今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

睡眠障害が急増中!寝つきが悪い時に試したい5つの安眠対策とは?

不眠が引き起こすトラブルと睡眠障害の解消法

5bbe727f9a13638380d0eb3610a67836_s

皆さんは毎日ぐっすり眠れているでしょうか?睡眠には心と体の疲れをリセットして、新しい1日をがんばっていけるように体調を整える役割があります。

睡眠がきちんととれていると心身ともにバランスが取れ、ちょっとくらいのストレスははねのけられるようになります。

しかし、過重労働で興奮状態のままなかなか寝付けない方や、布団に入って目を閉じると不安なことが頭をよぎって寝つきが悪いと言う方が急増しています

今回は日本人に増えている睡眠障害とはどんなものか?寝つきが悪い時の対処法と一緒にご紹介します。

睡眠障害とは?

睡眠障害には、大きく分けて4つあります。

入眠困難

いわゆる「寝つきが悪い」というのがこのタイプ。眠りたいのに眠れないストレスがイライラや不安につながりやすく、うつ病を発症することも。

中途覚醒

眠ってから起きるまで、何度も目が覚めてしまう症状

早朝覚醒

もっと寝ていたいのに朝早く目が覚めてしまい、再び眠ることができない

熟睡障害

睡眠時間は長くても眠りが浅く、疲れが取れない。

どれか1つの症状しかない場合もあれば、いくつも重なって表れることもあります。しっかり寝ているつもりでも、日中に耐えられないほどの眠気を感じるなら睡眠障害の可能性があります

不眠によるトラブル

1~2日睡眠時間が短くても特に問題はありませんが、睡眠不足が慢性化すると様々な心身のトラブルが起こるようになります。

最初に書いた通り、睡眠は心と体をリセットする時間。睡眠時間が足りなければ前日の疲れが解消されず、筋肉はもちろん内臓や脳も酷使している状態です。

吐き気、めまい、手足のだるさなどが表れ、思考力、決断力、集中力もなくなってしまい、仕事でミスが増えたり物覚えが悪くなってしまいます。

また、睡眠が十分にとれていないと精神を安定させるセロトニンの分泌量が低下し、ささいなことでイライラしたり、不安感や恐怖感を感じやすくなります

人の言葉を深読みしてネガティブに解釈し、コミュニケーションにも問題を発生させます。

こういった様々なトラブルが起こる前に、寝つきの悪さを解消して心と体をゆっくり休ませてあげましょう。

寝つきを良くする方法

サプリメント

寝つきの悪さを訴える方が増え、各社から様々なサプリメントが販売されています。睡眠薬とは違い依存性や副作用の心配が少なく、ドラッグストアでも手に入るので気軽に試してみてはどうでしょうか?

アロマオイルやハーブティー

アロマの香りには、気持ちを落ち着けて心身をリラックスさせる働きがあります。ラベンダーの安眠効果が有名ですが、自分が好きなものや落ち着くものを選んでも大丈夫ですよ。

体を温める

人間の体は体温が放出されると眠気を感じる仕組みになっています。冷え性の方は体温が十分に放出されず眠気を感じにくいため、眠る前にホットミルクなどを飲んだり、足湯をして体を温めると寝つきが良くなります。

寝る前から照明を落とす

蛍光灯やパソコン、スマートフォンの光が目に入ると、脳が「まだ昼間だ」と錯覚して寝つきが悪くなります。寝る1時間前にはパソコンやスマートフォンを見ないようにして、部屋の照明を少し暗くしておくと寝入りやすくなります

睡眠薬を使う

上の4つを試しても眠れない時は、薬に頼って心身を休ませることを優先しましょう。心療内科や精神科へ行かなくても内科で処方してもらえることもあるので、まずは近くの内科で相談してみてはどうでしょうか?

寝つきが悪い、眠りが浅いといった睡眠障害は心身が疲れているサインでもあります。趣味や遊びに打ち込んで、ストレスを発散する時間も作ってあげてくださいね。

        
        

  関連記事

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

西洋医学以外からのアプローチ、代替医療についての説明と、種類を紹介します!

川島なお美さんも受けた…代替医療の紹介と種類について 代替医療、または代替医学と …

大人の目のための健康食品「アスタキサンチン アイ&アイ」を、超オトクにゲットできるチャンス!

だいにち堂の「アスタキサンチン アイ&アイ」がとってもオトクにゲットできるチャン …

ルテインで濁ってしまった瞳を改善できるって本当?

女性はメイクのために鏡を見ることが多いですが、自分の瞳の状態には気がつかないもの …

やけどには適切な処置が必要!対処法の基礎知識について

やけどは大人になってもする機会が多いものです。やけどをしたときにはすぐに冷やすこ …

女性に多い頻尿の原因とその対策が知りたい

寒い時期になると頻尿に悩まされる人が増えてきます。女性は体のつくりから男性よりも …

ディルは安眠作用の他にもしゃっくりを止める作用も!辛いお腹の張りにも効果的

たくさんの効果・効能を持つハーブ!ディルの特徴は? ディルは地中海沿岸や西アジア …

突然やって来るあのズキズキ・ガンガンからの解放!新習慣サプリ「ズキラック」

8種類の自然系素材でズキズキをスッキリ!薬に頼らない毎日へ 気圧の変化やホルモン …

食事摂取基準からコレステロールの基準を撤廃?もう食事制限は必要ないの?

コレステロールって何?コントロールするためにはどうすればいいのでしょう? アンチ …

風邪は冷えや乾燥が原因になることも…今すぐできる対策は?

体が冷えると様々な病気のリスクが上がる!その一つである風邪の対策についてご紹介し …