今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

大豆イソフラボンが有害!?豆乳の飲みすぎは健康に悪いのは本当?

女性ホルモンに良い大豆イソフラボンの正しい摂取量とは?
030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s
ダイエットや美肌など色々な美容効果があることで大ブームを引き起こした大豆イソフラボンですが、摂り過ぎるとかえって健康や美容に悪影響が出てしまうことは知っていますか?

大豆イソフラボンはその名の通り、大豆を原料とした豆腐や豆乳などから手軽に摂取することができます。美容に良いと聞いて積極的に豆乳を飲んでいる方も多いですよね。キレイになるはずの大豆イソフラボンに指摘されている問題とは一体何なのでしょうか?大豆イソフラボンの健康への影響について、詳しく見ていきましょう。

そもそも大豆イソフラボンの効果とは?

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つ「エストロゲン」とよく似た働きをする女性ホルモン様作用という働きがあります。
エストロゲンには

  • 肌や髪をキレイにする
  • 女性らしいスタイルにする(バストアップ、ウエストのくびれなど)
  • 精神を安定し、笑顔が増える

などの美容効果があり、これと似た働きの大豆イソフラボンを摂ることでエストロゲンの美容効果をサポートできるというのが大豆イソフラボンを取るとキレイになれる・痩せられるとされている理由です。さらに、大豆にはサポニンやビタミンEなどの抗酸化物質が含まれ、肌や体のアンチエイジングもしてくれるのです。高タンパク低脂質でダイエット中の女性でもカロリーや脂質を気にせず摂れるのも女性にとってはうれしいポイントですよね。

大豆イソフラボンの問題点とは?

良いことばかりのように見える大豆イソフラボンですが、摂り過ぎると女性ホルモンのバランスが崩れてさまざまなトラブルが起こることが指摘されています。

エストロゲンばかり摂取するのが問題

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つ「エストロゲン」の作用しかしません。もう1つの女性ホルモン「プロゲステロン」の作用はしてくれません。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのバランスが取れていることが大切。エストロゲン様作用をする大豆イソフラボンばかり摂取していると、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

  • 月経不順(生理が来ない、遅れる、長引くなど)
  • 子宮内膜症のリスクが上がる
  • 乳がん発症の確率が高くなる可能性

こういった体調への影響が報告されています。

また、動物実験では大豆イソフラボンを過剰摂取することで生殖機能にトラブルがあったと報告があり、人でも同じことが起こるのではないか?という懸念も生まれています。大豆イソフラボンについてはまだまだ研究中で、有効性と安全性の議論が繰り返されている状態です。

大豆イソフラボンの摂取上限

大豆イソフラボンの摂取上限は、1日あたり70~75㎎までとされています。ただしこれは食品から摂取する場合です。サプリメントなど人工的な濃縮をしたものから大豆イソフラボンを摂取する時は、1日30㎎が上限と決められています。

この30㎎という数字も、特定保健用食品に対してなので、その他のサプリメントから摂取する場合は気を付けましょう。不安があるならお医者さんへ相談し、体調の様子を見ながらサプリメントなどを利用するようにしてみてください。

普段の食事で過剰摂取している可能性は?

大豆イソフラボンは摂取が難しい物質ではなく、大豆製品にはたくさん含まれていることがわかっています。主な大豆食品をどれくら摂ると摂取上限の75㎎になるのかは、以下の通りです。

  • 豆腐 1丁
  • 納豆 1パック
  • 豆乳 400g
  • きな粉 大さじ1杯

こうして見ると、意外と毎日の食事の中で大豆イソフラボンをしっかり摂取できていそうですよね。この他に味噌やしょう油などが入るとあっと言う間に摂取上限を超えてしまいそうです。「もしかして、大豆イソフラボンを摂り過ぎているんじゃないかしら?」と不安になりますが、食事から摂取する場合には過剰吸収されないように働くため特に問題はないそうです。

日本人は昔から大豆製品をよく食べてきたけれど、欧米に比べて乳がんの発症率が低いことからも、毎日の食事から摂取する分には心配ないとされています。

大豆イソフラボンを上手に付きあっていくには?

大豆イソフラボンを摂取する場合、サプリメントなどの濃縮物はどれくらい大豆イソフラボンが含まれているのかきちんと確認しましょう。

また、食事から摂取する場合にはそれほど心配はいりませんが、大豆製品ばかり摂るような極端なやり方はいけません。なるべく全体的な栄養バランスを重視し、その上で納豆や豆腐などの大豆食品を食事に組みこむことが大豆イソフラボンとの上手な付き合い方です。

エストロゲンやプロゲステロンは食事から吸収した栄養素を元に体内で合成する物質です。また、私たち日本人の食生活には大豆製品があちこちで使われています。偏った食事をするのではなくバランスの取れた食生活を心がけ、ほんの少し大豆製品を意識してみるくらいがちょうどいいのかもしれませんね

        
        

  関連記事

本当はコワイ「プチうつ」、自分でできる予防策を!

体が重い、だるい、10時間以上寝てしまう、キレやすい、それって「プチうつ」かも …

【保存版】遺伝子検査を自宅で!ネットから申し込める遺伝子検査キットって何?

自宅で手軽にできる遺伝子検査が人気!病気のリスクや生活習慣の見直しポイントがわか …

体のアンチエイジング対策はまず眠りから

眠りの質を高めて健康的に過ごそう! 体のアンチエイジングを考える時、必ずあげられ …

消風散は肌トラブルに働きかける漢方薬!気になる他の効能や飲む際の注意点とは?

皮膚炎、蕁麻疹、あせもにも効果アリ!消風散についてチェック 消風散(ショウフウサ …

氷を食べるのがやめられない氷食症、実は貧血?

妊娠中や授乳中は特に要注意、もしかして?と思ったら血液検査を! 「氷食症(ひょう …

オラック値(ORAC値)が高い食品はアンチエイジングできる?健康効果の有無を調査!

アメリカ発祥で日本でもじわじわと広がっている「オラック値(ORAC値)」というも …

ハイビスカスは美容効果も高いハーブ!効果・効能を紹介

花がかわいいハイビスカスもハーブ!栽培の注意点は? ハイビスカスはアフリカを原産 …

ざくろで美味しく楽しく簡単アンチエイジング!

ざくろで女子力大幅アップ!女性らしい美肌・身体作りを ルビーのようにきらめく小さ …

黄連解毒湯でのぼせ・ほてり改善!繰り返す口内炎対策にもおすすめ

更年期障害にも効果的な黄連解毒湯とはどんな漢方薬? 黄連解毒湯(オウレンゲドクト …

四物湯は女性にやさしい効能たくさん!月経トラブルのほか、乾燥による肌荒れや冷え性も改善してくれる

身体の丈夫でない人でもOK!血のめぐりが原因の不調、貧血にも効果あり 四物湯はお …