今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

「あれそれ」が多くなった…それは脳の老化の第一歩かも?

筋肉と同じく脳も使わないと低下する
910266d69b1f1e7046ee712b075ada2e_s
30歳くらいを過ぎたころから、人物の顔や物は浮かんでいるけれども名前が思い出せないという人も多くなります。

普段の会話の中で「あれ」とか「それ」といった言葉をしばしば使っていませんか?これは脳の老化が始まっている症状の一つといえます。おそらく「あれ」とか「それ」といったワードを多く使っている人は、脳をあまり使っていないからかもしれません。

テレビはよく見るけれども本はほとんど読まない、毎日同じことを繰り返している、パソコンやスマホばかり見ていて自分で物事を考えないといった自覚はありませんか?このような生活習慣を続けていると、脳をあまり使わなくなります。

筋肉は使っていないと、どんどん筋肉が細くなります。これと同じ現象が脳でも起こり得て、脳の働きがどんどん低下してしまいます。その結果、脳自体が委縮してしまうことも考えられるのです。

若年性健忘症という病気のおそれもあります

20〜40代の働き盛りにもかかわらず、「ほかの人から聞いた話をすぐ忘れてしまう」「相手の話すことが理解できない」といった深刻な悩みを抱えている人は、かなりの数に上る。

思い当たる節のある方は脳機能検査を行うことをおすすめします。これは、レントゲンやCT、MRIに入って行うようなものではなく、声を出しながら紙に書いてある文章を読んだり、人の話を聞いたあとに質問に答えるなどの検査が行われます。

30歳と冒頭に紹介したのは、30歳前後になると脳細胞の成長が止まってしまうといわれているからです。ただしもし脳に刺激を与えれば、30歳以降でも脳細胞の成長は望めます。

どうすれば脳は活性化する?

では具体的に脳に刺激を与えるには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?アクティブな趣味や活動をすることが大事です。五感をフルに使うことを意識するとか、コミュニケーションを積極的にとることも重要です。

アレソレ病になっていない人の共通点は、
・なんでも物事に興味を持って接する
・普段から固有名詞を口にする
・なんども語る
・物事を関連付けて体系的に見ることができる

25歳のときと比較すると50~59歳で半分、70歳を超えると1/4程度にまで記憶が低下してしまうといわれています。少しでも症状の進行を抑えるために、脳に刺激を与えることです。身体を動かすのも脳の活性化につながることがわかっています。

        
        

  関連記事

副作用のない花粉症対策なら「甜茶(てんちゃ)」が断然おすすめ!

甜茶ポリフェノールがアレルギー症状を緩和、肥満や口臭予防効果も! くしゃみ、目や …

便秘も眠気も全部PMSのせい!生理前を憂鬱にするPMSとは?

PMSで起こる様々な症状と対策法とは? 生理前になると様々な体調不良やイライラ・ …

栄養素の宝庫!奇跡の食物「アマランサス」とは?

海外で注目され、日本でも話題になっているアマランサスについてご紹介します。 出典 …

ウコンに含まれるクルクミンは心臓のアンチエイジングに効果!

クルクミンはカレースパイスでおなじみのウコンに含まれている成分です。ウコンといえ …

卵管造影検査ってどんなときにするの?検査のタイミングや費用について

卵管造影検査にはメリットもあることを知って受けよう! 妊活してもなかなか赤ちゃん …

花粉やPM2.5から体を守る食べ物とは?

体の中から花粉、PM2.5の対策をしよう! 花粉やPM2.5による体への影響 日 …

コスパ最強の「えがおの青汁満菜」なら、財布に響かない!

値段の安さ、栄養面、美味しさで選べば、「えがおの青汁満菜」の定期購入が最強!その …

しつこい咳が残った風邪には麦門冬湯がおすすめ!乾いた咳に効果的

麦門冬湯がおすすめなのはどんな症状?取り入れる際の注意点は? 麦門冬湯(バクモン …

質の良い睡眠を取るためにも寝る前・睡眠前にやってはいけないこと

もしかしたら気付かずに体に悪いことを実践しているかも…布団に入る前の習慣を見直し …

プリン体って身体にいいもの?悪いもの?上手な摂取方法が知りたい!

スーパーやドラッグストアのリカーコーナーに行くと、「プリン体ゼロ」という表記をよ …