今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

高けりゃいいわけじゃない!正しい歯ブラシ・歯磨き粉の選び方は?

歯ブラシ選びのポイント・歯磨き粉選びで避けたい成分とは?
f463a335de047a70b56f526da6b1451a_s
歯ブラシや歯磨き粉を選ぶとき、何を基準にしていますか? 多くの方は、好みの硬さや値段、デザインなどを基準に“なんとなく”選んでいるのではないかと思います。

ところが、歯ブラシや歯磨き粉の選択を誤ると、虫歯や歯周病、また歯茎へのダメージなど、様々なデメリットが発生してしまうとも言われています。正しい選び方で、いつも白く美しい口もとを保ちましょう。

歯ブラシ選びで気をつけたいポイント

歯ブラシ選びで気をつけたいポイントを紹介します。

歯ブラシの硬さ

ガシガシと歯垢を落としたいタイプの方は「かたい」、歯茎へのダメージを気にする方は「やわらかい」と、多くの場合、ご自身の好みに合わせた硬さを選択しているのではないでしょうか。

かしこく歯ブラシを選ぶのであれば、「やわらかい」よりも歯垢を落とすパワーに長けていて、かつ「かたい」よりも歯茎へのダメージが少ない、「ふつう」が良いでしょう。

ブラシ部分のかたち

ギザギザになっているものや、山型になっているタイプなど、歯にフィットして歯垢をしっかり落としてくれそうなイメージを受けますが、じつは歯ブラシ部分はフラットなタイプが最も歯垢を落としやすいと言われています。

「歯と歯の奥にある歯垢を〜」といった宣伝文句はしばしば耳にしますが、実際にはうまく歯の隙間にフィットできていないケースが多く、結果的に磨き残しを多くしてしまう原因になります。

また、毛先が細いタイプも歯垢を落とすパワーに欠けます。歯の汚れを隅々まで落とすために、ブラシ部分は平らで毛先のしっかりしたものを選ぶといいでしょう。

ヘッドの大きさ

大きすぎるブラシは、細かな場所の歯垢が落とし切れず、磨き残しの原因になってしまいます。そのため、ヘッド(ブラシ部分)は、小さめのものを選ぶと良いでしょう。ブラシを正面から見たとき、いくつかの束が連なっている事がわかります。この束が横に3列、縦のラインがおよそ2cm〜2.5cmのものが一般的なお口のサイズにぴったりだと言われています。

持ち手部分のデザイン

持ち手のデザインは、価格が高くなればなるほど凝ってくる印象があります。握りやすいようカーブを描くようになっていたり、突起が付いていたり…。「高いもの=いいもの!」と思い込んで、このような持ち手の歯ブラシを選んではいませんか?

実際にはこの逆で、持ち手はストレートなタイプが持ちやすくオススメです。細かな部分や奥歯など、自分で「磨きやすい」と思える商品を選択しましょう。

歯磨き粉選びで避けたい成分とは?

歯磨き粉選びで避けたい成分を紹介します。

合成界面活性剤(ラウリル硫酸塩・ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸ナトリウム)

歯磨き粉の泡立ちを担っている成分です。シャンプーやボディソープなどにも含まれますが、お肌よりも吸収されやすいお口に入れる事で副作用や体へのが懸念されています。

研磨剤(リン酸水素カルシウム)

読んで字のごとく、歯の表面を研磨擦る事で汚れを落とす成分です。

プロピレングリコ―ル、フッ素

上記の二つには、毒性がある事が分かっています。

上記で紹介した成分は、じつはほとんどの歯磨き粉に含まれています。しかし、すべての商品に配合されているわけではありません。できるだけリスクのある成分を避けて、安心安全なオーラルケアを続けていきましょう。

        
        

  関連記事

悩みごとや不安で眠れない人は帰脾湯を飲んでみて!心身疲労による緊張感やイライラにも効く

貧血にも効果あり!胃腸や身体が丈夫でない人でも飲める漢方 なんとなく疲れやすい、 …

「みんなの肌潤セット」でバスタイムをアトピー肌対策タイムに!

アトピー肌に共通する肌の奥の潤い不足を、セットの相乗効果で解消 「みんなの肌潤セ …

コモンマロウは喉の痛みやニキビ改善にも効果的!栽培は難しい?

水分補給をコモンマロウティーにすれば美容&健康対策にも。 コモンマロウはヨーロッ …

できた傷あとを治すことはできる?その治癒方法とは?

ケガや手術をすると、傷あとができてしまうものです。また蚊に刺された部分をかいたこ …

ローズマリーが記憶力を高める!?抗酸化作用も豊富なハーブ

美容効果も高くアレルギーの緩和・改善にも効果的なローズマリー ローズマリーは地中 …

病気になるリスクが高くなる「ドロドロ血液」とは?乾燥対策でサラサラ血液を目指そう!

ドロドロ血液は危険!体内の乾燥を防ぐことがサラサラ血液への近道です。 健康な血液 …

薬膳料理で心も体も健康に!自宅で簡単にできる薬膳料理を作ってみよう!

みなさんは薬膳料理を食べたことはあるでしょうか。実は薬膳の考え方は身近にある料理 …

ナスタチウムは花、葉、根まで使えるハーブ!効果もたくさん

利尿作用や美肌効果、便秘改善にもおすすめのナスタチウム ナスタチウムは南アメリカ …

四逆散は体内の炎症を抑えてくれる他にも心のトラブル改善にも効果!

四逆散は手足の冷え改善や不眠症の改善にもオススメの漢方薬 四逆散(シギャクサン) …

四物湯は女性にやさしい効能たくさん!月経トラブルのほか、乾燥による肌荒れや冷え性も改善してくれる

身体の丈夫でない人でもOK!血のめぐりが原因の不調、貧血にも効果あり 四物湯はお …