今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

超冷え性さんへ!根本的原因の改善と、今すぐ効く冷え性対策について

元となる原因改善と、今ある冷えへの対策、ダブルアプローチで効率よく冷え性卒業!
b647da5cf15ac713da8a5d9825dcf4f1_s
冬場はもちろん、暑いはずのシーズンでも多くの方々を悩ます“冷え性”。なんと80%もの女性が、体のどこかに冷えを感じていると言われています。

今回は、「超」がつくほどの冷え性の原因と、その対策についてお話しします。

冷え性の原因は?

そもそも、なぜ冷え性になってしまうのでしょうか?

冷え性を起こしている元は“血行不良”なのですが、なぜ血行不良が引き起こされているのかは、人によって異なります。

いくつかの原因について紹介しますので、ご自身の生活スタイルと照らし合わせて、自分の冷え性の根本的な原因を探りましょう。

運動不足

大人になれば、どうしても子供の頃のように動き回るシーンは少なくなります。本人が意識しない限り、多くの方は自動的に運動不足に陥ってしまうでしょう。

運動によって鍛えられる筋肉には、体を動かすだけでなく、血流を促す働きも持っています。体を動かさなくなると、全身の筋肉が衰え、血行不良の原因になってしまうのです。

偏った食生活

生活習慣病を引き起こす事で知られる“ドロドロ血液”。実は、血流を弱まらせて血行不良の原因にもなると言われています。

ドロドロの血液を作ってしまう代表的な原因は、脂質などを取りすぎている食生活。ファストフードやインスタントで済ましてしまう日が続いてはいませんか?

また、水分不足やお酒の飲み過ぎも血液をドロドロにしてしまいます。

ストレス

ストレスがたまると、体温調節や血流を司る自律神経のバランスが乱れてしまいます。

精神的なストレスはもちろん、肉体的なストレスも同じように血行不良や冷え性の原因に。肉体的なストレスには、睡眠不足やエアコンの使いすぎなどが挙げられます。

締め付けのキツいファッション

体にフィットしすぎたファッションや、小さめの下着などは、物理的に血流を妨げる原因になってしまいます。

低血圧・貧血

冷えを感じる、という症状以外に、以下のような不快感を伴う場合、原因は低血圧や貧血にある可能性があります。

・フラフラする
・ダルい
・気分が悪い
・動悸
・息切れ

自己流の体質改善で冷え性は治せる?

上記で紹介した原因は、個人の工夫や努力で改善が可能です。

《冷え性の原因から導かれる改善方法》

■運動を習慣にする
■食生活を見直す
■ストレスを溜め込まない
■規則正しい生活を心がける
■体を締め付けるファッションや下着を避ける
※“低血圧・貧血”が原因である場合は、無理せず医師に相談しましょう。

ほとんどの原因は改善が可能で、つまり冷え性を治す事は不可能ではありません。小手先の対策でその場をしのぐのではなく、根本的な問題の改善で冷え性卒業を目指しましょう。

今すぐなんとかしたい!即効性のあるアプローチは?

とはいえ、体質改善は決して即効性のある対処法とはいえませんね。元となる原因を治すわけですので、着実である事は間違いないのですが、今日、明日で冷え性を卒業できるのかといえば、答えはNOです。

最後に、「今すぐなんとかしたい!」という方へ、即効性の期待できる冷え性対策を紹介します。

《冷え性に今すぐ効くアプローチ法》

爪の両サイドを、反対の手の指(親指と人差し指)でつまむ

そのまま、爪の両サイドを少し強めにギュ!、ギュ!とつまみます。親指(10秒)→人差し指(10秒)→中指(10秒)…、と、すべての指をつまみます。足の指にも行える冷え性対策です。

両手・両足をダランと下げて、ぶらぶらと揺らす

力を抜いて揺らすことで、指先までの血行を促すことができます。

手のひらを広げて「パー」、閉じて「グー」を繰り返す

足の冷えにも、足の指でグーパーを繰り返すといいでしょう。

冷え性は、決して解決不可能な悩みではありません。根本的な原因改善と、いま起こっている冷えへのアプローチ。ダブル対策で、より効率よく冷え性脱却を目指してください。

        
        

  関連記事

関節痛は血流の悪さが原因かも…血行不良改善におすすめの栄養素などを紹介!

血行不良が関節痛に繋がってしまう場合も。症状や対策をご紹介します。 関節痛が起き …

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは? 何となく顔色が悪く黄色っぽい、 …

ビールの原料としておなじみのホップはハーブとして優秀!

女性特有のトラブル改善やリラックス作用の高いホップを紹介! ホップとはアジア西部 …

水分代謝が悪い人はむくみやすい!代謝を良くしてむくみ撃退

むくみやすい方はもしかしたら体内の水分代謝能力が衰えているのかもしれません… む …

おりものの量が多いのは病気?注意すべき状態を調査しました!

おりものの状態がおかしいかも…と悩んでいる方は量や色をチェックしましょう。 おり …

青汁で美人を目指すなら、ファンケル「本搾り青汁」がイチオシ!

緑黄色野菜の王様「ケール」を、毎日美味しく低カロリーに摂取できる!女性の味方系青 …

アンチエイジングに効果絶大!話題のルイボスティーの効果とは?

驚異的な抗酸化力のあるルイボスティーで体の中からアンチエイジング 様々な美容効果 …

センテッドゼラニウムは香りがよく様々な用途に活用できるハーブ!

センテッドゼラニウムは女性に嬉しい働きもたくさん! センテッドゼラニウムはアフリ …

売上100万袋突破!琉球素材が原材料のアイサプリ「一望百景」の特徴や効果

ブルーベリーの4倍のアントシアニンを含む紅イモ使用アイサプリ 年代を問わず悩まさ …

ウコンに含まれるクルクミンは心臓のアンチエイジングに効果!

クルクミンはカレースパイスでおなじみのウコンに含まれている成分です。ウコンといえ …