今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

そのほくろ、大丈夫?知っておきたいほくろと病気の関係

ほくろと病気の関係性~急な変化が現れたら要注意!
45ecf036239d4434204e083899234d4f_s
魅力的に見えるものもある一方、場所や大きさによっては、コンプレックスにもなるほくろ。見えやすい場所にあるほくろは、シミやシワのように、美容的な悩みを抱えているという人も多いですよね。ほとんどのほくろは、医学的になんの問題もありません。しかし、場合によっては病気を疑うべきほくろもあるのです。

病気とほくろの関係性

ほくろは、医学的には「色素性母斑」または「母斑細胞母斑」と呼ばれます。メラニン色素を持つ母斑細胞が増殖することでできるもので、皮膚病変の中でも良性のもの、つまり放っておいても問題がないものがほとんどです。形は大きかったり小さかったり、盛り上がっていたりと人それぞれ。色は一般的な黒褐色や茶褐色、薄茶色のほか、青色のものもあります。青色のほくろは、皮膚の奥深くにメラノサイトがあることで、表面からは青っぽく見えるものです。

ほとんどのほくろは良性で、医学的になんの問題もなく、病気の原因になることはありません。しかし、中には良性に見えても「悪性黒色腫」という、皮膚ガンの一種であるほくろがあるのです。これは「メラノーマ」とも呼ばれる悪性度の高い腫瘍で、一度発症すると進行が早いという特徴があります。

メラノーマは60代から70代の老年期に発症する確率が高い病気で、紫外線に弱い皮膚を持つ人、色素の薄い欧米人や色白の人に発症しやすい傾向があります。黄色人種である日本人では比較的発症率が低いのですが、罹患後の死亡率が高いため、日頃のチェックが重要です。

メラノーマの発症は、紫外線が一因であると考えられています。日常浴びる程度の紫外線であれば問題ないかもしれませんが、紫外線の浴びすぎには気をつけ、なるべく日頃からUVケアを心がけておくと、安心できるかもしれませんね。

皮膚科で受診するべきほくろの特徴

メラノーマのように、一見良性のほくろに見えるものでも、実は悪性の腫瘍であるということもあります。病気を疑うべきほくろにはいくつか特徴があるので、皮膚科での受診を考えたほうがよいほくろの変化をご紹介します。いずれも、1年から2年程度の短期間での変化があった場合、念のため皮膚科を受診してみてください。

・色が変わった…色が急に濃くなった場合は要注意です

・サイズが変わった…急に大きくなるほくろには注意が必要です。特にパッと見て目につくほど目立つ大きさになったという場合は、皮膚科の受診を急いだほうがよいかもしれません

・形が変わった…ほくろと皮膚の境目があいまいでぼやけているもの、ギザギザした形のものに注意しましょう

・固さが変わった…今まではやわらかかったのに、急に硬化したという場合は注意してください

・足や爪にほくろができた…メラノーマ(悪性黒色腫)は、日本人では足の裏にもっとも多く発生することがわかっています。他の場所に発生しないわけではありませんが、足の裏や爪の中、口の中といった、普通ならほくろがほどんど見られないような場所にほくろができた場合、メラノーマを疑ったほうがよいかもしれません

・ほくろが痛い、かゆい、出血や炎症を起こしている…メラノーマのほか、基底細胞ガン、有棘細胞ガンといった皮膚ガンの一種である可能性があります

足の裏に多く見られるメラノーマ。そのほかには顔、頭、首、手や指、爪、眼球、口の中から咽頭などの粘膜にも発生します。体の中心である体幹に現れやすいこともあり、首の後ろや背中など、自分では発見しにくい場所に現れることも少なくありません。日頃から、自分の体をよく観察することが、病気の予防や発見に繋がります。

メラノーマ(悪性黒色腫)の治療法

ほくろがメラノーマだと診断された場合、早期に手術で切除をすれば完全寛解できるといわれています。ただ、早期の段階では普通のほくろと見分けがつきづらいため、大きさや固さ、かゆみや痛みなど、ほくろのようすがいつもと違う、いつもと違うほくろが急にできた、というような変化を見逃さないことが大切です。

特に直径5mmから6mm以上になってしまったメラノーマは、皮膚以外の臓器などへ転移してしまう可能性が高くなります。進行したメラノーマは、手術や化学療法、免疫療法など、その人の症状や進行状況にあわせて、さまざまな手段を組み合わせた治療がおこなわれます。

現在は美容皮膚科などで、ほくろの除去をおこなうことができます。しかし、悪性が疑われるほくろの場合、病理検査をおこなってくれる一般の皮膚科の受診がおすすめです。組織の一部を切り取っておこなう病理検査をすれば、病気かどうかの結果がはっきりとわかります。病気かどうかが心配な場合は、まず一般の皮膚科を受診するようにしてください。

見た目も気になるのがほくろ。紫外線の影響などでほくろが増えることはよくあることです。しかし、急な変化があった場合はやはり注意が必要となります。日頃から自分の体をよくチェックして、不安がある場合はなるべく早く専門家に相談するとよいでしょう。

        
        

  関連記事

防已黄耆湯で関節のトラブル改善!水太り解消にも効果大!

むくみや肥満サポートにも効果的な漢方薬 防已黄耆湯とは? 防已黄耆湯(ボウイオウ …

防風通聖散をコーヒーで飲むと効果がアップする?それとも危険?

脂肪撃退効果のある防風通聖散をコーヒーで飲むとどうなる? カフェインといえば、眠 …

ベルタ葉酸サプリは30代以降の女性から特に人気!美容対策も!

妊活中・妊娠中に大切な葉酸の他、美容成分で美肌も目指せる! 若い頃に比べ、年をと …

女性は7の倍数に注意!東洋医学が言う女性の体の曲がり角とは?

7の倍数の年齢は美容と健康のトラブルに気を付けよう テレビCMで「女性は7の倍数 …

ヤロウは薄毛の改善にも効果的なハーブ!他の効果や栽培法を紹介

ヤロウはコンパニオンプランツとしても優秀!その他の働きは? ヤロウとはヨーロッパ …

【保存版】味噌汁は美と健康の最強万能フード!だしや具を変えるだけで身体の悩みも改善!

日本のスーパーフード・味噌汁でエイジングケア、美白、ダイエット! 世界で活躍する …

スーパーフード!スピルリナの魅力をご紹介!

どんな効果があるの? 最近話題のスピルリナとは? ※タブレット状のスピルリナ 健 …

時短でも簡単にできちゃう!塩レモンの作り方・おいしいレシピを紹介します

おいしくて美容にも健康にも効果的! 簡単に作れるのに何にでも使えちゃうと噂の塩レ …

エイジングケアは根幹的なアプローチと悩み別アプローチの2種類がある

総合的にケアする?それとも悩みケア?エイジングケアの種類について 『エイジングケ …

氷を食べるのがやめられない氷食症、実は貧血?

妊娠中や授乳中は特に要注意、もしかして?と思ったら血液検査を! 「氷食症(ひょう …