今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

食事、運動、スキンケアでアンチエイジング!

基本のアンチエイジングを実践して若々しさを取り戻そう

359b41507c3b1f5ba7f9388d5b1aafeb_s

アンチエイジングというと、専用の高額な化粧品を購入したり、美容外科での処置が必要なイメージがありますが、普段の生活を少し見直すだけでも十分にアンチエイジングは可能です。人の体は20歳から徐々に老化していくので、できるだけ早くアンチエイジングに取り組む、老化に気づいた時からすぐ実践するのが効果的です。

今回はすぐに実践できる「基本のアンチエイジング」を食事、運動、スキンケアの3つからご紹介します。

基本のアンチエイジング

食事編

アンチエイジングと言えば、「抗酸化作用」がキーワード!切ったりんごを放置しておくと酸化して黒ずんでいくように、人の体も酸素を取り入れることで少しずつ錆びついていきます。この酸化を食い止めてくれるのが抗酸化作用です。ビタミンEやポリフェノールに強い抗酸化作用があるとされています。

ビタミンEを多く含む食材:ゴマ、ナッツ類、植物油、魚介類、かぼちゃなど
ポリフェノールを多く含む食材:ブルーベリーやぶどうなどの赤い果実類、ゴマ、かんきつ類の皮、大豆(女性ホルモン様作用をするイソフラボンもポリフェノールの一種です)

これらの食べ物を意識的に多めに食べたり、必用ならサプリメントを利用するのがおすすめです。また、アンチエイジングには「料理方法」「食材選び」も大切です。

でき合いのものには添加物や砂糖などが使われていたり、製造過程で栄養成分が壊れている可能性があります。できるだけ新鮮で旬の食材を使って、ヘルシーに仕上げるのがポイント。抗酸化作用でインナービューティーを刺激したアンチエイジングができる上に、食事を意識することでダイエット効果も期待できます。

運動編

スタイルの変化や姿勢の悪さも「オバサン」に見えてしまう原因の一つ。若い頃と同じように少し食事を制限するだけではダイエット効果が十分に出ないだけでなくすぐにリバウンドしてしまいます。そこで大切になるのが運動です。

運動をすることで消費カロリーが増え、筋肉量が増えれば基礎代謝量をアップして痩せやすい体質になるだけでなく、体温が上がって体が温まると冷えやむくみといったトラブルを緩和できます。

体幹やインナーマッスルを鍛える!

体の深い部分にあり面積が大きな体幹やインナーマッスルを鍛えることで、消費カロリーがぐっと増えて効率よくダイエットができます。さらに、体幹やインナーマッスルは体を支える筋肉なので姿勢を良くしてくれ、筋肉不足で内臓が下へ落ちてしまうのを改善して下腹のぽっこりを取り除き、尿漏れや胃下垂なども改善してくれます。

ハードな運動より続けられる運動を

例えばストレッチや無理のない範囲の筋トレ、ウォーキングなどの続けられる運動をするのがおすすめです。関節などを痛める心配もないですし、続けることで数年後の体型や姿勢も若々しく保てます。

スキンケア編

大人の女性のスキンケアは何より保湿が大切!水分量・油分量ともに減少していくので、外側から水分と油分を補ってあげましょう。肌の内部でヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった成分に水分が蓄えられることでみずみずしい弾力のある肌を保っています。

これらの弾力を保つ成分と水分が減少することで肌のたるみやしわへとつながり、皮脂量が減少することでどんどん乾燥が進行していきます。また、年齢を重ねるとターンオーバーが遅れやすく、ゴワゴワして水分が浸透しにくい肌になり、古い角質が毛穴につまって黒ずみや毛穴の開きの原因になります。

水分をたっぷり肌へ浸透させてあげる

化粧水や美容液には美容成分がたっぷり配合されていますが、肌が固くなっていると水分自体が弾かれてしまってせっかくの美容成分が浸透していきません。スチームやイオン導入で水分の浸透を手助けしてあげたり、ピーリングやプレ化粧水(ふき取り化粧水)を使用して肌を柔らかくしてあげましょう。

クリームやオイルで水分にフタを!

化粧水で肌に水分を与えた後は必ず乳液、クリーム、オイルなどの油分のあるものでしっかりフタをしてあげましょう。夏場は皮脂が出やすいので乳液類は使わないという方も多いですが、化粧水の水分が肌内部の水分と結びつくことで元から肌内部にあった水分まで蒸発してしまうことがわかっています。さらさらした質感のクリームやオイルもたくさんあるので、自分の好きなタイプを選んでプルプルのお肌を守りましょう!

        
        

  関連記事

女性がエイジングを感じた瞬間3つ&おすすめのエイジングケアコスメ

こんな瞬間があったら肌の老化が始まっている可能性が! 毎日鏡を見ているとふとした …

「吸引」と「飲用」の1台2役で楽々水素ライフ!「ラブリエリュクス」

飲み方も自分ペースでいろいろ、自宅でも外でも抗酸化ライフを楽しもう ↓クリックし …

タイムの効果・効能とは?料理・ハーブティーにもおすすめ

高い殺菌効果を持つタイムは薬効ハーブとしても人気! タイムは地中海沿岸を原産地と …

美人がハマる”H”とは!?

美人に欠かせないと話題になっている“H”。 一瞬どきっとしてしまうけれど、実はそ …

食用は禁止!石鹸としても使えるハーブ ソープワートとは?

ソープワートの洗剤効果、湿疹やかゆみの緩和・改善とは ソープワートはヨーロッパや …

食用には向かないハーブ コンフリーの活用方法や効果は?

骨折が早く治る!?肥料としても活用できるコンフリーとは コンフリーはヨーロッパ・ …

ステビアはダイエットや糖尿病食に役立つハーブ!特徴は?

健康に役立つ!とにかく甘さが特徴のステビアで砂糖を抑える! ステビアは南アメリカ …

顔がピクピクするのは顔面けいれんかも!原因や症状、治療法は?

顔面けいれんの原因、症状、治療法などについてご紹介します。 突然顔がけいれんする …

サビない体作りは食べ方や食材選びで決まる

体のサビを予防する食事でアンチエイジング 人間が呼吸をするたび、酸素を取り入れた …

スマホが不健康ブスを増産させる!?使い過ぎによる健康被害を考えよう

スマホがもたらす健康・美容被害についてまとめました。便利なツールと賢く付き合うヒ …