今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

ゴシゴシしすぎてつらい…花粉で目がかゆい時にまずどうしたらいいの?

我慢できない花粉症による目のかゆみ、どのように対策したら効果的なのでしょうか。
3204070bfba3ac0a2e97b34ea9a42094_s
毎年花粉症に悩まされる人は増えているといいます。これからの時期とても辛い症状に悩まされると考えるととても憂鬱ですよね。特に花粉で目がかゆいのはとても辛いもの。一度かゆみを感じてしまうとどうしても目をこすってしまう悪循環になってしまいます。そこで花粉で目がかゆい場合の対策について調べてみました。

花粉症の主な目の症状

花粉症には鼻水や鼻づまり、くしゃみなどがありますが、目のかゆみもあります。目に現れる症状はかゆみだけではありません。

  • 目のかゆみ
  • 目の充血
  • 目やに
  • 涙目
  • 異物感がある
  • 目に痛みがある
  • まぶたが腫れる
  • 視界が悪くなる

などの症状が現れてきます。

花粉での目のかゆみの原因は?

花粉症では90%以上の人が目のかゆみを訴えるようで、悩んでいる人はとても多いんですよね。花粉が目についてしまうことで免疫反応が起きヒスタミンが出てこの症状が出てくるのです。

まつげについた花粉が大きな原因になります。外出した際にまつげにたくさんの花粉がつくので注意しましょう。

花粉症はどう対処する?

とにかく予防が大切になる花粉による目のかゆみ。以下のポイントに気をつけてみましょう。

できるだけ花粉を避ける

天気が良くて風が強い日は花粉がたくさん飛散します。特に多くの花粉が飛散する昼前から午後3時ごろの時間は外出をなるべく避けましょう。マスクと帽子を着用し、できるだけ花粉を体につけないようにしましょう。服も花粉がつきにくい素材の服を選ぶと効果的です。

メガネを活用する

花粉症用のメガネがとても有効です。隙間からの花粉の侵入を防いでくれるので、目のかゆみを軽減してくれます。コンタクトレンズは使い捨てのものを選ぶようにしましょう。

家に花粉を持ち込まない

家に入るときには、服についた花粉をしっかりはらいおとしてから入りましょう。家の中では窓やドアはきちんと締めましょう。部屋はこまめに掃除するのも効果的です。

目のかゆみはこう対処しよう

かゆみが現れたらまずは次のことを実践しましょう。

目を冷やす

清潔なタオルで冷たいおしぼりを作ってまぶたに置き、冷やしましょう。

目を洗う

目についた花粉を落とすために目を洗いましょう。カップ式の洗浄液の場合は、顔を洗ってから使用した方が皮膚についた花粉を目に入れずに済みます。

点眼薬

病院で処方される点眼薬も効果的です。さらに効果を高める場合には眠くならないような抗ヒスタミンの薬を飲んでみましょう。

できるだけ花粉を取り込まないような生活習慣と、かゆみが出たらすぐに冷やしたり目を洗うなどの対処である程度は症状を軽減することができます。まずはできることから始めてみましょう。

        
        

  関連記事

鼻掃除は定期的にした方がいいのはなぜ?鼻洗浄の方法とは?

みなさんは鼻掃除をどのくらいの頻度で行っていますか?鼻から鼻くそが見えるのは恥ず …

スイカの力でしつこいむくみを解消!スイカプラスについて

スイカプラスはダイエット中の方からも選ばれるむくみ解消サプリメント むくみが気に …

実は超万能!玄米茶の持つ見逃せない美容・健康効果5つ

ダイエットや生活習慣病予防にもおすすめの玄米茶の効果とは? スーパーなど身近なお …

小青竜湯は鼻水の悩み改善に効果的な漢方薬!水っぽい痰や変えの諸症状にも◎

体内での水分バランスを調整!花粉症にも効果的な漢方薬を紹介 小青竜湯(ショウセイ …

血行不良の大きな原因は冷えにあった!血行不良を改善する5つの方法などをご紹介!

健康な体を目指すなら血行不良を改善しよう!具体的な対策は? 体が冷えてしまうと様 …

コラーゲン食品の経口摂取は肌に効果が出ないという真実は本当?

乾燥がきになる季節になると、コラーゲンを補給しないとと思う人も多いですよね。たく …

年齢を重ねてなかなか疲れが取れない…それは老化している証拠

食事量が少なくなってビタミンB1の摂取量が少なくなっているから? 昔は多少徹夜な …

今大注目の布ナプキン、じわじわ人気が広がってきているのはなぜ?

薬に頼らない生理痛対策、布ナプキンのこんな効果! 出典:nunonaの布ナプキン …

呉茱萸湯は手足の冷え改善に効果的な漢方!頭痛にも効果アリ!

頭痛や嘔吐の改善なら呉茱萸湯がオススメ。効果・効能や注意点は? 呉茱萸湯(ゴシュ …

女性が注意したい骨粗鬆症・骨の老化現象の一つ

女性ホルモンの低下が原因だから外部から補充して対策 年齢を重ねていくと、骨は老化 …