今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。
7e7f6e3106773cefaee7c316d9f21172_s
コエンザイムQ10といえば、何となく肌にいいものということはわかるものの、具体的になにに含まれているのか、どのような効果があるのかよくわからないという方も多いでしょう。

そこで、コエンザイムQ10の特徴などについてご紹介します。

コエンザイムQ10とは?

そもそもコエンザイムQ10とは何なのかというと、これは主に魚介類や肉類などに含まれている脂溶性の物質です。実は、人間の体内でも合成されている物質なのですが、主に美容分野の中でもアンチエイジングの分野で注目されている物質になります。

人間の体内でも構成されているとはいえ、年齢を重ねるごとに合成量が減り、20歳頃から徐々に失われてしまうのです。特に40代にもなると不足しやすい状態になってしまうため、積極的に外から取り入れることについて考えなければなりません。

コエンザイムQ10は非常に強い抗酸化作用を持っているので、足りなくなってしまうと様々な問題が考えられます。

例えば、心筋梗塞や心不全、高血圧、糖尿病などのリスクが高まるだけでなく、生活習慣病にもなりやすくなってしまうわけです。

また、コエンザイムQ10が不足するとエネルギーの燃焼効率が悪くなり、頑張って運動してもダイエット効果がなかなか得られなかったり、体が冷えやすい状態になってしまいます。

コエンザイムQ10を取るには?

おすすめなのがサプリメントです。確かに魚介類や肉類などにも含まれているのですが、その量は多いとは言えません。コエンザイムQ10を取るためといって肉や魚を食べ過ぎるのも良くないので、サプリメントで効率よく取り入れましょう。

一日に必要な量とされているのは30mgから60mgなのですが、仮にこの量を魚類から摂取しようと思った場合、イワシであれば6匹、牛肉は950gも食べなければなりません。頑張れば何とか食べられるかもしれませんが、こういった食生活を毎日続けていくのはほぼ不可能です。

コエンザイムQ10が摂取できるサプリメントの価格は商品によっても全く違い、1,000円程度で購入できるものもあれば10,000円近くするものもあります。この大きな違いともいえるのが、その商品に含まれているコエンザイムQ10が合成のものか天然のものかということでしょう。

合成素材の方が価格は安いのですが、中には吸収率が低く、摂取してもあまり意味のない商品もあります。そのため、コエンザイムQ10サプリを選ぶ際には吸収を助けるための工夫がされているものを選びましょう。

        
        

  関連記事

アルカネットは鑑賞や切り花として人気!ポプリもオススメ

食用にはできないアルカネットはどう活用する?特徴は? アルカネットはヨーロッパ・ …

六君子湯は腸の調子が悪く軟便などをどうにかしたい人に試してもらいたい漢方薬!

実は女性特有の冷え性にも効果あり!お通じの悩みも解決してくれる漢方 冷え性、便秘 …

モゾモゾ体操が体液循環を促すと美容と健康にいいって本当?

モゾモゾ体操のやり方とメリットについて みなさんは、「モゾモゾ体操」という言葉を …

早起きを努力ではなく習慣に!光で目覚めるエナジーライトinti(インティ)

専門医もすすめる光の目覚ましでつらい寝起きをスッキリと 朝起きるのがつらい、早く …

これからの時期のマストアイテム!加湿器の種類と選び方をおさらい

加湿器にはいろいろな種類があるので、それぞれの特徴と選び方のポイントをご紹介しま …

麻杏ヨク甘湯はつらい関節痛や神経痛の痛みにおすすめの漢方薬

麻杏ヨク甘湯は、どこの場所の痛みにも高い効果を発揮する漢方薬です。 目次1 麻杏 …

ルテインで濁ってしまった瞳を改善できるって本当?

女性はメイクのために鏡を見ることが多いですが、自分の瞳の状態には気がつかないもの …

不食が体に与える影響とは?覚えておきたいメリット・デメリットとは?

「食べなければ痩せる」それは誰でも知っていますが、この“不食”が体に与える様々な …

桂枝茯苓丸は冷えのぼせや生理痛に悩む女性におすすめ!

皮膚のトラブル改善にも効果が期待できる桂枝茯苓丸とは? 桂枝茯苓丸(ケイシブクリ …

ヨク苡仁湯は慢性的な関節・筋肉の腫れや痛みに効く!余分な水分を取ってむくみをやわらげてくれる

水分の代謝を助けて、熱と痛みを発散!関節リウマチにも処方される漢方 漢方の考え方 …