今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

顔がピクピクするのは顔面けいれんかも!原因や症状、治療法は?

顔面けいれんの原因、症状、治療法などについてご紹介します。
82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s
突然顔がけいれんすることがある、目がピクピクするといった症状に悩んでいるのであれば、顔面けいれんかもしれません。これは「片側顔面けいれん」とも呼ばれるもので、自分で意識しているわけではないものの顔にけいれんが発生する状態のことをいいます。

片側顔面けいれんという呼び名からもわかるように、症状が現れるのは主に顔の片側のみです。ただ、まれに両側にけいれんが発生することもあり、状態が進行してしまうと一日中けいれんが続いてしまうこともあります。

症状としては最初に自覚する方が多いのは目のけいれんです。徐々に範囲が広がっていき、目の周辺、口元もけいれんしてしまうことがあります。

人によってはあごや首筋にまでけいれんが広がってしまうことがあり、大きなストレスにもなってしまうことでしょう。他にも光がまぶしく感じたり、意識していないのに片目を閉じてしまうといった症状もあります。

特に40歳から70歳代の中高齢層の方に顔面けいれんの症状が現れてしまうことが多いのですが、男性よりも女性の方が多いというのも大きな特徴です。

顔面けいれんの原因

主な原因とされているのが、動脈などの脳の血管が顔面神経を圧迫するということです。顔面神経は顔の様々な筋肉に繋がっているのですが、動脈が脳から出たところで接触して圧迫されてしまうと神経は刺激を受けてしまいます。

これが顔面のけいれんに繋がってしまうことがあり、特に動脈硬化のリスクの高い人に症状が起きやすくなってしまうので注意しましょう。例えば、糖尿病や高血圧の方、喫煙をしている方などです。

緊張している時や強く目を閉じた際に口元や目元がピクピクした経験があるという方も多いかもしれません。

緊張なども関わっている場合があるため、顔面けいれんが起きたからといって必ずしもすぐに対策を取らなければならないというわけではないのですが、頻繁に起きる場合には症状が悪化する前に治療を始めた方が良いでしょう。

ケースによっては脳腫瘍や動脈瘤が神経を圧迫したためにけいれんが起きていることもあります。

顔面けいれんの治療法とは

まず大切なのが誘因ともなるストレスや疲労を解消することが大切です。これだけでけいれんが治まったという方も珍しくありません。

体を動かしてストレスを発散したり、疲れている時はしっかり休むなどの対策を取っていきましょう。特に睡眠時間が不足している方は十分な睡眠時間が確保できるようにスケジュールを調整することが大切です。

他に、食生活も改善していきましょう。バランスの良い食生活を送ることが大切なので、普段の食事内容を見直してみると良いですね。

こういった対策を取っても症状が良くならない場合は外科的手術で神経の圧迫解除を行うことになります。他にも投薬治療などもあるので、顔面けいれんに悩まされている方は医師に相談をしてみましょう。

        
        

  関連記事

スーパーフルーツ・アサイーの抗酸化作用でアンチエイジング!

アサイーを手軽に摂るなら粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめ アンチエイジン …

野菜の切り残しで美人になれる!ベジブロスとは?

メリットだらけのベジブロス、試さない理由なんてない!? ベジブロスとは、今まで生 …

「食べる輸血」と呼ばれるほど栄養豊富!ビーツってどんな野菜?

栄養豊富な野菜を取り入れたいならビーツがおすすめ!食べ方は? 健康に良いとして近 …

自分の体温知っていますか?意外にこわい低体温の諸症状

低体温は老化の元! 体を温めるポイント3つ 美容通の友人A「低体温だと早く老ける …

アニスヒソップは咳止めに効果的。疲労回復にも役立つハーブ!

アニスヒソップで喉や胃の調子を整えよう!ハーブの特徴・魅力は? 出典:ハーブティ …

花粉症対策総まとめ。ズルズルグズグズ…症状に悩む前にチェックしよう!

花粉症対策として具体的にどのようなことを行うべきかご紹介します。 花粉症に悩む方 …

魚臭くない!DHA・EPAサプリ「きなり」でイキイキとした毎日を!

その「なんとなくモヤモヤ、パッとしない」は魚不足が原因かも 日頃、なんとなくパッ …

多汗症を自分で改善する方法

多汗症や手汗、わき汗などは夏になると特に気になります、特に女性にとっては重要な問 …

タイムの効果・効能とは?料理・ハーブティーにもおすすめ

高い殺菌効果を持つタイムは薬効ハーブとしても人気! タイムは地中海沿岸を原産地と …

健康な体の3つの土台は自律神経・内分泌ホルモン・免疫

健康でいるために欠かせない3つの土台とは? いくつになっても健康でいたいと思うの …