今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

副作用のない花粉症対策なら「甜茶(てんちゃ)」が断然おすすめ!

甜茶ポリフェノールがアレルギー症状を緩和、肥満や口臭予防効果も!
33e45741d7f0c9ee483606f2f3d8055a_s
くしゃみ、目や鼻のかゆみ、鼻水や鼻づまり・・・花粉症人口はいまだ年々増加傾向にあります。スギ花粉症だけでも推定3,000万人以上、国民の4人に1人といわれています。

花粉症対策に効果があり年齢を問わず愛用者が多いのが、中国茶の「甜茶」です。中国では旧正月など「祝い事で飲むお茶」として古くから親しまれていましたが、近年甜茶にアレルギー抑制作用があることがわかり、花粉症対策の強い味方として日本でも愛用者が増えています。

花粉症の復習

ご存知の方も多いと思いますが、花粉症はスギやヒノキなどの花粉を吸い込むことで起こるアレルギー反応です。症状には個人差もありますが、くしゃみ、鼻みず・鼻づまり、目のかゆみ・充血、流涙のどの痛み、頭痛、倦怠感が代表的です。

アレルギー反応は、免疫物質である「抗体」が体内に侵入してきた異物の働きを阻止しようとして起こる、一種の過剰防衛です。花粉症の場合、辛いクシャミや鼻水は免疫機能によって放出された科学物質「ヒスタミン」が、神経や粘膜、血管を刺激するために起こります。

花粉症になる背景には、花粉そのものの増加や飛散の仕方、吸い込む量、体内での蓄積量だけでなく、内蔵機能の低下や自律神経の乱れ、免疫力の低下、IgE抗体を作りやすい身体環境などさまざまな要因があり複合化しています。そのためいつ発症するかがわからず、また家族でも発症する人としない人がいます。症状の重さも異なります。

花粉症に甜茶が効くのはなぜ?

甜茶は中国南部の桂林奥地にしか自生しないといわれている植物から作るお茶で文字通り甘いのが特徴です。甜茶には4つの種類があり、花粉症に効くのはバラ科の「甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)」を材料としたものです。

バラ科の甜茶は中国では健康茶として5000年にわたって飲み続けられてきた実績があり、非常に貴重なお茶として以前は国外への持ち出しが禁止されていました。

このバラ科甜茶だけに含まれる「甜茶ポリフェノール」は「ヒスタミン」の分泌を抑えるのに効果があることが、長年の研究と実験で実証されています。「ヒスタミン」が抑制されるのでアレルギー症状が緩和されるわけです。花粉症対策として市販されている甜茶は基本このバラ科の甜茶です(中にはまがい物もあるので必ずお茶の種類を確認してくださいね)。

甜茶は花粉症だけでなく、アレルギー性鼻炎やハウスダストによるアレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息やじんましんにも有効だといわれています。また、肥満や虫歯・口臭予防などにも効果があるとされています。

天然成分なので、幼児から高齢者まで幅広く利用することができます。市販の花粉症の薬でよく聞かれる眠気や、めまい、動悸などの副作用がないのも安心ですね。

甜茶の摂取方法

甜茶は花粉が飛ぶ2週間以上前から飲む方が効果的です。もちろん花粉症の症状が出てからでも効果はあるので、飲み続けることが大切です。ここでは一般的な摂取方法を記載しておきます。

やかんで煮出す

甜茶1パックに対し、500ccくらいの沸騰したお湯にいれて3~5分ほど煮出します。煮出すことで甜茶ポリフェノールを十分に抽出します。長時間煮出すほうが効果的です。 その後お湯や水などで好きな濃さに薄めてお飲み下さい。

甜茶ポリフェノールの血中濃度を常にキープするために、朝、昼、晩と最低3回に分けて飲むことが推奨されています。カロリーはほとんどないので水代わりに飲んでもOKです。

マグカップで煎れる

急ぎの時にはティーバックを2個、マグカップなどに入れて直接熱湯を注ぐ方法もあります。煮出すより濃度は薄めになりますが、手軽に飲むのにはよいですね。

サプリメントで摂取する

忙しくて毎日お茶を煮出すのは面倒、という方や甜茶の味が苦手という方には、甜茶のサプリメントもあるのでそれを利用するのもよいかも。どこでも飲めるのもgood!

成分に関しては製品によっても異なるので、それぞれの飲み方をきちんと守って摂取してくださいね。

        
        

  関連記事

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。 コエンザイムQ …

50代以降は気をつけたい動脈硬化、物忘れ、ロコモティブシンドローム

アンチエイジングドックを活用して、「老化度」と「老化危険因子」をチェック! 人生 …

レモンバームはハーブティーや料理の香りづけで活躍!健康維持にも。

使い道が多く効果・効能も豊富!優秀なハーブ レモンバーム レモンバームはヨーロッ …

美人がハマる”H”とは!?

美人に欠かせないと話題になっている“H”。 一瞬どきっとしてしまうけれど、実はそ …

排尿トラブルの改善に効果的な漢方薬 八味地黄丸の効果・効能

下半身の悩みに効果アリ!頻尿異状改善や四肢の冷え改善にもおすすめ 八味地黄丸(ハ …

健康な体の3つの土台は自律神経・内分泌ホルモン・免疫

健康でいるために欠かせない3つの土台とは? いくつになっても健康でいたいと思うの …

塩分過多によるむくみが気になる人はきゅきゅっと小町を試してみよう

体の中の巡りを良くしたいと思っているのであればきゅきゅっと小町が効果的です 出典 …

便秘薬やヨーグルトが原因かも!便秘の意外な理由って?

つらい便秘、その原因ってもしかして? 肌荒れや吹き出物の原因のひとつに、便秘があ …

「何もしていないのに疲れてる」は病気!?慢性疲労症候群とは!

慢性疲労症候群の症状や原因、治療法についてお話しします。 「何にもしていないのに …

BABY葉酸は美容成分&健康成分も多数配合!妊活中・妊娠中に

ベビ待ち・妊娠中に飲みたいBABY葉酸の特徴・成分とは? 妊娠中は赤ちゃんに栄養 …