今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

生理不順を放置すると早く老ける?! 周期が乱れる原因と対策について

生理不順を軽く考えてはいけない本当の理由!
onaka
最近、若い女性の生理不順が増えているそうです。来ない方が楽、なんて声もあってけっこう軽くうけとめられているようですが、本来あるべきものがない、というのは実は身体のイエロー・レッドシグナル

また30〜40代くらいからの生理不順は「もう更年期?」と不安にもなりますね。最近は自律神経のバランスが乱れ30代から更年期障害に似たプレ更年期症状も増えているようです。いずれにしてもきちんとケアしてホルモンバランスの変調を防ぎましょう。

意外と知らない?生理不順ってこんな状態

生理不順とは、ホルモンバランスが崩れ生理が不規則になる状態のことです。生理は関連する臓器が正常に活動してエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が正常になされることで起こります。この仕組みがうまく機能しないと生理が遅れたり早まったりします。

通常は大体25日から38日の周期で生理がきます。とりあえずこの周期内なら数日のズレは大丈夫です。また2~3ヶ月くらい不規則でも、その後自然に正常な周期に戻る場合や、基礎体温をチェックしてちゃんと排卵があるようなら心配する必要はありません。

要注意なのは、大幅なズレが長期間続くケースです。生理が40日以上空いてしまう場合「稀初月経」といって、卵巣などの機能低下の恐れがあります。特に排卵がない場合は不妊の原因となります。3ヶ月以上月経が無い場合は「無月経」といって月経不順よりも深刻な状態です。

逆に生理周期が極端に短く、月に2〜3度生理がある「頻発生理」の場合も不妊の原因につながります。いずれの場合も放置せず医療機関に相談する必要があります。

生理不順になる原因

女性の体はデリケートなので、ちょっとした変化でもホルモンバランスに影響します。疲れやストレスなどによって、卵巣が正常に働かなくなってしまうと女性ホルモンの分泌が低下し、生理を起こせなくなってしまいます。以下に覚えがある方は要注意です。

・環境の変化/仕事や学校、家事・育児、対人関係などのストレス
・極端なダイエットや運動
・偏った食生活
・睡眠不足
・体の冷え
・喫煙や過度の飲酒
・ホルモン系の病気や薬などの副作用

生理不順とアンチエイジングの関係

生理不順の場合、ホルモンの分泌バランスが崩れているため、さまざまな支障をきたします。生理には、妊娠と出産に関わるプロゲステロンと、肌や髪・ボディラインなど“女性らしさ”に関係するエストロゲンの二つが重要な役割を果たしています。

これらのホルモンの分泌が減少すると、肌のシミやシワが目立つようになったり、筋肉が落ちて脂肪燃焼率が悪くなり急激に太ってきたり、身体が疲れやすくなったり等の症状が表れます。女性の場合、50歳くらいから急激に分泌のレベルが減少し、更年期障害を引き起こしますが、生理不順を放置していると年齢に関わらず同様の症状が生じてしまいます。また更年期障害が早まったり、症状が重くなることも指摘されています。

40代からの生理不順

40歳を過ぎるあたりから卵巣機能が徐々に衰えて閉経を迎えますが、その前後10年を更年期と呼びます。個人差はありますが、月経周期が短くなってきて、一部が無排卵月経になり、2〜3ヶ月に一度になって、1年以上生理がないと閉経と判断されます。

必ずしも更年期ではなく病的な理由を含む生理不順の場合もありますが、見極めるのは困難です。放置することで病気のサインを見過ごしたり、更年期障害が重くなる場合もあります。基礎体温グラフをつけることである程度は判断できますが、気になる場合は医療機関に相談しましょう。

生理不順の解消法

バランスのとれた食事

極端なダイエットはやめて、3食きちんと栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンを摂取するのも有効です。

良質の睡眠

成長ホルモン分泌が活性化する睡眠のゴールデンタイム、22時から午前2時に寝るようにしましょう。電磁波は良質な睡眠が妨げやすいので、寝る前にはパソコンやスマートフォン、携帯電話はやめましょう。またパジャマ、枕などの寝具も快眠できるものを選びましょう。

血行促進

入浴時は湯船にしっかりつかって血行を良くしましょう。またマッサージやストレッチなどの適度な運動も心がけたいですね。スイミングやウォーキングなどの有酸素運動が有効です。

低用量ピルなどの薬を使う方法もあります。間違った使い方をするとかえって悪影響なので、きちんとお医者さんと相談して処方してもらいましょう。

        
        

  関連記事

ゴシゴシしすぎてつらい…花粉で目がかゆい時にまずどうしたらいいの?

我慢できない花粉症による目のかゆみ、どのように対策したら効果的なのでしょうか。 …

ワインでできる!1日1杯からはじめる体のアンチエイジング

ワインのすごいアンチエイジング効果 ワインを楽しむ人増えましたね。スーパーでも気 …

クローバーレッドはせき止めや更年期障害の緩和など女性の悩み改善に役立つハーブ

美容効果が高く女性らしい体づくりにも役立つクローバーレッドとは クローバーレッド …

アンゼリカは女性に嬉しい働きがたくさんのハーブ!精神安定効果も

人気のハーブ アンゼリカの特徴や働き、栽培方法や注意点は? アンゼリカはアンジェ …

その爪、体調不良のサインかも?爪のメカニズムを考えてケアしよう

栄養補給で基礎からのネイルケア 爪が割れてしまうと人からの見た目があまりよくない …

耳掃除ってどうしている?汚れの種類を知って、適切に掃除しよう!

みなさんは、どのくらいの頻度で耳掃除をしていますか?そして、どんな方法で耳掃除を …

【保存版】勉強の秋到来!頭を良くする食べ物を取り入れて頭の働きを活性化しよう

「頭の良さは20歳になるまでに決まる」子供の頃に学校の先生やご両親などにこのよう …

フェンネルはダイエットや美肌にも効果的!他にはどんな働きが?

魚のハーブとも呼ばれるフェンネルは料理との相性も抜群! フェンネルは地中海沿岸や …

美味しい鉄分補給で、上手に貧血対策をしよう!

鉄分にたんぱく質、ビタミン等をうまく組み合わせよう 貧血対策は、まずは鉄分補給が …

1日15分のウォーキングで病気リスクが低下、健康に長生きできる!

日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超え、12年連続世界で1番長生きの国に選ばれ …