今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

妊活って何をすること?妊娠を望む女性に欠かせない「妊活」とは?

最近よく聞く「妊活」の具体的な方法とは?

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s

大島みゆきさんや東尾理子さんが公表した「妊活宣言」によって、一般の女性の間でも「妊活」をする方が増えています。

しかし、妊活とは具体的に何をするものなのでしょうか?妊活の内容について詳しくご紹介します。

妊活とは?

妊娠するために色々な活動をすることを略して「妊活」と言います。就活や婚活と同じようなものですね。

しかし妊活と言っても一体何をしているのか、何をすればいいのかがよくわからないという方も多いのではないでしょうか?妊活では主に以下のようなことをします。

基礎体温をつける

基礎体温は毎朝目が覚めてすぐ、体を起こす前にはかる体温のことです。毎日続けていくと、生理周期に合わせて体温が上下することがわかります。

きちんと排卵や生理がきているなら、排卵期から生理が始まるまでの約2週間が体温が高くなる高温期になり、生理が始まってから排卵期に入るまで体温が下がる低温期になります。

より正確な排卵日を知るためには、排卵検査薬だけでなく基礎体温の計測も並行することがポイントです。

普段から自身の基礎体温の変化をみていれば、あらかじめ自分の排卵日におおよその予測が立つはずです。

高温期に入ったら排卵が始まったという合図で、この時期に性交すれば妊娠の確率が高くなるというわけです。また、高温期が3週間以上続くと妊娠している可能性があります。

基礎体温がキレイに二層にわかれなかったり、高温期が短い場合は無排卵月経やホルモン異常の可能性が考えられます。将来お子さんを望むのであれば、基礎体温を付けて自分の体の状態を確認してみましょう。

婦人科で定期検査を受ける

婦人科で検査を受けることで不妊症の有無や子宮や卵巣に異常がないかを調べられます。もし異常が見つかれば、妊娠しやすくなるように適切な治療を行っていきます。

日本では未だに婦人科に受診するのを恥ずかしいと考える女性が多いですが、海外では20歳を過ぎたら婦人科で定期健診を受けるのが当たり前なのだそうです。子宮頸がんは20代に発病率が高く、早期発見で完治を目指せる病気です。

また、自覚症状のない無排卵月経なども定期検査を受けることで発見できます。自分の体のため、将来妊娠するために、婦人科での検査は欠かせません。

食生活や運動などの生活改善で妊娠しやすい体を作る

妊娠するためには、健康な体を作ることも大切です。食生活の乱れは卵子や精子の状態を悪くし、運動不足は体を冷やして子宮の動きを悪くします。

また、睡眠不足はホルモンバランスを乱れさせ妊娠しにくい体になってしまいます。こうしたリスクを取り除き、妊娠しやすい体を作っていきます。

「妊活」というと何か特別なことをしているように感じますが、こうしてみるとそれほど特別なこととは感じませんよね。今後赤ちゃんを産みたいと考えている方は、今から妊活を始めてみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

ベルガモットは風邪の予防や肌トラブルの予防・改善にも

ベルガモットは栽培もしやすく効果・効能もたくさんのハーブ! ベルガモットはアメリ …

アンチエイジングおすすめ食材『アーモンド』の若返り効果とは?

抗酸化作用、ダイエット効果・・・身近な食材『アーモンド』のアンチエイジング効果に …

その乾燥、食生活が原因かも?食事でできる乾燥対策

冬場に急増する全身乾燥トラブルを、食事で防ごう! 寒くなってくると乾燥肌が気にな …

小さな虫歯なら治せる!?重曹マウスウォッシュとは

重層を使ったマウスウォッシュの効果についてご紹介します。 虫歯になってしまった場 …

マシュマロの原料でもあるハーブ!マシュマロウの効果・効能とは?

栄養豊富なハーブでもあるマシュマロウはどんな働きがある? マシュマロウとはヨーロ …

身体によく、おしゃれで美味な中国茶の魅力とは?

これを押さえれば、あなたも中国茶通! 最近、カフェ感覚で利用できる中国茶専門店が …

病気になるリスクが高くなる「ドロドロ血液」とは?乾燥対策でサラサラ血液を目指そう!

ドロドロ血液は危険!体内の乾燥を防ぐことがサラサラ血液への近道です。 健康な血液 …

日本でもおなじみのハーブ クレソンが持つ働きや効能とは

キッチンハーブとしても人気のクレソン!料理やハーブティーに。 クレソンはヨーロッ …

多汗症を自分で改善する方法

多汗症や手汗、わき汗などは夏になると特に気になります、特に女性にとっては重要な問 …

若返りのポイントは温活にあり!生活習慣を工夫して楽しく体を温めよう

女性には欠かせない冷え対策。 今大注目の「温活」をご存知ですか? 温活とはとにか …