今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

美人や幸せの元って本当?女性ホルモンの役割や増やし方

女性ホルモンについて正しい知識を身に付けよう
556cbb143ef44210f235072f189cd1c4_s
「恋をすると増える」「美人の元」などと言われる女性ホルモン。増えると美容にも生活にも良いことがあるというのはぼんやりわかっていても、どんな役割があるのかはあまりよくわからないという方も多いですよね。ここでは女性ホルモンの持つ役割と、女性ホルモンを増やす方法について詳しくご紹介します。

女性ホルモンって何?

そもそも女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンのこと。「卵巣ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つがあり、生理周期や妊娠・出産によってそれぞれの分泌量が増えたり減ったりしています。女性ホルモンは初潮から徐々に分泌量が増え始め、30歳が分泌量のピークになります。その後、徐々に分泌が減り、40~50代で閉経していきます。

エストロゲンの働き

  • 女性らしい体を作る(胸やお尻の丸み、ウエストのくびれなど)
  • 肌や髪にツヤを与え綺麗に保つ
  • 排卵や受精卵の着床を促す

エストロゲンはバストアップや美肌効果があることから、バストアップサプリや美容効果をうたった健康食品に配合されることも多いです。

プロゲステロンの働き

  • 妊娠(受精)しやすい状態を保つ
  • 健康な赤ちゃんが育つようにサポートする

妊娠の準備をするエストロゲンに対して、プロゲステロンは妊娠を継続させる役割をする面が大きいです。妊娠を待ち望む方には欠かせない役割ですよね。しかし、プロゲステロンの働きはこれだけではなく、

  • 水分をためこみ、便秘やむくみを引き起こす
  • 乳腺を発達させ、胸のハリや痛みを感じる

などの不快な症状も伴います。また、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増減する時に上手くバランスが取れないと、自律神経にも悪影響がありイライラや不安など気持ちが不安定になりやすくなります。

両方のバランスが取れているのが理想

女性ホルモンを増やすなどとうたったサプリメントなどでは美容効果の高いエストロゲンに作用する成分を中心に配合されています。しかし、プロゲステロンが足りないとエストロゲンの分泌が減ってしまうため、どちらもバランスよく増やすことが大切です。

バランスが崩れると自律神経やセロトニンにも影響し、心や体の調子がおかしくなってしまうので、エストロゲンばかりに偏らないようにしましょう。

女性ホルモンは食べて増えるもの?

女性ホルモンのエストロゲンを増やす方法として代表的なのが「食べ物」です。大豆イソフラボンで女性ホルモンが増えるという話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか?実は女性ホルモンは体内で合成することしかできず、厳密に言うと女性ホルモンが含まれる食べ物はありません。

食べ物に含まれているのは女性ホルモンとよく似た働き(女性ホルモン様作用)をする植物性エストロゲンや、女性ホルモンの分泌をサポートするものとなります。女性ホルモンを食べて増やすというよりは、女性ホルモンの働きや分泌を助けてくれる食べ物を摂ることでバランスを整えていくというイメージが正しいです。

女性ホルモンを増やす、安定させるためには、以下のような食べ物や栄養素を意識的に摂るようにしてみましょう。

大豆イソフラボン

大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンとよく似ており、エストロゲンの働きをサポートしてくれます。

納豆、豆乳、豆腐、味噌など。

レソルシル酸ラクトン類

女性ホルモンのバランスを整え、生理不順や更年期などホルモンバランスの乱れからくるさまざまな症状を予防・緩和します。

黒ごま、白ごま、小麦、スナップエンドウなど。

ビタミンE

高い抗酸化作用によって細胞の老化を防ぎ、女性ホルモンの分泌を促進します。

アボカド、カボチャ、ナッツ類(アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツなど)

ボロン

ミネラルの1種で、エストロゲンの分泌を高める働きをします。バストアップサプリに含まれることも多いです。

キャベツ、りんご、なし、ひじき、蜂蜜など。

亜鉛

必須ミネラルの1つで、細胞分裂をサポートする働きがあり、女性ホルモンの分泌を促してくれます。
牛肉(もも肉)、レバー(豚、鶏)、チーズ、牡蠣など。

サプリメントの注意点

女性ホルモンをサポートしたりエストロゲンを増やしてくれる、

  • プエラリアミリフィカ
  • ブラックコホシュ
  • レッドクローバー
  • 大豆イソフラボン

などを含むサプリメントは、エストロゲンの過剰摂取になる可能性があります。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのバランスが取れていることが大切。エストロゲンを取りすぎるとかえって体調を崩すこともあるのでサプリメントの摂取には気を付けましょう。

不妊治療な低用量ピルの処方を受けている方、または妊娠予定や妊娠中には摂取できないものもあります。飲み始める前には医師や薬剤師を相談することをおすすめします。

女性ホルモンは妊娠・出産だけでなく、女性らしい美しさをキープするためにも欠かせない存在です。健康のためにも美容のためにも、女性ホルモンが増えるような食生活を意識してみてはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

突然やって来るあのズキズキ・ガンガンからの解放!新習慣サプリ「ズキラック」

8種類の自然系素材でズキズキをスッキリ!薬に頼らない毎日へ 気圧の変化やホルモン …

新聞や本を遠くに離さないと見えない…これは視力低下のサイン

ブルーベリーが目に良い理由はアントシアニンにあり 新聞や本を読むときに反り返るよ …

早起きが美女のもと!毎日を充実させるメリットを紹介!

早起きがもたらす5つのメリット、早起きしたら身に付けたいルーティン、また、早く起 …

消風散は肌トラブルに働きかける漢方薬!気になる他の効能や飲む際の注意点とは?

皮膚炎、蕁麻疹、あせもにも効果アリ!消風散についてチェック 消風散(ショウフウサ …

スーパーフルーツ・アサイーの抗酸化作用でアンチエイジング!

アサイーを手軽に摂るなら粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめ アンチエイジン …

その乾燥、食生活が原因かも?食事でできる乾燥対策

冬場に急増する全身乾燥トラブルを、食事で防ごう! 寒くなってくると乾燥肌が気にな …

ローリエは月桂樹とも呼ばれれて料理で大活躍!その他の働きは?

ローリエには食欲増進効果やリラックス効果も!栽培方法もチェック ローリエは南ヨー …

眠くならないためのポイント!食事のとり方やツボ押し方法紹介!

眠くなると困る時にはどんな対策をとればいい?眠くなる薬や対策も紹介! 仕事中眠く …

コラーゲン食品の経口摂取は肌に効果が出ないという真実は本当?

乾燥がきになる季節になると、コラーゲンを補給しないとと思う人も多いですよね。たく …

できた傷あとを治すことはできる?その治癒方法とは?

ケガや手術をすると、傷あとができてしまうものです。また蚊に刺された部分をかいたこ …