置にあるのかを知っておくだけでも、これからどんな対策を取るべきかを具体的に考えられるようになります。

老化を緩やかなものにするために今日から気をつけたい3つのエイジングケア

酸化から体を守る!「錆びる」を防ぎましょう

よく「酸化する」と聞きますね。リンゴを切ってそのままにしておくと、茶色く変色するのは見たことがあると思います。酸化を簡単に説明すると、この状態のこと。人間の体もこれと同じことが起っているとしたら、びっくりしますよね。

この悪さをする犯人は「活性酸素」。私たちの体を、細菌から守ってくれる活性酸素ではありますが、悪性のものは健康な細胞まで攻撃してしまうのです。では、どうしたらいいのでしょうか。リンゴも切ってすぐに塩水にさっとくぐらせたり、マヨネーズで和えれば、きれいなリンゴのままです。こんな風に人間の体にもなにかしら防ぐ方法があるはずです。

そのためには、活性酸素を増やしてしまう要因を避けること。具体的に言うと、タバコや紫外線、ストレス、お酒などを避けるということです。それらを全部、急にやめたりすることは無理でしょうから、少しずつ減らしていきましょう。たばこもお酒も本数や量を減らして、外に出るときはもちろん日傘を使用して下さい。

そして、もっとも効果的なことは「ファイトケミカル」の多い食品を摂取する事です。どんな食品かと言うと、野菜なら人参、かぼちゃ、キャベツなどです。これらは細かく切ってコトコト煮込みコンソメで味をつけたら、美味しい野菜スープが出来上がります。大豆を一緒に煮込めば栄養抜群です。また、バナナやアボカドにも含まれています。これらを摂取すると、体の抗酸化が出来ます。

糖化対策!「焦げる」を防ぎましょう

次に防ぎたい事は「糖化」です。まずは、流行りのパンケーキを思い出して下さい。パンケーキは、卵や牛乳、砂糖を混ぜて作りますね。それを焼いたら美味しそうな褐色になります。これは、糖とたんぱく質が焦げている状態。

つまり、糖とたんぱく質を含む私たちの体の中も体の熱で同じようなことが起っているのです。コラーゲンの糖化は肌には大敵です。しみやくすみ、そして動脈硬化、骨粗鬆症、ドライアイまで引き起こしてしまいます。さあ、これを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、血糖値を上げない事が大切です。食事は野菜から食べると、血糖値が上がりにくいといわれています。また、血糖値の上昇する割合を示す「GI値」の低い食品を摂りましょう。玉ねぎ、トマト、キャベツ、大根、玄米、まぐろなどもお薦めです。果物なら、イチゴやリンゴを摂取すると、「糖化」を防ぐことが出来ます。

紫外線対策!「浴びる」を防ぎましょう

女性なら、だれでも知っているのが紫外線の怖さですね。肌が老化するのは紫外線のせいで、シミの原因でもあります。紫外線を防ぐには、日焼け止めクリームをこまめに塗りなおすことが大事です。錆びるを防ぐでもお知らせしましたが、日傘をご使用下さい。

そしてなんといってもビタミンCが光老化には有効です。ブロッコリー、トマト、果物を摂取しましょう。ポイントは夜に摂取する事です。また紫外線は夏だけではなく、一年中気をつけて下さい。

どれも難しいことではないので、きっと続けられることと思います。女性ホルモンは美容と健康のどちらにも関係しています。いつまでも健康で若々しくいるために、7の倍数を意識してみてください。

        
        

  関連記事

現代人に急増しているドライアイとは?症状や対策をチェック!

ドライアイを放置してしまうと目にどんどん傷がついてしまうことも…。早めに対策を! …

レモンバーベナはポプリやハーブティーにオススメ!美容効果も。

香りがよく、料理の香りづけとしても大活躍のハーブ レモンバーベナ レモンバーベナ …

【保存版】味噌汁は美と健康の最強万能フード!だしや具を変えるだけで身体の悩みも改善!

日本のスーパーフード・味噌汁でエイジングケア、美白、ダイエット! 世界で活躍する …

排尿トラブルの改善に効果的な漢方薬 八味地黄丸の効果・効能

下半身の悩みに効果アリ!頻尿異状改善や四肢の冷え改善にもおすすめ 八味地黄丸(ハ …

歯ブラシは毛先で交換時期を見極めよう

交換時期がよくわからない歯ブラシ。実は毛先に注目すればはっきりわかるのです。意外 …

シソもハーブの一種!育てやすく効果・効能も魅力!

シソは健康維持や美肌作りに役立つ優秀なハーブ! シソは日本でも薬味などとして非常 …

コスパ最強の「えがおの青汁満菜」なら、財布に響かない!

値段の安さ、栄養面、美味しさで選べば、「えがおの青汁満菜」の定期購入が最強!その …

知らなかった!ノンアルコールビールを飲めば美容効果をGETできる!

お酒が飲めない人御用達、ぐらいにしか思ってなかったノンアルコールビール。実は様々 …

1日15分のウォーキングで病気リスクが低下、健康に長生きできる!

日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超え、12年連続世界で1番長生きの国に選ばれ …

魚臭くない!DHA・EPAサプリ「きなり」でイキイキとした毎日を!

その「なんとなくモヤモヤ、パッとしない」は魚不足が原因かも 日頃、なんとなくパッ …