今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

現代人に急増しているドライアイとは?症状や対策をチェック!

ドライアイを放置してしまうと目にどんどん傷がついてしまうことも…。早めに対策を!
c9e937572fb04988370b3dc450b19ac2_s
現代人に増えているとされているのがドライアイです。目が乾燥しやすい症状のことだというのはわかるものの、具体的な症状や原因、治療法についてはよく知らないという方の方が多いはず。

何となく目の不調を感じるという場合、もしかしたらドライアイかもしれません。

ドライアイとは?

これは目が乾き、傷がつきやすくなってしまう症状のことです。目の表面は涙で保護されているのですが、何らかの理由によって涙の量が少なくなってしまうと目の表面を保護することができず、傷がつきやすい状態になってしまいます。

人によって現れる症状が違いますが、ただ単に目が乾くというだけでなく、目が疲れやすくなってしまったり、物がかすんで見えてしまうこともあるので放置しないようにしましょう。

他にも目の中に異物感があったり、光を妙にまぶしく感じる、痛みがあるといった症状も多いです。

ドライアイは決して珍しい症状ではなく、事務作業などをしている人の場合は3人に1人がドライアイともいわれています。

ドライアイチェック

もしかしたら自分はドライアイかもしれないと感じている方はチェックしてみましょう。正確に判断するためには病院で検査を受ける必要がありますが、ドライアイの方に見られる症状がいくつかあります。

  • 10秒以上目を開けていられない
  • 物がかすんで見える
  • 目がごろごろする
  • 目が重たいと感じる
  • 光をまぶしく感じる
  • 目が乾く
  • なんでもない時に涙が出る
  • 目やにが出る
  • 目がかゆい

これらの症状で当てはまるものが多い方はドライアイの可能性があるので、病院で検査を受けた方が良いでしょう。

ドライアイの原因

大きな原因ともいえるのが、健康な目に比べて涙が少なかったり、涙の質が悪いということです。そのような状態になってしまう理由として、加齢のほか、目を酷使していることが大きな原因とされています。

そのため、目をよく使う方はドライアイになりやすいともいえるでしょう。例えば、パソコンやスマホを長時間使ったり、集中して作業しなければならない事務仕事に就いている、毎日夜ふかしをしている、コンタクトレンズを使用しているという方はドライアイになりやすいです。

長時間継続して目を酷使するのも良くないので、コンタクトレンズとメガネを使い分けたり、長時間ネットサーフィンやスマホゲームをしないように注意しましょう。

また、薬の副作用によってドライアイになってしまうこともあるため、持病の薬が原因でドライアイになってしまったという方は医師と相談しながら対策を考えていきましょう。

他には、空気が乾燥している部屋で長時間過ごすと目の乾燥に繋がってしまうことがあります。職場の空気が乾燥していてなかなか対策が取れないという方も多いようですが、この場合は意識してまばたきを多めに行うなどの対策を取りましょう。

それから、体の血行不良が原因でドライアイになってしまう方もいます。特にデスクワークなどをしている方は日中の運動量が少なく血行不良になりやすいのですが、これに加えてパソコン画面を見つめたり、書類を作成するなど目を酷使するためにさらなるドライアイを招いてしまうことがあるのです。

デスクワークについている方はドライアイになりやすい環境であるということを理解し、対策を取りましょう。

ドライアイの治療

定期的に目薬をさして対策をとっているという方もいますが、それでは根本的な解決にはなりません。病院でドライアイの治療を受ける場合、まず先に詳しい検査が行われます。問診で症状などを聞かれるほか、視力検査や目に傷があるかどうかの検査、涙の質や量を調べる検査などが行われ、必要であれば薬を処方されることになるでしょう。

一般的な治療法として取り入れられているのが点眼液によるものと涙点プラグによる治療です。それほど症状が重くない場合は涙と似た成分を点眼液で補うのですが、病院で処方される点眼液は通常の目薬とは違い、水分の分泌を促したり、傷を治す働きも持っています。

次に涙点プラグ治療についてですが、こちらは先に点眼液での治療が行われた際になかなか効果が見られなかった場合に選択されるのが一般的です。涙が排出される涙点というものがあるのですが、これを特殊なプラグで閉じることにより目の表面に長時間涙をとどまらせるための治療法となります。

どちらの場合も専門的な治療となるため、医師の話をよく聞いた上で注意点を守りながら治療を続けることが大切です。

        
        

  関連記事

本当はコワイ「プチうつ」、自分でできる予防策を!

体が重い、だるい、10時間以上寝てしまう、キレやすい、それって「プチうつ」かも …

体内からアンチエイジング!「血液バイオフォトセラピー」で美容も健康もケア

目次1 注目のアンチエイジング「血液バイオフォトセラピー」の効果や費用2 血液バ …

できた傷あとを治すことはできる?その治癒方法とは?

ケガや手術をすると、傷あとができてしまうものです。また蚊に刺された部分をかいたこ …

【保存版】味噌汁は美と健康の最強万能フード!だしや具を変えるだけで身体の悩みも改善!

日本のスーパーフード・味噌汁でエイジングケア、美白、ダイエット! 世界で活躍する …

「エナジードリンク」って何?「栄養ドリンク」とは違うの?

エナジードリンクにはどんな効果があるのか? コンビニや駅の売店でもよく見かける「 …

高けりゃいいわけじゃない!正しい歯ブラシ・歯磨き粉の選び方は?

歯ブラシ選びのポイント・歯磨き粉選びで避けたい成分とは? 歯ブラシや歯磨き粉を選 …

ユーカリはダイエットのサポートもしてくれる優秀な働きを持ったハーブ

かわいい葉はインテリアにも人気!ユーカリの働きや栽培について ユーカリといえばコ …

超高級美容食材・ツバメの巣の力でアンチエイジング

注目の成分とおすすめのツバメの巣入りアイテムを紹介! 『ツバメの巣』と言えば、世 …

氷を食べるのがやめられない氷食症、実は貧血?

妊娠中や授乳中は特に要注意、もしかして?と思ったら血液検査を! 「氷食症(ひょう …

汗には、良い汗と悪い汗がある!良い汗をかくためには?

悪い汗をかく原因と、その改善方法について ダイエットや美容に、また健康にもいいと …