今すぐ役立つ女性の悩み解決メディア

   

カルシウムは吸収率が低い!?上手な取り入れ方を知って丈夫な骨作り

健康な歯や骨を作るために欠かせないカルシウムの摂取や吸収率について
2291504c4ffdc4187980be7fec847fe5_s
カルシウムといえば、健康な骨や歯を作る上で欠かせない栄養素です。毎日牛乳を飲んでいるし、自分はカルシウム不足ではないと思っている方もいるかもしれませんが、実が不足しがちな栄養素でもあるのです。

体内でカルシウムを作ることはできないため、食品によって摂取しなければなりません。カルシウムが不足すると骨粗しょう症に繋がるケースもあるため、しっかり毎日の食生活の中で取り入れていきましょう。

カルシウムの重要性と摂取量について

カルシウムは歯や骨を形成する際に欠かせない役割を持っています。不足すると歯が弱くなって固いものが噛めなくなったり、ちょっとした衝撃で骨折に繋がることもあるのです。

例え食事からカルシウムを摂取したとしても吸収率が低いため、自分で思っているほどカルシウムを取り入れることはできていないと思ったほうが正しいですね。

どのくらい取り入れられれば良いのかというと、例えば牛乳の場合は180ml のコップで4杯程度または6P チーズを6個程度食べなければならないため、毎日これを継続するのはなかなか難しいかもしれません。

乳製品を食べた際のカルシウム吸収率は50%程度とされており、小魚でも吸収率は30%と非常に低いです。緑黄色野菜や海藻にもカルシウムが含まれていますが、こちらの場合は吸収率が20%しかありません。

それだけでなく、年をとればとるほど吸収率が低くなるため、年を取るのに合わせてカルシウムの摂取量も増やしていかなければならないのです。

ただ、カルシウムを取るつもりがカロリーの取りすぎに繋がるケースもあるため、上手なカルシウムの取り方についてもチェックしてみましょう。

効率の良いカルシウムの取り方

食品摂取で上手にカルシウムを取るためにはいくつかのポイントがあります。

まず、カルシウムだけでなく吸収を高めるビタミン D とマグネシウム、たんぱく質を一緒に摂取するということ。カルシウムを単品で取り入れるのに比べると大幅に吸収率が高まります。

ビタミン D はキノコ類や魚、マグネシウムは大豆製品、たんぱく質は肉類に豊富に含まれているのでバランスよく食べることも重要です。

これらの栄養素がうまく摂取できないということであればサプリメントを飲むことについても検討してみましょう。

また、喫煙をしている方はそうでない方に比べてカルシウムの吸収率が下がるため、たばこは控えめにするというのも大きなポイントです。

        
        

  関連記事

知らないと怖い!「遅延型フードアレルギー」の症状や検査費用

慢性的な下痢や頭痛、原因は遅延型フードアレルギーかも 花粉症やアトピー性皮膚炎な …

マットレスで不眠、腰痛が改善される?高反発マットレス「モットン」で快眠できる理由

寝返りに着目したマットレス「モットン」で快眠生活を手に入れよう ↓90日間のお試 …

気をつけて!気・血・水が滞るとこんな不調が現れる

東洋医学では、体を巡る3つの気・血・水が最も大切です。この流れが悪くなると、体の …

ジャスミンはハーブティーとしても人気!リラックス効果にも注目

ジャスミンの効果や効能、栽培をする際の注意点は? ジャスミンといえばとてもかわい …

美人や幸せの元って本当?女性ホルモンの役割や増やし方

女性ホルモンについて正しい知識を身に付けよう 「恋をすると増える」「美人の元」な …

美肌になれる漢方がある!選び方と処方で行われる四診とは?

美肌作りの方法はたくさんあります。美容液や美容クリームを取り入れたり、美顔器を導 …

大人の目のための健康食品「アスタキサンチン アイ&アイ」を、超オトクにゲットできるチャンス!

だいにち堂の「アスタキサンチン アイ&アイ」がとってもオトクにゲットできるチャン …

使われているのはあの染料?!珍しいけど優秀な成分が豊富な「藍の青汁」って?

染料として有名な”藍”を使った新しい青汁。その味や効果について詳しくご紹介 健康 …

血液クレンジングって何?アンチエイジングに効果的って本当?

有名人も通う「血液クレンジング」とは? 最近テレビや雑誌で話題になっている「血液 …

年齢を重ねてなかなか疲れが取れない…それは老化している証拠

食事量が少なくなってビタミンB1の摂取量が少なくなっているから? 昔は多少徹夜な …