今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

二日酔いになりやすい時って?女性特有の原因を知っておこう

体調や心理状態で飲む量や飲み方を考えよう
57e15a5de3fadbc05ca9ce7322ec136b_s
デート、女子会やコンパ、会社のおつきあいなどなどお酒を飲む場はいろいろ。美味しいお酒は人生の楽しみでもありますが、飲み過ぎた翌朝の二日酔いで仕事にいくのがつらい、という状態はできるだけ避けたいですよね。

二日酔いのメカニズム

なぜ二日酔いになるのかというと、アルコールの摂取量が自分の分解能力を越え、有害物質のアセトアルデヒドが十分に処理しきれないために起こります。アセトアルデヒドにょって胸のむかつきや嘔吐、頭痛やめまいといった症状が引き起こされます。

またアルコールの利尿作用等によって、水分が排出され、体内が脱水症状であるためやたらのどが乾いたり、胃酸過多で胃炎をおこしている場合もあります。

アルコールがそのまま体内に残って、酔っぱらった状態が続いている場合もあり、それは厳密には二日酔いではありませんが、二日酔いと重なると症状が悪化することもあります。

二日酔いになりやすい心理状態

そんな二日酔いですが、女性の場合はお酒の量やアルコール度数だけでなく、タイミングや心理状態も無視できません。いくつかのケースをまとめておきますので、そういう場合はお酒を飲み過ぎないよう自分でも注意してくださいね。

疲れている時

仕事が忙しく残業が続いたり、休日も休めなかったりして、睡眠不足や疲れがたまっていませんか?そんな過労時にお酒を飲むと、アルコールの分解能力が低下していて二日酔いになりやすいのです。また注意力も散漫になり、いつもなら飲まない強いお酒を飲んでしまったり、自分の適量をこえてうっかり飲み過ぎる場合も。

義理や義務でのつきあいの時

会社の接待や飲み会など、気を遣うことが多く、あまり楽しめないお酒の場もありますよね。知らない人が多いパーティなどもそうですが、ついつい間がもたなくて、ペースがアップしがち。また上司などにすすめられて断れず、という場合もありそうですね。それによって二日酔いになるケースもあります。

感情が高ぶっている時

仕事などで嫌なことがあったり、失恋をした時などに、お酒で気持ちを紛らわせたい、ということも多いと思います。怒りや悲しみなどの強い感情は、判断力を失わせ、早く酔いたいためにいつもより強いお酒を飲んだり、量を多く飲みがちです。食べないで飲む一方になりやすいのも問題ですね。

楽しい時

気の合う友人や、デートなど楽しい時のお酒も要注意。はしゃぎすぎてついつい飲み過ぎてしまうことも。相手がお酒に強いと、自分のペースを忘れて飲んでしまうということもあります。旅行先で気持ちが開放的になってる場合や、嬉しいことがあって羽目を外してしまう、というのも要チェックです。

生理の時

女性特有の条件ともいえるのが。生理の時です。生理1週間前から生理中にかけては、頭痛や腹痛などいわゆるPMS(月経前症候群)とよばれるさまざまな不快症状が起こります。気持ちが落ち着かなかったり落ち込んだり、イライラを感じたりしがちで、そうしたもやもやを忘れるためにお酒を飲み過ぎる傾向があるようです。アルコール分解力も低下しやすい時期なので、二日酔いになりやすいのです。

二日酔いにならないために

体調に合わせて飲む量を決めておく

前述のように、睡眠不足だったり、疲れがたまっていたり、また生理だったりすると、分解能力が低下していて二日酔いになりやすい場合があります。

体調のことを考えて、今日は少なめにしておこう、といった適正な判断を行いましょう。強い人ほど失敗しがちなので、今日は疲れてるな、と思ったらいつもより弱めのお酒にしたり、飲む量をあらかじめ2杯まで、等決めておくとよいですね。

食事をしながら飲む

空腹時にお酒ばかり飲むと、アルコールの回りが早い上、胃腸を弱らせがちです。二日酔いを避けるために、飲む前には必ず何かおなかにいれて、アルコールの吸収を遅らせましょう。

肉や魚、卵・大豆製品などのタンパク質は、アルコールの分解を促進する作用があるので、おつまみなどで摂取するよう心がけてくださいね。

しっかり水分補給する

アルコールの分解には水分が必要です。水分が不足すると分解力が低下すると同時にアルコールの血中濃度が上がってしまいます。それを避けるために水やフレッシュジュースなどで水分補給をしながら飲みましょう。アルコール度数が高いものは、ストレートで飲むよりソーダ割りなどを選ぶことも大切ですね。

        
        

  関連記事

コンタクトレンズで不快な症状が起こるのはなぜ?原因と対処法について

視力が悪くてコンタクトレンズを常用しているひとは、世の中にたくさんいます。見た目 …

長引く風邪には柴胡桂枝湯が効果的!食欲不振・吐き気の改善にも。

風邪に効く漢方薬 柴胡桂枝湯で期待できる効果や注意点は? 柴胡桂枝湯(サイコケイ …

乾燥を防ぐためにいますぐ簡単にできる対処法とは?

秋冬の乾燥の時期はどうしてもお肌や喉がダメージを受けてしまいますよね。そんな乾燥 …

アンチエイジングおすすめ食材『アーモンド』の若返り効果とは?

抗酸化作用、ダイエット効果・・・身近な食材『アーモンド』のアンチエイジング効果に …

十全大補湯はしつこい疲労感・倦怠感や、病後・手術後の体力回復に効果抜群!

体力低下時の定番!カサカサ・ジュクジュク両タイプの皮膚疾患にも効果的 十全大補湯 …

美人がハマる”H”とは!?

美人に欠かせないと話題になっている“H”。 一瞬どきっとしてしまうけれど、実はそ …

平胃散は代表的な胃腸薬となる漢方!

平胃散は、胃の働きを良くして消化不良による胃もたれや慢性胃炎などを緩和します。 …

こんなにすごい!アセロラの美容効果が見逃せない理由とは

美容食材として人気のアセロラ、その効果についていろいろ調べてみました。 昔から美 …

よく聞く「ピンクリボン」って何? どんな活動をしているの?

乳がんの啓発活動を世界規模で行う「ピンクリボン運動」とは? “皆さん …

へそのゴマは放置しちゃダメなの!?正しい取り方は?

へそのゴマを取るときに気をつけたいこと みなさんは、へそのゴマをどうしていますか …