今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

自分の体温知っていますか?意外にこわい低体温の諸症状

低体温は老化の元! 体を温めるポイント3つ
2014-10-31_192211
美容通の友人A「低体温だと早く老けるらしい!」

私「えッ、低体温!・・・って何?」

友人A「それでも美容ライターなのか!」

とコントのようなやりとりになってしまいましたが、恥ずかしながら低体温のこわさを知らなかったので、しっかり調べてみました。

通常、健康な人の基礎体温は常に36度~37度を保っています。この温度だと体内にある各種酵素が活性化し、細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、病気をしにくいのだそうです。逆に36度未満の低体温になると細胞の新陳代謝や免疫力が低下し、健康面・美容面でのさまざまなトラブルの原因になるわけです。

低体温による症状として、疲労感、アレルギー、自律神経失調症、生活習慣病、子宮内膜症、子宮筋腫や不妊、生理不順などの婦人科疾患などがあげられます。また更年期障害も重くなるようです。女性には深刻な症状が多いですね。

血行不良、冷えやコリも起こりやすく、それがまたさまざまなマイナス症状のもとになっていくので、連鎖的・複合的に症状が絡んでいきます。むくみやくすみ、しわ・しみ・たるみ、免疫力の低下で肌荒れも心配です。

低体温の原因は生活習慣の乱れや悪習慣です。特にエネルギーや熱を作る食生活の乱れの影響大、亜鉛・マグネシウム・鉄などのミネラルとビタミン不足が問題視されています。その背景には加工食品の取り過ぎや、糖分など身体を冷やす食べ物の取り過ぎ、過度なダイエットがあります。またエアコンに頼って体温調整機能が崩れがちなことや、運動不足による筋力の低下、便秘、ストレスなども関係しています。

低体温解決はまずは身体をあたためることに尽きます。まず体温をはかってみて該当したら、ぜひ解決策をトライしてみてくださいね!

食事を見直す

ビタミン・ミネラルなどの栄養が足りないとエネルギーや熱を作れず、体温が上がらなくなります。亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルや、ビタミンB1・B2などを意識して食事に取り入れましょう。また筋肉のもとになるたんぱく質も摂取して、筋肉量を増やし燃焼効率をあげましょう。

身体を冷やす夏野菜や果物は控えましょう。逆に冬野菜は身体を暖める効果があります。アイスクリームなど冷たい食べ物・飲み物の摂り過ぎも控えて。もちろん過度なダイエットもNG。代謝力が落ちたら脂肪が燃焼されないので結果的に逆効果です。適度のアルコールは体温を高めてくれますが、ビールのがぶ飲み含め飲み過ぎは血管に負担をかけるので要注意!

身体をあたためる

忙しい時、ついシャワーだけにしてる人もいると思いますが、しっかり湯船につかると全身の血流がよくなるので、細胞の新陳代謝が促進されます。冬場は特に身体が冷えやすいのでしっかり冷え対策を行ってください。夏場のエアコンの温度設定も気をつけましょう。低体温の人は露出の高い服装で過ごすのも少し見直した方がいいかも。

運動をする

運動、特に有酸素運動は脂肪を燃焼し、体温を高めてくれます。ウォーキングやランニングなど無理のないペースで習慣付けてください。かかとの上下運動のような簡単なストレッチでも効果があります。筋肉を鍛えることもできるので長期的な体質改善に有効です。

        
        

  関連記事

病気予防の最先端!遺伝子検査“MYCODE(マイコード)”のススメ

遺伝子検査で、自分のかかりやすい病気や体質を知ろう! がんや生活習慣病などなど… …

若返りのポイントは温活にあり!生活習慣を工夫して楽しく体を温めよう

女性には欠かせない冷え対策。 今大注目の「温活」をご存知ですか? 温活とはとにか …

病気になるリスクが高くなる「ドロドロ血液」とは?乾燥対策でサラサラ血液を目指そう!

ドロドロ血液は危険!体内の乾燥を防ぐことがサラサラ血液への近道です。 健康な血液 …

アンチエイジングの敵、老化の原因『活性酸素』とは?

老化を引き起こす活性酸素を大量に発生させるものとは? アンチエイジング美容でおな …

マシュマロウは吐き気や食べ過ぎに効く!?マシュマロの原料となるハーブの効能とは?

栄養豊富なハーブでもあるマシュマロウはどんな働きがある? マシュマロウとはヨーロ …

ワインでできる!1日1杯からはじめる体のアンチエイジング

ワインのすごいアンチエイジング効果 ワインを楽しむ人増えましたね。スーパーでも気 …

糖尿病予備軍のひとは注目!塩分を控えた食事宅配サービスで健康を管理しよう!

糖尿病は生活習慣病の一つです。近年は子どもにも発症例がみられ、発症すると食事管理 …

防風通聖散をコーヒーで飲むと効果がアップする?それとも危険?

脂肪撃退効果のある防風通聖散をコーヒーで飲むとどうなる? カフェインといえば、眠 …

副作用のない花粉症対策なら「甜茶(てんちゃ)」が断然おすすめ!

甜茶ポリフェノールがアレルギー症状を緩和、肥満や口臭予防効果も! くしゃみ、目や …

便秘薬やヨーグルトが原因かも!便秘の意外な理由って?

つらい便秘、その原因ってもしかして? 肌荒れや吹き出物の原因のひとつに、便秘があ …