今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。
7e7f6e3106773cefaee7c316d9f21172_s
コエンザイムQ10といえば、何となく肌にいいものということはわかるものの、具体的になにに含まれているのか、どのような効果があるのかよくわからないという方も多いでしょう。

そこで、コエンザイムQ10の特徴などについてご紹介します。

コエンザイムQ10とは?

そもそもコエンザイムQ10とは何なのかというと、これは主に魚介類や肉類などに含まれている脂溶性の物質です。実は、人間の体内でも合成されている物質なのですが、主に美容分野の中でもアンチエイジングの分野で注目されている物質になります。

人間の体内でも構成されているとはいえ、年齢を重ねるごとに合成量が減り、20歳頃から徐々に失われてしまうのです。特に40代にもなると不足しやすい状態になってしまうため、積極的に外から取り入れることについて考えなければなりません。

コエンザイムQ10は非常に強い抗酸化作用を持っているので、足りなくなってしまうと様々な問題が考えられます。

例えば、心筋梗塞や心不全、高血圧、糖尿病などのリスクが高まるだけでなく、生活習慣病にもなりやすくなってしまうわけです。

また、コエンザイムQ10が不足するとエネルギーの燃焼効率が悪くなり、頑張って運動してもダイエット効果がなかなか得られなかったり、体が冷えやすい状態になってしまいます。

コエンザイムQ10を取るには?

おすすめなのがサプリメントです。確かに魚介類や肉類などにも含まれているのですが、その量は多いとは言えません。コエンザイムQ10を取るためといって肉や魚を食べ過ぎるのも良くないので、サプリメントで効率よく取り入れましょう。

一日に必要な量とされているのは30mgから60mgなのですが、仮にこの量を魚類から摂取しようと思った場合、イワシであれば6匹、牛肉は950gも食べなければなりません。頑張れば何とか食べられるかもしれませんが、こういった食生活を毎日続けていくのはほぼ不可能です。

コエンザイムQ10が摂取できるサプリメントの価格は商品によっても全く違い、1,000円程度で購入できるものもあれば10,000円近くするものもあります。この大きな違いともいえるのが、その商品に含まれているコエンザイムQ10が合成のものか天然のものかということでしょう。

合成素材の方が価格は安いのですが、中には吸収率が低く、摂取してもあまり意味のない商品もあります。そのため、コエンザイムQ10サプリを選ぶ際には吸収を助けるための工夫がされているものを選びましょう。

        
        

  関連記事

桂枝加芍薬湯は繰り返す便秘や下痢に効果的!妊婦さんや胃腸が丈夫でない人でも安心して飲める

出そうで出ない、おなかが張ってつらい…そんな悩みにもおすすめ! おなかが張ったり …

葛根湯加川芎辛夷は鼻の症状によく効くので風邪の時期にオススメ

鼻水・鼻づまりなど、鼻の症状で困っている方にピッタリの漢方です 目次1 鼻水・鼻 …

ルーは殺虫、殺菌作用が強くハエよけ、ネコよけにも効果的!

ネコヨラズとしても知られるハーブ ルーの効果や効能を紹介 ルーとは南ヨーロッパを …

「食べる輸血」と呼ばれるほど栄養豊富!ビーツってどんな野菜?

栄養豊富な野菜を取り入れたいならビーツがおすすめ!食べ方は? 健康に良いとして近 …

フカヒレスープの約18倍のコラーゲン!「すっぽん物語」

痩せたいけど肌もキレイになりたい!そんな女性におすすめのサプリ 年齢を重ねるにつ …

スイカの力でしつこいむくみを解消!スイカプラスについて

スイカプラスはダイエット中の方からも選ばれるむくみ解消サプリメント むくみが気に …

時短でも簡単にできちゃう!塩レモンの作り方・おいしいレシピを紹介します

おいしくて美容にも健康にも効果的! 簡単に作れるのに何にでも使えちゃうと噂の塩レ …

女性は7の倍数に注意!東洋医学が言う女性の体の曲がり角とは?

7の倍数の年齢は美容と健康のトラブルに気を付けよう テレビCMで「女性は7の倍数 …

医食同源!東洋医学的な食事で今すぐ体質改善を始めよう

毎日の生活習慣や食事までトータルで考えて体を改善していく東洋医学。中でも食事は一 …

ベルガモットは風邪の予防や肌トラブルの予防・改善にも

ベルガモットは栽培もしやすく効果・効能もたくさんのハーブ! ベルガモットはアメリ …