今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

年齢を重ねてなかなか疲れが取れない…それは老化している証拠

食事量が少なくなってビタミンB1の摂取量が少なくなっているから?
cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s
昔は多少徹夜などの無茶をしても一晩眠れば疲れは吹き飛んだ人でも、よく眠っても前日の疲れがなかなか取れないという人も多いはずです。年齢を重ねると、なかなか疲れがとりにくくなります。疲れの原因は、簡単に言えば細胞内でエネルギー不足の状態に陥っていることが考えられます。

きちんと毎日3食食べている、糖質や脂質、たんぱく質などの3大栄養素を摂取しているという人でも疲れは溜まりやすくなります。ビタミンやミネラルの摂取が不足していると疲れがとれにくくなります。特にこの中でもビタミンB1が不足すると、エネルギー不足になりやすいです。

ビタミンB1は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。かつてわが国の国民病のひとつといわれた脚気(かっけ)という病気は、ビタミンB1欠乏によっておこることが知られています。

出典:グリコ

ビタミンB1には体内でエネルギー転換できなくなって、慢性的な疲労倦怠感や手足のしびれなどが起こりやすくなります。

加齢によって、ビタミンB1の吸収量や体内の保持力が低下すると考えられています。また生理機能も低下するため、ビタミンB1の吸収力もダウンします。若い頃と比較して、そんなに食事の内容が違っていなくても、ビタミンB1が不足しやすいのです。

若い頃にはモリモリ食べていた人でも、年齢とともにあまり食べなくなった人もいるでしょう。ということはビタミンB1の摂取量も少なくなっているかもしれません。このようなこともあって、高齢者になればなるほど、ビタミンB1が慢性的に欠乏して疲れやすくなるわけです。

ビタミンB1を補給する方法は?

ビタミンB1は豚ロース肉や大豆、ウナギのかば焼き、ゴマといった食材に多く含まれます。日々の食生活で意識して取り入れるようにしましょう。特に大豆はそのまま以外でも、豆腐や納豆、みそなどの加工食品も多いです。大豆は毎日意識して摂取すれば、年齢を重ねても疲れにくい体を手に入れられます。

また、サプリメントや栄養ドリンクなどで補給する方法もあります。ただし、ビタミンB1は過剰摂取すると皮膚の疾患等が起こる可能性が高まるため、決められた用法容量を必ず守るようにしましょう。

        
        

  関連記事

めぐりの葉酸はすべての女性におすすめ!とりわけ妊活中の夫婦は注目!

めぐりの葉酸で女子の辛い悩みを解消!継続が大事! 毎日体調がすぐれず、気分の暗い …

麦門冬湯はしつこい咳が残った風邪におすすめ!乾いた咳に効果的な理由とは?

麦門冬湯がおすすめなのはどんな症状?取り入れる際の注意点は? 麦門冬湯(バクモン …

大豆イソフラボンが有害!?豆乳の飲みすぎは健康に悪いのは本当?

女性ホルモンに良い大豆イソフラボンの正しい摂取量とは? ダイエットや美肌など色々 …

桂枝加竜骨牡蛎湯で神経質を改善できる!?不眠症や夜尿症にも効果的

心の不安やストレスに働きかける漢方薬 桂枝加竜骨牡蛎湯とは 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケ …

新聞や本を遠くに離さないと見えない…これは視力低下のサイン

ブルーベリーが目に良い理由はアントシアニンにあり 新聞や本を読むときに反り返るよ …

質の良い睡眠を取るためにも寝る前・睡眠前にやってはいけないこと

もしかしたら気付かずに体に悪いことを実践しているかも…布団に入る前の習慣を見直し …

低体温症を侮ってはいけない!その原因と改善方法について知っておこう

手揉みで低体温症を改善しよう! みなさんは、自分の平熱を把握していますか?健康な …

温清飲はPMSなど月経に関する悩みを抱える人に試してほしい!血の巡りをよくしながら出血もおさえる

更年期障害にも効果あり!かゆみ、カサカサ、湿疹など肌の悩みにも 温清飲(うんせい …

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。 コエンザイムQ …

ラムズイヤーは子羊の耳のような見た目がかわいい!栽培方法は難しい?

観賞用のハーブを探している人にオススメ!ラムズイヤーについて ラムズイヤーはトル …