今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

子宮頸がんは、唯一【予防できるガン】です!正しい知識で食い止めよう

子宮頸がんの基礎知識や、予防の方法についてわかりやすく紹介します。
0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s
日本人の国民病としてもメジャーな「がん」は、近年、患者の若年化が進んでいる事でも深刻視されています。

中でも、かつては40代から50代に発症が多く見られていた「子宮頸がん」については、今や20・30代の方にも珍しくない時代になってしましました。

国内では、1日に10人もの女性たちが子宮頸がんによって命を落としているというデータも存在しています。

子宮頸がんは、その名の通り赤ちゃんを育む特別な器官である「子宮」が侵される病。女性自身の命を脅かす事はもちろん、妊娠や出産という人生の一大イベントまでも大きく左右させる上に、「いつ発症してもおかしくはない」というリスクをはらんだ恐ろしい病気です。

しかし、数ある「がん」の中でも、子宮頸がんは唯一明確な原因が明らかになっている事でも知られています。

つまり、自身が気をつける事によって、子宮頸がんの発症を食い止める事は可能だという事。この事実をきちんと把握するだけで、あなたの人生が子宮頸がんに関わってしまう可能性を大幅にダウンさせる事ができるでしょう。

ここでは、子宮頸がんという病気の基礎知識と、その予防方法についてわかりやすく紹介します。

女性の人生設計に欠かす事のできない重要な器官を、正しい知識と対策で守ってください。

子宮頸がんとは…

子宮頸がんとは、ネーミングの通り「子宮頸部」と呼ばれる部分に発症する「がん」の事を指します。

女性特有のがんの中でも、乳がんに次いで発症率が高く、1年に1万5千人もの女性が子宮頸がんを発症し、そのうち3500人ほどの方々が命を落としていると言われています。

「子宮頸部」ってどの部分?

子宮頸部とは、簡単に言えば“子宮の入り口付近”のこと。

子宮は、西洋梨を逆さにしたような形状をしており、外子宮口(下(膣の方向)部分に開いた子宮の入り口)に接し細くなった部分を「子宮頸部(内腔)」といいます。

子宮頸がんの症状について(初期のもの)

子宮頸がんは発症から症状の現れまでに時間がかかる病気で、初期段階ではほとんど自覚できる症状がありません。

とはいえ、「まったく症状がないのか」と言えば、答えはNO。一刻も早く体の変化を察知できるよう、代表的な初期症状はおさえておきましょう。

もしも、以下のような症状が起こっている場合や、なんらかの変化・異常がある時には、早めに病院で診察をうけてください。

  • 生理ではないのに、出血がある
  • 性交した際、あるいは後に出血がある
  • おりものがいつもと違う(量が増えた、色が変わった、嫌なニオイがある など)
  • 下腹部が痛む
  • スムーズな排便や排尿が難しくなった
  • 血尿や血便がある
  • 悪寒や発熱がある

など…

唯一予防が可能ながん「子宮頸がん」

上記でも触れた通り、子宮頸がんは、がんの中でも唯一原因が明確になっている存在です。

さらに、その「原因」から、予防する方法も明らかになっています。

子宮頸がんの原因は、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」

子宮頸がんに罹患した方の9割以上から、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスが見つかっています。

HPV自体はとてもありふれた存在で、性行為や肌同士の接触により、実に8割もの女性たちがHPVに感染した経験を持っていると言われているほど。

通常であれば、HPVに感染したとしても免疫の働きによって体外へ排除されます。ところが、稀にウイルスがうまく排除されず、長期間にわたり感染し続けてしまうケースがあります。

長らく(数年ほど)HPVが体内にとどまるうちに、感染した場所の細胞はがんへと進行。これが子宮頸がんの正体で、HPVに感染した女性のうち、およそ0.1%の方々が子宮頸がんになると推測されています。

子宮頸がんにならないために…

誰にでも起こりうるHPVへの感染。その後、持続感染を経て、子宮頸がんへと進行が進むまでには、5年から10年ほどの時間があります。重要なのは、この猶予のうちに「がんのもと」を発見し、早期の段階で進行を食い止める事。

子宮頸がん検診の受診によって、子宮頸がんによる死亡率をダウンさせる事ができると認められています。成人女性は、2年に1度の検診を受診しましょう。

ワクチン

子宮頸がんの原因となるHPVは、感染症を予防するワクチンも存在しています。

「性交を経験する前に…」という事から、10歳以上から接種することが可能です。もちろん、性交を経験した後でも受けることができます。

副作用について問題視する声も少なくはありませんが、他のワクチンにも副作用(痛み、腫れ、発疹、発熱、食欲不振、倦怠感、失神 など)のリスクは存在しています。心配がある場合は、医師へ相談して納得のいく判断を行ってください。

また、「ワクチンを受ければ、絶対に子宮頸がんにはならない!」とは限りません。接種後も定期的に検診を受けましょう

        
        

  関連記事

かわいい花も魅力のハーブ!ハーツイーズの栽培方法や注意点は?

ハーツイーズは咳止めや不眠症の改善、むくみの予防・解消にも! ハーツイーズとはヨ …

ボリジは健康や美容にも効果的なハーブ!風邪の初期症状にも。

ボリジはむくみの解消や美肌作りにも効果的!育てやすいのも魅力 ボリジとは地中海沿 …

イタリアンパセリは優秀!美肌効果も高く女性にオススメ!

イタリアンパセリはアンチエイジングにも役立つハーブ! イタリアンパセリといえば日 …

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは? 何となく顔色が悪く黄色っぽい、 …

お腹がパンパンになるのはガスだまりが原因かも!?その改善方法とは?

何だかお腹が張るなと感じたことがあるひとは、きっと予想以上に多いはずです。そうし …

かぼちゃがインナービューティーに役立つ!乾燥&冷え性改善にも

かぼちゃといえば、食卓で定番の野菜ですよね。彩りも良く、煮物やスープで活用してい …

食後の飲み物が実は貧血を招いているのかも?

貧血改善に食事を気をつけている人も多いのですが、実は飲み物にも注意が必要です。 …

平胃散は代表的な胃腸薬となる漢方!

平胃散は、胃の働きを良くして消化不良による胃もたれや慢性胃炎などを緩和します。 …

見た目も痛みも辛くてイヤな外反母趾にならないために実践すべきこととは?

外反母趾の正しい知識を学ぼう 今日は歩きすぎたから痛いのかしら、そう軽く思ってい …

ジャスミンはハーブティーとしても人気!リラックス効果にも注目

ジャスミンの効果や効能、栽培をする際の注意点は? ジャスミンといえばとてもかわい …