今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

肝機能を良くするならツボ押し!おすすめのツボ紹介

悪くなってしまった肝機能改善に効果的なツボとは?
f88e326d5376cb4b66c093c13f74cc69_s
何となく顔色が悪く黄色っぽい、妙にイライラする、肩や首がこると感じているのであれば肝機能が悪くなっている可能性があります。

肝機能が悪化すると肌が黄色っぽくなるだけでなく、だるくなったり、常に疲れを感じた状態になることもあるので注意しなければなりません。

肝臓は「静かなる臓器」と呼ばれるほど状態が悪化してもなかなか表に出てこないため、顔や手やしが黄色いなどの症状が出た場合にはかなり状態が悪化していると考えられるのです。

そこで、肝機能を良くするのに効果的とされているツボ押しの方法についてご紹介しましょう。

肝機能良くするにはツボ押しが効果的

できるだけ薬の力に頼ることなく肝機能を良くしたいと思っているのであればツボ押しが効果的です。

慢性的なだるさを感じているのであれば、肝機能が弱まっていることを疑い、ツボ押しを実践してみましょう。

老宮(ろうきゅう)

両手のひらにあるツボです。手を軽く握り、中指の先が触れている位置にあります。

副交感神経の緊張を沈めるツボでもあるため、手汗を抑えたり、精神的な不安を抑えるのにも効果的です。このツボを反対側の親指を使って押しましょう。

左右両方にあるので、どちらも押すのがポイントです。
とても押しやすい位置にあるため、覚えておくと非常に役立ちます。

陽池(ようち)

手の甲側のつけ根部分を小指側に向かってなぞっていくと少しくぼんでいる部分があり、そこに位置するツボです。

健康の維持増進に効果的なツボとしても知られているため、体がだるい時に押しましょう。

太衝(たいしょう)

足の甲側、親指と人差し指の間にあるツボです。親指と人差し指の骨の間を足首側に向かって滑らせ、骨同士がぶつかるくぼみにあります。

万能のツボとしても知られているのですが、肝機能を整える働きが大きいツボでもあるため刺激してみてくださいね。ただし、肝機能が大きく低下している時には痛みを感じやすいツボでもあるため、力加減を調整することも大切です。

肝兪(かんゆ)

自分では押しにくいのですが、肩甲骨の下端から指2本分下、さらに指2本分外側にあるツボです。疲労回復にも効果があるため、肝機能が弱まって疲れを感じているときに刺激しましょう。

曲泉(きょくせん)

膝を曲げた際に内側にできるシワの頂点部分にあるツボです。こちらも肝機能が弱まっている際には痛みを感じやすいため、親指を使ってゆっくり押しましょう。

ツボ押しをする際の注意点

肝機能を良くするツボについてご紹介しました。ツボ押しをする際には痛いけど気持ち良いくらいの力加減で行うのがポイントです。

力を入れすぎてとにかく痛いだけの状態にるとかえって体の不調に繋がることもあるため、十分に注意しましょう。

また、ツボ押しをする際には爪を立てるのではなく、指の腹を使って垂直に押すのがポイントです。初めはなかなか位置がつかめないかもしれませんが、他の部分に比べて体の奥に響くような刺激があればそこがツボなので刺激してみましょう。

入浴後は効果が出過ぎてしまう可能性があるため、入浴の前後は避けたほうが無難です。

ツボ押しは薬ではないため即効性を期待するのは難しいのですが、肝機能が疲れている際に出やすい体の疲れを改善するのに役立ってくれるため、日常的に取り入れてみてくださいね。

        
        

  関連記事

今晩の夕食にプラスワン!11月に食べるべき食材はこれ!

11月は本格的な寒さが到来して、地域や時間帯によっては冬のような寒さを感じること …

突然やって来るあのズキズキ・ガンガンからの解放!新習慣サプリ「ズキラック」

8種類の自然系素材でズキズキをスッキリ!薬に頼らない毎日へ 気圧の変化やホルモン …

体の歪みを治すなら骨盤矯正!効果や施術内容は?

ダイエット効果も大きい骨盤矯正とはどんなもの? 骨盤がゆがんでいると体には様々な …

血行不良の大きな原因は冷えにあった!血行不良を改善する5つの方法などをご紹介!

健康な体を目指すなら血行不良を改善しよう!具体的な対策は? 体が冷えてしまうと様 …

体型、不安、疲れ…自分の体に気を使い始めた3つの瞬間

年齢による体の変化を感じたらエイジングケアを始めよう 若い時はメイクやファッショ …

関節の痛みが気になるならグルコサミン!効果や効能、選び方などをご紹介

グルコサミンの効果・効能は?選び方のポイントやおすすめ商品はコレ! グルコサミン …

なかなか取れない…あなたのむくみの原因はどれ?特に多い原因を紹介

むくみの原因はひとつだけではありません。どれに該当するか確認しましょう。 むくみ …

コンフリーは別名ニットボーンとも呼ばれている!その理由とは?

骨折が早く治る!?肥料としても活用できるコンフリーとは コンフリーはヨーロッパ・ …

年齢を重ねてなかなか疲れが取れない…それは老化している証拠

食事量が少なくなってビタミンB1の摂取量が少なくなっているから? 昔は多少徹夜な …

四逆散は体内の炎症を抑えてくれる他にも心のトラブル改善にも効果!

四逆散は手足の冷え改善や不眠症の改善にもオススメの漢方薬 四逆散(シギャクサン) …