今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

これからの時期のマストアイテム!加湿器の種類と選び方をおさらい

加湿器にはいろいろな種類があるので、それぞれの特徴と選び方のポイントをご紹介します。
加湿

空気が乾燥する季節に役立ってくれるのが加湿器です。ですが、様々な種類があるためどれを選べばいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。購入しようとお店に行ったところ、あまりにも種類がありすぎて選べなかったという方もいるはず。

価格やデザイン、使いやすさなど、どれを重視するかは人によって違います。自分にとって最適な加湿器を探すためにも種類と選び方についてご紹介しましょう。

加湿器の種類・選び方

ヒーターレスファン式

長時間使いたいと思っているのであればヒーターレスファン式(気化式)の加湿器がおすすめです。

こちらはフィルターに水を含ませ、そこにファンで風を送ることにより気化させて加湿する方法となっています。空気が乾燥した時に濡れたタオルを部屋に干した経験があるという方も多いかと思いますが、それと似たような方式の加湿器です。

長時間家で過ごすことが多い方はこちらを検討してみると良いでしょう。消費電力が少ないため、長時間使っても安心です。注意しなければならないこととして、加湿フィルターが汚れてしまうため定期的に掃除をする必要があります。

また、ヒーターレスファン式の加湿器は加湿力がそれほど強くありません。パワーの強さで選ぶのであれば、スチームファン式(加熱式)がおすすめです。

スチームファン式

やかんでお湯を沸かすと蒸気が出ますよね。それと同じような仕組みを取り入れたのがスチームファン式となっており、短時間でも湿度を上げることができます。

外出先から帰ってきたときにすぐに室内の湿度を上げたいと思っている方にもおすすめです。

ただ、先にご紹介したヒーターレスファン式と比較するとどうしても消費電力が大きくなってしまいます。また、吹きだし口が熱くなる製品もあるため、小さなお子さんがいたりペットを飼っている方は注意しなければなりません。

ハイブリッド式

こちらは温風と送風の切り替えを自動で行ってくれるタイプで、ヒーターレスファン式とスチームファン式の中間タイプだといえるでしょう。加湿力の面でも省エネの面でも魅力があります。

一点デメリットを挙げるとすれば、ヒーターレスファン式とスチームファン式に比べると商品の価格が高いということです。一般的にスチームファン式は5千~8千円ほど、ヒーターレスファン式は6千~1万3千円ほどとなっているのですが、ハイブリッド式は1万円以上のものが一般的となります。

性能だけでなく価格も確認した上でどれを選ぶか考えると良いでしょう。実際に購入した方の口コミなども参考にしながら選ぶのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか?加湿器の種類と選び方についてご紹介しました。今回ご紹介した内容を参考にしながら自分に合った加湿器選びをしてみてくださいね。

        
        

  関連記事

超高級美容食材・ツバメの巣の力でアンチエイジング

注目の成分とおすすめのツバメの巣入りアイテムを紹介! 『ツバメの巣』と言えば、世 …

藤原紀香さんが披露宴で引き出物に選んだ水素発生器はどこのメーカーのもの!? 水素水ってそんなにすごいの?

水素水といえば、美容や健康に効果があるとして美容通の間で定番になる一方で、“本当 …

「エナジードリンク」って何?「栄養ドリンク」とは違うの?

エナジードリンクにはどんな効果があるのか? コンビニや駅の売店でもよく見かける「 …

青汁ビギナーさんなら「極の青汁」で、失敗しない青汁デビューを!

老舗大手メーカーが手がける信頼感バツグンの青汁「極の青汁」について、詳しく紹介し …

ビストロで美味しく食べて美肌もGET!旬の味を楽しんで美しくなろう!

家ではできるだけ自炊を心がけ、野菜を積極的に摂取しているという女性もたくさんいま …

秋は食事でアンチエイジング!きのこや秋鮭で身体の中から若返り

きのこや秋鮭がアンチエイジングに効果大!どんなアンチエイジングができるの? アン …

睡眠障害が急増中!寝つきが悪い時に試したい5つの安眠対策とは?

不眠が引き起こすトラブルと睡眠障害の解消法 皆さんは毎日ぐっすり眠れているでしょ …

繰り返す湿疹や皮膚炎の原因と改善する方法について

誰でも一度くらいは、湿疹や皮膚炎を発症し、皮膚科にかかったことがあると思います。 …

オートファジーで健康寿命が延びる!活性化させる方法を紹介!

2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典・東京工業大栄誉教授が解明した …

最悪歯を失ってしまうことも!歯周病の原因や対策について

健康な歯を維持したいと思っているのならば歯周病対策を取りましょう。 30代を過ぎ …