今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

猛暑を乗り切れ!熱中症対策を万全に整えて毎日元気に過ごすための秘訣とは?

いざというとき役立つ熱中症対策
78d5d31a00df0c9a661d39702271aebb_m
暑さ厳しい季節になると、熱中症で病院に搬送される人が続出します。テレビのニュースでも連日放送されているので、知らない人はいないでしょう。

年配の方は熱中症になりやすいと言われています。加齢とともに代謝が落ち、汗をかきにくくなるためです。体温調節の役割を持つ汗が出ないと、熱が体内にこもり、熱中症にかかりやすくなるのです。若くても代謝の悪い方は注意が必要です。

熱中症が心配な状況とは?

炎天下、もしくは気温の高い室内で長時間労働、運動をしている方は気をつけましょう。部活動中に熱中症で倒れたという子供たちのニュースもよく見かけます。外で仕事中に熱中症になったという方もいます。年齢に関係なく、体に負担がかかる暑さは熱中症を引き起こす原因のひとつです。屋内でも、高温多湿という状況なら屋外と同じように熱中症になる確率は高くなります。

熱中症の治療や予防でオススメの飲み物とは?

水分不足は熱中症になりやすいですし、こまめに水分を取ることで体が水分不足でカラカラになるのを予防できます。このときどんな飲み物が効果的なのか、あらかじめ知っておけば熱中症に対する心配事も減らせることでしょう。

日本救急医学会でオススメしているのは、「水分と塩分の量が適切なもの」とあります。これをクリアしている飲み物が市販の経口補水液です。ミネラルと電解質がバランスよく調整されており、その効果は「飲む点滴」と言われているほどです。水、砂糖、塩がバランスよく配合されています。通常のスポーツドリンクより糖分控えめなので、口当たりがスッキリしています。

熱中症に有効的な冷やし方を知りたい

夏場のスポーツ中継などを見ていると、氷と水が入った袋を選手たちの体に当てる場面をよく見かけますね。風邪を引いて熱を出したときに、ここを冷やすと体が楽になりますよ、と教えてもらった方もいるのではないでしょうか。

そのひとつが「脇の下」です。脇にはリンパが流れているので、ここを冷やすと体全体の体温をすばやく冷やすことができます。例えば家にいるとき、冷やすものが何もない!と慌てなくても大丈夫です。冷蔵庫の中にマヨネーズやケチャップ、ソース、めんつゆ、なんでもいいので冷えているもの脇の下に当ててください。これで体温を下げることができます。

さすがにこの方法は屋外では使えないので、熱中症対策として氷の入った袋や、タオルで巻いた保冷剤などを準備しておきましょう。

        
        

  関連記事

関節の痛みが気になるならグルコサミン!効果や効能、選び方などをご紹介

グルコサミンの効果・効能は?選び方のポイントやおすすめ商品はコレ! グルコサミン …

めぐりの葉酸はすべての女性におすすめ!とりわけ妊活中の夫婦は注目!

めぐりの葉酸で女子の辛い悩みを解消!継続が大事! 毎日体調がすぐれず、気分の暗い …

食用は禁止!石鹸としても使えるハーブ ソープワートとは?

ソープワートの洗剤効果、湿疹やかゆみの緩和・改善とは ソープワートはヨーロッパや …

若返りのポイントは温活にあり!生活習慣を工夫して楽しく体を温めよう

女性には欠かせない冷え対策。 今大注目の「温活」をご存知ですか? 温活とはとにか …

ママにも赤ちゃんにも!家族みんなに嬉しいDHA・EPAサプリ「ハグラビ(Hug Lavie)」

お腹にいる赤ちゃんから大人まで、女性と家族の健康を考えたサプリメント DHA・E …

簡単・手軽に実践できる冷え対策紹介!おうち・食事・外出先でのポイントは?

健康で美しい体を作るために欠かせないのが冷え対策です。誰でも実践できる方法をご紹 …

防風通聖散をコーヒーで飲むと効果がアップする?それとも危険?

脂肪撃退効果のある防風通聖散をコーヒーで飲むとどうなる? カフェインといえば、眠 …

肩こりや背中の丸まりは肩甲骨回しで解消!肩甲骨回しのやり方とは?

辛い肩こりを解消してくれる肩甲骨回しの効果とは? ガチガチに固まった肩の痛みで家 …

ルバーブの効果・効能は?むくみ改善や美肌効果もあるハーブに注目!

ルバーブはどんなハーブ?栽培しやすく初心者にもおすすめ! ルバーブはヨーロッパ・ …

雨の日や曇りの日も熱中症にかかるって本当?原因と予防方法は?

雨の日や曇りの日にも熱中症にかかる理由を理解しよう! 夏が近づくと熱中症への注意 …