今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

実は超万能!玄米茶の持つ見逃せない美容・健康効果5つ

ダイエットや生活習慣病予防にもおすすめの玄米茶の効果とは?
c47bf48a2b32ff432e31525ae8734462_s
スーパーなど身近なお店に置いてあり、お値段もリーズナブルな玄米茶には、実はさまざまな注目すべき効果があります。今回は身近すぎてあまり注目されることのない玄米茶の持つさまざまな美容・健康効果を詳しくご紹介します。

栄養満点!玄米茶の持つ栄養素とは?

ビタミンE

細胞の老化の原因となる酸化を防止する働きがあり、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。肌のシワやたるみを予防する他、内臓や関節の老化を防いでいつまでの元気で若々しくいさせてくれます。また、血行促進効果があり、血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、肌の血色をよくする効果もあります。

ビタミンC

ビタミンEと同じく抗酸化作用で知られるビタミンです。メラニンの生成を防いでシミを予防したり、炎症を抑える働きによってニキビや肌荒れを早く直してくれるという効果もあります。また、肌の弾力や水分量を保つために欠かせないコラーゲンはビタミンCとタンパク質からできており、ビタミンCを摂ることで間接的にコラーゲン量を増やすことも可能です。

ビタミンB群

ビタミンB群は細胞の新陳代謝や基礎代謝を高める働きをします。エネルギ―をたくさん生み出して脂肪の燃焼を助け、細胞の代謝をよくすることで疲労回復や肌の老化や肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

食物繊維

玄米茶には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、便秘解消をサポートしてくれます。

カテキン

カテキンは抗酸化作用を持つポリフェノールの一つ。細胞の老化を防いでくれます。血糖値の上昇を防ぎ糖尿病などの生活習慣病を予防したり、太りにくくする得ダイエット効果も期待できます。また、カテキンには高い抗菌・殺菌効果があり、細菌の繁殖を抑えることで風邪や口臭を予防してくれます。

テアニン

テアニンは神経伝達物質のドーパミンやセロトニンに作用し、ストレスを緩和して心身をリラックスさせます。また、こういった作用から、月経前症候群(PMS)によるむくみやイライラなどの不快な症状や、更年期障害の動悸やのぼせにも改善効果が報告されています。さらに、ラットを使った実験で高血圧予防効果が確認されており、高血圧の予防と改善にも効果が期待できます。

フィチン

フィチンは体内にたまってしまった水銀や鉛、残留農薬といった有害物質とくっつき、一緒に体外に排出する働きをします。

γ(ガンマ)オリザノール

血行促進やコレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化や高脂血症を防ぎ生活習慣病を予防します。また、自律神経の働きをサポートしバランスを整え、ストレスからくる精神不安定や生活リズムの乱れを予防・緩和してくれます。最近では老人性認知症の治療にも使われており、認知症の予防や緩和にも効果が期待できます。

GABA(ギャバ)

中性脂肪やコレステロールの値を下げる働きがあり、肥満、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣を予防します。また、ギャバはセロトニンと似た働きをし、イライラや興奮を鎮めてストレスを緩和し、リラックス状態にするという効果もあります。ストレスがたまると精神的に不安定になったり体調にも影響するので、日ごろストレスを感じる瞬間が多い方にとってギャバは欠かせない栄養素の一つです。

玄米茶に期待できる5つの美容・健康効果

アンチエイジング効果

アンチエイジングを日本語にすると抗老化になり、衰えない体を作るということです。玄米茶には細胞の老化を防ぐ抗酸化物質が豊富に含まれ、体の中から肌や内臓の老化を防いでくれるのです。

ダイエット効果

玄米茶には脂肪燃焼をサポートするビタミンB群や、血糖値やコレステロールの予防するカテキンやテアニンなどの栄養素が含まれています。
また、食物繊維も豊富に含み、便秘による下腹部のぽっこりも解消してくれます。

ストレス緩和効果

ストレスに作用するGABA(ギャバ)やγ(ガンマ)オリザノールによって、ストレスによるイライラや不安を緩和してリラックスさせてくれます。

生活習慣病の予防

抗酸化作用によって血管の強度や内臓の働きをサポート、γ(ガンマ)オリザノールやGABA(ギャバ)などがコレステロール値を下げて生活習慣病を防ぎます。

風邪や食中毒の予防

カテキンの抗菌・殺菌効果は、ウイルスや細菌の繁殖を防いで風邪や食中毒を予防してくれます。

玄米茶は子供や妊婦でも飲めるお茶

色々とうれしい効果がある玄米茶ですが、小さなお子さんや妊娠中のプレママにとって気になるのが「カフェイン」ですよね。玄米茶は緑茶の一種で、蒸してから炒った玄米と番茶または煎茶をブレンドしたお茶のことです。基本的にお茶にはカフェインが含まれており、玄米茶にもカフェインが入っています。

しかし、玄米茶のカフェイン量はコーヒーの30分の1ほどと、ごくごく少ない量です。この程度の量なら小さなお子さんや妊婦さんでも安心して飲むことができます。手軽に安く購入できる玄米茶で、健康や美容のサポートをしてみるのはいかがでしょうか?

        
        

  関連記事

食事摂取基準からコレステロールの基準を撤廃?もう食事制限は必要ないの?

コレステロールって何?コントロールするためにはどうすればいいのでしょう? アンチ …

頑固な便秘にもおすすめ!「カイテキオリゴ」で善玉菌を活性化させてスッキリ

善玉菌を活性化させて腸内環境を整えるオリゴ糖で便秘解消! さまざまな調査を見ると …

関節痛は血流の悪さが原因かも…血行不良改善におすすめの栄養素などを紹介!

血行不良が関節痛に繋がってしまう場合も。症状や対策をご紹介します。 関節痛が起き …

見た目も痛みも辛くてイヤな外反母趾にならないために実践すべきこととは?

外反母趾の正しい知識を学ぼう 今日は歩きすぎたから痛いのかしら、そう軽く思ってい …

女性の気になる症状をカバーしてくれる精油のパワーとは? 

効果効能を知って、上手に活用しましょう。 アロマテラピーには、精油を用いています …

黒砂糖で腎機能がパワーアップする!「沈黙の臓器」と言われる腎臓を労わろう

食べ過ぎると胃の心配をしたり、お酒を飲みすぎると肝臓の心配をする方はたくさんいま …

遺伝子が太る理由や痩せる方法を教えてくれる!簡易遺伝子検査キット「遺伝子博士」とは?

遺伝子情報をもとにしたダイエット!遺伝子博士の気になる値段やわかることとは? ▼ …

ブルーライトとは?良くない理由と対策について

目に良くないとされているブルーライトについてご紹介します。 ブルーライトとは目に …

レモンバーベナはポプリやハーブティーにオススメ!美容効果も。

香りがよく、料理の香りづけとしても大活躍のハーブ レモンバーベナ レモンバーベナ …

使われているのはあの染料?!珍しいけど優秀な成分が豊富な「藍の青汁」って?

染料として有名な”藍”を使った新しい青汁。その味や効果について詳しくご紹介 健康 …