今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

乳がん、子宮筋腫・・・女性の疾患について知っておこう!

女性の疾患 セルフチェックで早期発見しよう

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_s

女性の疾患には、乳がんや子宮内膜症など女性だけが持っている器官での病気が挙げられます。

まだ若くて健康だから大丈夫と考える方も多いですが、現在の国の基準では子宮がん検診は20歳から、乳がんは40歳からが推奨されています。また、生理痛が重い方は子宮内膜症や子宮筋腫が疑われることもあります。

今回は女性の疾患についてどんな病気なのか?セルフチェックの仕方と一緒にご紹介します。

乳がんとは?

乳がんは乳房の中にある乳腺という部分にがん組織ができてしまう病気です。

進行するとリンパや肺などの他の臓器へ転移し、ひどい痛みや食欲不振などが起こります。乳がんの場合、体調不良や痛みを感じることがなく、他臓器やリンパへ転移した時点で気付くということも多いです。

月に1度ほどで十分なので、セルフチェックをしてしこりができていないか確認しましょう。

乳がんのセルフチェック

乳房のしこりをチェック

右の乳房なら左手、左の乳房なら右手を使い、「の」の字を書くようにしこりがないか触って確認していきます。

分泌物がないかチェック

乳房や乳首をしぼって分泌物がないか確認します。ただし、妊娠・授乳中の場合はこのチェックはしません。

子宮がんとは?

子宮がんには、子宮の出口である子宮頸部にできるがんと、子宮の袋の部分である子宮体がんの2種類になります。

子宮頸がんは20代女性の発病が増えていますが、早期発見ができれば子宮を残すことは十分に可能です。

子宮体がんは閉経前後に発病することが多くなっています。

子宮がんのセルフチェック

おりものの変化

正常なおりものは、無色透明~白っぽい色でニオイがほとんどありません。

おりものの色がおかしい、悪臭がする場合は子宮の病気を疑いましょう。また、子宮がんの場合は初期症状として不正出血があります。

子宮頚がんの場合

特徴的な症状として、性交時に出血が起こることがあげられます。

子宮体がんの場合

子宮体がんの場合、生理ではない不正出血が特徴です。特に閉経後の不正出血はがんの可能性が高いと考えられています。これらの出血があった場合、病院で詳しい検査を受けましょう。

また、子宮頸がんの場合は性交時出血以外の初期症状がほとんどないため、定期的に検査を受けることも大切です。

子宮内膜症とは?

子宮内膜は排卵期に分厚くなり、妊娠しななければはがれ落ちて血液と一緒に排出されます。これが毎月訪れる生理です。

しかし、この子宮内膜が子宮の外にあったり、卵巣に入り込んでいる状態が子宮内膜症です。

生理のたびに子宮以外の部分で出血が起こるためひどい生理痛を引き起こしたり、性交痛を起こします。不妊症の原因の一つとしても考えられています。

子宮内膜症のセルフチェック

子宮内膜症には痛みや体調不良が伴います。
以下の項目にひとつでも当てはまれば子宮内膜症の疑いがあります。

  • 生理痛がだんだんひどくなる
  • 生理の時以外も下腹部に痛みがある
  • 鎮痛剤を飲んでも生理痛がおさまらない、鎮痛剤の量が増えてきた
  • 性交時、奥の方に痛みを感じる
  • 排便時、肛門の奥に痛みを感じる
  • 妊娠を望んでいるのに、2年以上妊娠しない

子宮筋腫とは?

子宮の中にある筋肉にこぶができる病気です。がんのように転移する心配はなく、放っておいても命に危険はありません。

しかし女性ホルモンによって大きくなり10kg以上に成長することも。また、生理痛の悪化、生理の出血量が増える、不正出血、頻尿、不妊症、流産リスクが高くなるなど様々なトラブルの原因となります。

子宮内膜症のセルフチェック

以下の項目に一つでも当てはまるものがあれば子宮筋腫の疑いがあります。

また、子宮内膜症の症状とかぶる部分もあるため、気になる症状があれば病院で詳しい検査を受けましょう。

  • 生理の出血量が多い、レバー状の塊がよく出る
  • 生理痛が重い
  • 生理が10日以上続く
  • 貧血を起こしやすい
  • 仰向けに寝た時、子宮のあたりにこぶのようなものがある
  • 便秘しやすい
  • 排便時、子宮のあたりに痛みを感じる
  • 頻尿気味

乳がんや子宮がんなどの女性の疾患は早期発見で完治を目指せる病気です。
普段からセルフチェックを行い、1~2年に1度は定期健診を受けるようにしましょう

町や市でも安価に検査を受けられる機会を設けているので、積極的に利用してみてくださいね。

        
        

  関連記事

安中散で年末のつらい胃痛や胃もたれを解消しよう!

ついつい食べ過ぎてしまって胃痛や胃もたれが…そんな時はこの漢方がオススメ 出典: …

コロンハイドロセラピー(腸内洗浄)が及ぼす美容・健康への好影響がスゴい

コロンハイドロセラピーの仕組みや、メリットについてお話しします。 目次1 コロン …

いびきや無呼吸も防止!疲れが取れやすい横向き寝専用枕「YOKONE(ヨコネ)」

頭・首・肩・腕を支える特許技術の横向き寝専用枕で睡眠の質を高めよう 睡眠の質を高 …

氷を食べるのがやめられない氷食症、実は貧血?

妊娠中や授乳中は特に要注意、もしかして?と思ったら血液検査を! 「氷食症(ひょう …

麻黄湯は風邪の諸症状改善にオススメ!頭痛の改善にも。

風邪やインフルエンザにかかりやすい人は要チェックの漢方薬はコレ! 麻黄湯(マオウ …

糖尿病予備軍のひとは注目!塩分を控えた食事宅配サービスで健康を管理しよう!

糖尿病は生活習慣病の一つです。近年は子どもにも発症例がみられ、発症すると食事管理 …

麦門冬湯はしつこい咳が残った風邪におすすめ!乾いた咳に効果的な理由とは?

麦門冬湯がおすすめなのはどんな症状?取り入れる際の注意点は? 麦門冬湯(バクモン …

たんぽぽもタンデライオンというハーブ!効果・効能は?

タンデライオンは女性にうれしいハーブ!母乳の出を良くする働きも タンデライオンは …

唾液の分泌と歯石のつきやすさには関係がある?歯石対策を紹介!

歯石といえば読んで字のごとく歯の表面や歯と歯の間にできる石のような塊のことで、歯 …

骨盤の歪みを直してウエストすっきり!骨盤矯正ベルトの効果や種類とは?

自分のぴったりの骨盤矯正ベルトでウエストやお尻を引き締めよう 度々話題になる骨盤 …