今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

アンチエイジングに注目の新成分、アロエステロールがすごい!

お肌を若々しく保つために是非とも取り入れておきたい成分、アロエステロールをご紹介。
180fcbb5053eeec263846e1bc3ec6510_s
日々、年齢を重ねていく私たち。年齢によるお肌の乱れなどが気になってきた場合、やはりアンチエイジングを考えますよね。もちろん早くから始めておいたほうがいいアンチエイジングですが、ここで注目したいのがアロエステロールなんです。

アロエステロールとは一体何?

アロエステロールとは、森永乳業が発見した植物生まれの新美容食品成分です。特許を取得している今注目の成分なのです。

アロエステロールは、アロエベラの歯肉の部分にふくまれている5つの植物ステロールの総称です。コレステロールの吸収を抑えたり、血液の中の悪玉コレステロールの割合を下げてくれる働きがあると言われていて、特定保健用食品にも使用されています。

アロエステロールはその植物ステロールの一種ですが、体に取り込まれた後には他の植物ステロールとは異なった働きをするのです。抗肥満効果や抗糖尿病効果、美肌効果、さらに肌状態の改善や体脂肪の蓄積を予防するなどの用途特許を取得するなど、アンチエイジングに大注目となっているのです。

加齢による肌の老化の仕組みを知ろう

年齢を重ねるにつれて、コラーゲンとヒアルロン酸が減少してしてきます。それらを生成している繊維芽細胞の機能は低下して、数も少なくなってきます。細胞の年齢も上がるのでコラーゲンを引っ張る力も衰えてしまいます。その結果としてお肌にシワができたり、たるみが現れたりするんですね。

そしてもう一つの大きな原因が紫外線です。紫外線による酸化ストレスによってコラーゲン、ヒアルロン酸は分解されてしまいます。美肌を保つコラーゲンとヒアルロン酸が減少すれば、やはりお肌の老化が進んでしまうのです。

アロエステロールで内側からアンチエイジング

お肌の老化の仕組みを知ったら、次はアロエステロールがいかにアンチエイジングに働くのか見ていきましょう。

食べて真皮へ吸収

口から摂取したアロエステロールはリンパ液に吸収され、一度小腸で吸収された後に肝臓に取り込まれます。肝臓からお肌を含めた各組織へ運ばれていきます。

コラーゲンとヒアルロン酸の産生を促す

体内の組織に運び込まれたアロエステールは、コラーゲンとヒアルロン酸の生成を促進していきます。コラーゲンはなんと約2倍、ヒアルロン酸は約1.5倍の産生量を実証しています。

肌を内側から再生する

体の内側から皮膚の真皮に到達するアロエステール。絵k商品による外側からのお肌のケアだけではなく、食べて体の内側から美肌効果、アンチエイジング効果を得ることができるのです。

アロエステロールにはたくさんの美肌効果があり、主なものは以下の通り。

  • 保湿、シワ改善効果
  • かさつき予防効果
  • シワ予防効果
  • ゴワつき、くすみの抑制効果
  • たるみ改善効果

こんなに素晴らしい効果が認められているアロエステロール、アンチエイジングにうまく取り入れて若々しいお肌をキープしておきたいですよね。

        
        

  関連記事

多くの女性を悩ませている「春の4K」とは?

春に注意しておきたい春の4Kについてご紹介します。 春の4Kというものについてご …

氷を食べるのがやめられない氷食症、実は貧血?

妊娠中や授乳中は特に要注意、もしかして?と思ったら血液検査を! 「氷食症(ひょう …

お腹がパンパンになるのはガスだまりが原因かも!?その改善方法とは?

何だかお腹が張るなと感じたことがあるひとは、きっと予想以上に多いはずです。そうし …

病気予防の最先端!遺伝子検査“MYCODE(マイコード)”のススメ

遺伝子検査で、自分のかかりやすい病気や体質を知ろう! がんや生活習慣病などなど… …

レモンバーベナはポプリやハーブティーにオススメ!美容効果も。

香りがよく、料理の香りづけとしても大活躍のハーブ レモンバーベナ レモンバーベナ …

猪苓湯は排尿で悩みを抱える人に朗報!頻尿や残尿感に悩んでいる人おすすめ

排尿に対して不安を抱えてる人に、特に効果的 最近、残尿感や排尿時に痛み、頻尿感や …

ハイビスカスは美容効果も高いハーブ!効果・効能を紹介

花がかわいいハイビスカスもハーブ!栽培の注意点は? ハイビスカスはアフリカを原産 …

美容成分、コエンザイムQ10ってなに?効果や取り入れ方のまとめ

コエンザイムQ10についてチェックしたいポイントをご紹介します。 コエンザイムQ …

血管の若返りで若見え効果を狙う

血管年齢を若返らせることでできるいろいろ凄いアンチエイジング 最近、「血管年齢」 …

猫背や悪い姿勢で引き起こされる影響はあるの?それを改善する方法は?

猫背を改善するストレッチを習慣にしよう! 外出先で、猫背のひとを見る機会が多いと …