今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

防風通聖散をコーヒーで飲むと効果がアップする?それとも危険?

脂肪撃退効果のある防風通聖散をコーヒーで飲むとどうなる?
713703d0d85617893a919e81e84c852d_s
カフェインといえば、眠気覚ましや食欲減退効果、脂肪燃焼促進効果があるとして知られています。身近な飲み物であるコーヒーにも含まれているため、ダイエットのためにコーヒーを積極的に飲んでいるという方も多いようです。

ただ、それだけではなかなか痩せることができませんよね。そこでおすすめしたいのが内臓脂肪や脂肪の対策に効果のある漢方薬「防風通聖散」です。

防風通聖散を飲むだけでも効果が期待できるのですが、コーヒーで防風通聖散を飲めばさらなる効果が期待できるのでは?と考える方もいるはず。しかし、コーヒーと漢方薬について気になるニュースがありました。

カフェインと漢方の取り入れ方に関する注意点などについてご紹介します。

カフェイン中毒に関する気になるニュース

カフェインには眠気覚ましの効果があります。そのため、エナジードリンクと呼ばれるタイプの眠気覚まし飲料にも含まれているのですが、エナジードリンクを大量に飲んだ男性がカフェイン中毒になり、死亡する事件があったのです。

カフェイン中毒で死亡に至ってしまうというケースは非常に稀とされているものの、このように実際に死亡してしまった事件があります。カフェイン中毒というのは短時間のうちに大量のカフェインを摂取したことが原因となり起こるもので、視覚異常や聴覚異常にも繋がってしまう危険な中毒です。

コーヒーにカフェインが含まれているといっても1日4杯くらいまでであれば特に問題ないとされているのですが、飲み合わせによっては効果が強く出すぎてしまうものがあります。

そこで注意が必要なのが防風通聖散とコーヒーの組み合わせなのです。

コーヒーと漢方薬の組み合わせはNG

結論からいってしまうと、コーヒーで防風通聖散を飲むのはやめたほうが安全です。これには、防風通聖散に含まれている生薬である麻黄(まおう)が深く関わっています。

麻黄にはカフェインと一緒に摂取した場合に相乗作用によってカフェイン中毒に繋がる危険性がある「エフェドリン」という成分が含まれているのです。

麻黄は漢方薬の中でも代表的な葛根湯にも含まれている生薬でもあります。しかし、飲み合わせには注意が必要で、コーヒーのようにカフェインが入っている飲料と一緒に取り入れてしまうと血圧が上昇したり、脈が早くなることがあるのです。

漢方薬というと体に優しく、副作用もないように思っている方も多いでしょう。ですが、このような可能性もあるため、防風通聖散を飲む際には注意しなければなりません。

カフェインが含まれる飲み物はコーヒーだけではありません。緑茶や紅茶、ココアなどにも含まれているため、防風通聖散を飲む際には水を選択しましょう。

防風通聖散の正しい飲み方

防風通聖散は1日3回、1回1包をそのままか水、またはお湯にて服用します。漢方薬の味が苦手という方もいるかもしれませんが、防風通聖散は有効成分を凝縮することにより、1回1包という飲みやすい形にしているので、たくさん飲まなければならない漢方に比べると続けやすいでしょう。

どうしても飲みにくい場合はオブラートを使うのがおすすめです。間違ってもカフェインが含まれる飲料では飲まないようにしましょう。

コーヒーの持つ脂肪燃焼効果との相乗効果を期待していたという方は注意してくださいね。

関連記事
        
        

  関連記事

卵管造影検査ってどんなときにするの?検査のタイミングや費用について

卵管造影検査にはメリットもあることを知って受けよう! 妊活してもなかなか赤ちゃん …

レコーディング睡眠法で質の良い睡眠を獲得しよう!効果的なやり方は?

レコーディング睡眠法とは、間違った睡眠スタイルを改善し、理想の睡眠へと導く方法で …

梅干しがアンチエイジングに効く!効果的な取り入れ方をチェック

梅干しといえば日本人にとってとてもなじみの深い食材です。お弁当やおにぎりなど、様 …

いつもと生理の様子が違ったら?知っておきたい症状と病気の可能性

毎月の生理には憂鬱になってしまう女性も多いものですが、女性の体にとってはとても大 …

体内からアンチエイジング!「血液バイオフォトセラピー」で美容も健康もケア

目次1 注目のアンチエイジング「血液バイオフォトセラピー」の効果や費用2 血液バ …

今話題のねかせ玄米の効果と作り方

芸能人にもファンが多いねかせ玄米でアンチエイジング ローラ、石原さとみ、吉瀬美智 …

乾燥すると喉の痛みがあるひと必見!マスクの効果について

乾燥する季節になると喉に痛みを感じるひとが増えるはずです。そして乾燥による喉の痛 …

レディースマントルが女性のハーブとも呼ばれる理由とは?

ホルモンバランスを整えるハーブとして人気!生理痛の改善効果も レディースマントル …

乳がんってどんな病気?何歳から気を付ければいいの?

12人に1人がかかる乳がん セルフチェックで早期発見・早期治療を! 突然ですが、 …

超冷え性さんへ!根本的原因の改善と、今すぐ効く冷え性対策について

元となる原因改善と、今ある冷えへの対策、ダブルアプローチで効率よく冷え性卒業! …