今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

おりものの量が多いのは病気?注意すべき状態を調査しました!

おりものの状態がおかしいかも…と悩んでいる方は量や色をチェックしましょう。
acf732160ee2cda0a9c7d9da2824a30b_s
おりものについて、量が多いという悩みを抱えている方も多いようです。なかなか人と比べられるものではありませんし、相談もしにくいものなので、一人で不安になっている方もいるのではないでしょうか。

いつもに比べて量が多い、または少ないという場合には体の中でなにか異常が起きているのではないかと心配になってしまいますよね。

ですが、おりものの量というのは非常に個人差が大きいものです。それに、自分でいつもより多いと感じていたとしても、もしかしたらいつも通りかもしれません。

あまりにも気にしすぎてしまったために普段通りの量を多いと思い込んでしまっている方もいるようなので、気にしすぎないようにしたいですね。

1つの目安として、おりものシートを使えば特に問題ないような場合には気にしすぎる必要はありません。頻繁に交換しているのにおりものシートだけではカバーできないような量のおりものが出る際には一度病院で相談した方が良いでしょう。

ただ、ほとんどの場合、量が多いからといって何らかの異常が発生しているわけではないのです。色やにおいも普段と違うという場合には病院に相談した方が良いのですが、それ以外の場合には子宮膣部びらんによりおりものが多くなっているのかもしれません。

子宮膣部びらんとは?

子宮膣部びらんというのは病気ではありません。日本人成人女性の約8割が子宮膣部びらんだと言われており、子宮膣部という部分の表皮から下の血管が透けて見える状態のことをいいます。

特に治療などをする必要もないのですが、子宮膣部びらんになるとびらん面が大きい状態になってしまうのです。びらん面は常に分泌物が多いという特徴持っているため、どうしても織物の量も多くなってしまいます。

気になる場合には医師に相談した方が良いでしょう。

おりものと病気の関係性

おりものの量が多いくらいでは特に気にする必要はないのですが、中には異常と判断できるタイプのおりものもあります。例えば、黄色いおりものが出てしまった場合は感染症や子宮内膜炎、卵管炎、トリコモナス膣炎、淋病などの病気が疑われます。

特に悪臭のある膿のような黄色いおりものが出た場合にはすぐに病院に相談した方が良いでしょう。ただ、下着に黄色いおりものがついていて慌ててしまったという方もいるようですが、下着について乾いた織物は黄色く変色することがあります。

元は透明や乳白色であったとしても乾くことによって黄色くなるケースがあるため、おりものの色を確認する際には下着ではなく、トイレットペーパーについた物を確認しましょう。

なかなか人には相談しにくい問題ではありますが、気になる方は一度病院を受診してみると良いですね。なんでもないということがわかれば安心して過ごせます。

        
        

  関連記事

血管の若返りで若見え効果を狙う

血管年齢を若返らせることでできるいろいろ凄いアンチエイジング 最近、「血管年齢」 …

多汗症を自分で改善する方法

多汗症や手汗、わき汗などは夏になると特に気になります、特に女性にとっては重要な問 …

病気予防の最先端!遺伝子検査“MYCODE(マイコード)”のススメ

遺伝子検査で、自分のかかりやすい病気や体質を知ろう! がんや生活習慣病などなど… …

多くの女性を悩ませている「春の4K」とは?

春に注意しておきたい春の4Kについてご紹介します。 春の4Kというものについてご …

食事、運動、スキンケアでアンチエイジング!

基本のアンチエイジングを実践して若々しさを取り戻そう アンチエイジングというと、 …

有名な漢方薬といえば、やっぱり葛根湯!飲み方や効果について改めて知っておこう

風邪に効果があるとして有名な葛根湯。その飲み方や様々な効果について改めてご紹介し …

チャイブは風邪の予防や消化促進に役立つハーブ!栽培方法は?

チャイブはダイエット・むくみ改善にも効果的!効能は? チャイブはヨーロッパやアメ …

使われているのはあの染料?!珍しいけど優秀な成分が豊富な「藍の青汁」って?

染料として有名な”藍”を使った新しい青汁。その味や効果について詳しくご紹介 健康 …

食用は禁止!石鹸としても使えるハーブ ソープワートとは?

ソープワートの洗剤効果、湿疹やかゆみの緩和・改善とは ソープワートはヨーロッパや …

簡単・手軽に実践できる冷え対策紹介!おうち・食事・外出先でのポイントは?

健康で美しい体を作るために欠かせないのが冷え対策です。誰でも実践できる方法をご紹 …